スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★SNATCHシステムについて【19】

  • 2010/05/16(日) 22:59:57



FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。

評価 【松】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

では早速相場からですが、その前にギリシャについて、詳しく書かれている

記事を読みましたので、ここで簡単に内容をご紹介します。

まずこの国の問題は、労働人口の25%もいる公務員です。^^;

政権が交代する度に、支持者を公務員に採用し続けた結果、

このムチャクチャな人数になったのですね。その公務員も格差が大きく、

今回の財政緊縮策では一律に、賃金引下げでは納得が出来ず、

あの大規模なストとなった様です。また税収も「みなし徴収」だったので、

脱税天国状態で30%も、税収を失っているのも原因の一つですね。

この状態で公務員の賞与廃止。年金受給年齢引き上げ。

3年間の昇給凍結。このIMFからの要請が、到底達成は無理!と

投資家に思われているので、最後は財政破綻でユーロからの離脱。。

ギリシャ国債のデフォルトは、やがてポルトガル・スペインにも飛び火し、

ユーロは大暴落。やがては世界大不況になる恐れも有るとの事です。^^;


では相場に戻りますが、ご存知の通りでユーロの急落が続きました。

これで安全通貨として、米国債やゴールドに投資資金が集中し、

ゴールドは遂に史上最高値を更新。円も買われていたのですが、

景気回復の鈍さが嫌気され、当面は92~94円のボックスになりそうです。

勿論このままECBも、ユーロ崩壊のシナリオを黙って見ている訳もなく、

今後は協調介入など、防衛策も色々と出てくるでしょうから、

しばらくはボラの高い、荒れた展開になりそうですね。

ですがまあ、ユーロの下落が止まる材料も見当たらないので、

来週も引き続き、ユーロの売りが最も妙味となりそうです。。。^^;


ではやっとレビューですが(笑)、ボラが高い相場になれば、

威力を発揮するのが「スナッチ」です。2時間足が主力なので、

レンジには多少苦手な感が有りますが、今回の様な混乱は得意ですね。

使い続ければ、必ず「損小利大」となるシステムなので、

こうした荒れた相場の時に、導入されるのが良いかと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★SNATCHシステムについて【18】

  • 2010/02/05(金) 23:03:28



FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。

評価 【未定】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

では早速相場ですが、いやはや3~4日はとんでもない事になりました。

ギリシャ・ポルトガル以外にも、イタリア・スペインのソブリン債が、

近いうちに引き下げ確実となり、大きく値を崩す展開に。続くNY株式も

リスク回避で大きく売られ、ユーロ円は1日で5円近くも下落です。(汗)

この動きでクロス円全部に波及。大暴落の1日となってしまいました。。

では来週はどうなるかですが、一応は雇用統計が好結果ならば、

クロス円も上昇しているので(前に書いていますのでご了承を^^)、

ある程度の戻りは入りそうです。しかしユーロ自体の懸念は続きそうで、

コメルツ銀行のアナリストは、下値支持水準だった1・3735ドルを、

あっさりと破って下落なので、次の下値支持線の1・3405ドルまで、

売られる公算が高いと予測しています。ユーロ円ならば118円程度まで

下落するとの予測ですが、まだまだユーロの独歩安になりそうなので、

ユーロドルの売りから入った方が良さそうですね。^^


ユーロの懸念はずっと前から有ったので、まさかここまで急落するとは、

ちょっと驚きの展開なのですが、こんな相場に強いのがスナッチの特徴です。

昨日の売りサインから、現在の含み益はポンド円が+408pipsで、

ユーロ円が+401pipsになっています。狭いレンジでは小さな損失を

繰り返す時も有りますが、なにせ一撃が大きいので使い続ければ、

必ずトータルでは勝てるシステムですね。まあそれでもホッタラカシよりも、

雇用統計(今回は上の予測です)前には、利益確定しておくとか、

少しの裁量を入れれば、サイン発生のドテン売買よりも、

もっと利益を伸ばせるかと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★SNATCHシステムについて【17】

