スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★マナブ式FXについて【5】

  • 2013/08/11(日) 19:55:04



マナブ式FX完全マスタープログラム


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
日本全国、猛暑と言うか酷暑が続きますね。お盆で帰省される方も
多い季節ですが、水分補給だけは忘れずにです。

では相場なのですが、完全に夏枯れの相場となっています。
8月相場はこれまでも、リーマンショックを起したりと、
余り良い流れとはならないのですが、今年も同じでして、
対米テロの警戒から、リスク回避の円高が優勢です。

また来週15日までには、米国債絡みの円買いが想定されるので、
しばらく円安方向は、期待出来そうにないですね。

それに薄商いの相場ですので、8月は円高狙いで、仕掛け的な売りが
入り易い事も有ります。ですので基本はレンジ相場となりますが、
上は98円程度。下は深くて93円程度が想定されているので、
来週は基本は下と考えて、取り組みたいと思います。

では再度ですが、このマナブ式FXで使われているチャート。
THV4(THV3も有ります)の、ダウンロード先の案内です。^^
http://www.forexfactory.com/showthread.php?t=127271
3つのチャート画像の下に、「V4・zip」と有ります。もちろんどちらも、
無料ですので、ご自由にです。
THVは1分足で、スキャル的に使う事も可能ですので、
お盆で相場が動かない時は、研究してみて下さいませ。
またマナブ式は5分足での、THVを使いこなすマニュアルですので、
興味の有る方は、HPの方もご覧下さい。^^

バコチン!と応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★マナブ式FXについて【4】

  • 2013/02/03(日) 03:33:42



マナブ式FX完全マスタープログラム


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
急にポカポカの週末になりましたが、インフルも流行っているので、
出掛けるとしても、なるべく人ごみは避けたいところですね。

では早速相場の動きですが、まずはユーロドルからです。
これは水曜日のレビューで、米国大手ディーラーの予想を書いたのですが
その予測も一気に越えて、1・37ドルまで到達しました。
実際の雇用統計は若干弱かったのですが、その前から市場予測として、
強い数字が出るとして、ユーロドルもドル円も急伸していて、
実は発表前には、1・36ドル台に乗せていたのですね。

結果として、チョイ悪の数字になったのですが、その後のミシガンや、
ISM製造業の数値が上向きだった事で、再び買いが入る展開となり、
1・37ドルを達成してから、最後は1・36ドル半ばで引けました。

次にドル円ですが、実はこれもそっくりの動きでして、木曜日からは
一本調子に上げ続け、雇用統計後は一瞬93円に近づきました。
最後は92・75円で終わっていますが、動きは完全にユーロ円主導の、
リスクオンとなっている様です。

では来週なのですが、日経CFDも日本時間の終了から、
1・14%も上昇して引けていますので、月曜日は日経も高く始まります。
その相乗効果で、円安も拍車が掛かるかとは思いますが。。。
来週は大きなイベントが無く、日銀政策決定会合は13~14日に。
またG20や日米首脳会談も、再来週のイベントですので、
利益確定との交錯で、重くなる可能性が高いですね。

でもドル円は、95円の目標に向けて、乗り遅れたくない心理も有って、
浅い押し目となるかもです。その見極めとなるのが、ずばり日経でして、
日本の株式は、「外人買い」に60%も支えられているからですね。
なのでリスクオンとなれば、必ず日経が上がって終わりますので、
それを参考にして、日々EU・NY時間の取引に生かせればです。
(これはずっとここ何年も、不変な動きですけどね^^)

ここでちょっと、国民性の違いでしょうか?
実は日経の株式上昇に於いて、国内の個人投資家は懐疑的でして、
円の買い持ちを崩していないとかです。^^;
つまり自民党の、この政策は失敗すると、国内の投資家は未だに
思っているって訳でして、この人達が本当に買いに向かえば、
更に95円も突破するでしょうし、自民党