  • 2009/09/30(水) 23:38:31



FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。

評価 【松】


まずは相場からですが、火元となった藤井財務相の度重ねての

火消し発言で、どうにか急激な円高の展開は回避されました。

ですが藤井さんはまだ分かっていない様で、「急激過ぎる」が余計です。

先日は市場不介入を宣言しただけに、海外ファンドに「ゆっくりならOK」と

受け止められている様ですね。^^ その反応が日経株式にも表れて、

先行きの円高警戒から、円安なのに戻りは僅かなものとなりました。

まあこの騒動もここまでで、現在は期末なので方向感が出難いですが、

ISMや雇用統計の予測値(ADPも同様に)を先に見ても、

どちらも「改善」の予測です。そうなれば再びリスク志向の再燃となり、

底を探る展開となる可能性が有るので、注意が必要なところですね。


ではしばらくガッツリも無かったので、前回【松】と判断したスナッチですが、

評価を出したとたんに、ビッグウェーブに乗りました!^^;

http://kawaseyosou.net/sample927.html

この直近の下落サインは、始値レベルで(次の足の始値で確定です)

148・64円売りとなります。このページには次のサインが出ていませんが、

なんと一撃で+600pipsを超える確定でした。(汗)

これは2時間足ですので、比較的のんびりと構えている為に、

それほど大きな枚数は建てていませんが、それでも充分な獲得です。^^v

なのでたまにチラチラ派の方に、お勧めしたいシステムですね。(笑)

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★SNATCHシステムについて【16】

  • 2009/09/24(木) 23:01:20



FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。

評価 【松】


長いシルバーウィークも終わって、久しぶりの仕事でした。^^

連休中にもEA-Fusionは動かしていて、順調に増えていて一安心です。

先日の相場の方は早朝に、シンガポール筋が仕掛けたりとか、

FOMCでは乱高下もしたみたいですが、基本的には円高傾向ですね。

それでも今週末のG20では、為替関係の議題は無いのですが、

ユーロ高に対しての発言や、中国筋からのドル安に対しての不満が

要人から出るかもなので、相場の反転には注意が必要だと思います。


では久しぶりにスナッチのレビューです。これを検証しての実感は、

長い足を使う方が良いと言う事ですね。特にお勧めなのがポンド円。

それとドル円・ユーロ円ですが、2時間足が一番楽なトレードです。

また多忙な方でしたら、日足でのトレードでもしっかり結果が出ますね。^^

只、このトレードと比べると、短時間トレードには多少不満が残るので、

一応の評価は「松」としたいと思います。ですのでこれを実戦される方は、

始めからスイングに特化したシステムだと考えて、計画を立てさえすれば、

数ヶ月でキチンとした結果を、残してくれるシステムだと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★SNATCHシステムについて【15】

  • 2009/08/22(土) 21:32:43



FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。

評価 【未定】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!^^

お盆も終わって厳しい暑さが続きますが、あと一押し頑張りましょう!

では昨日からの相場ですが、細かい指数に一喜一憂が続きます。

それがトレンドになる事もなく、ファンドも完全にマクロ系だけの参加で、

それにモデル系が、サッと乗っておしまいの繰り返しが続きますね。^^

夕刻のドイツPMIとフランスPMIも好結果で、ユーロドルが急騰です。

まあこれも何処までですので、深追いせずに早い乗り降りが無難ですね。


ではしばらくEAの申し込み等で、レビューが開いてしまったスナッチですが、

相変わらず好調が続いています。これは10日から18日までの、

ポンド円2時間足の成績ですね。(この足の成績が一番ですね^^)

http://kawaseyosou.net/sample818.html

この後は細かい振幅なのですが、現在でも+100pips程の上積みです。

前半は雇用統計を休めば、トントンの成績で推移していましたが、

これで今月も+1000pipsは、また超えてきそうなペースですね!

これは2時間足ですので、それ程売買回数は多くなりませんので、

専業の方は別システムとの同時運用でも、使ってみてはと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。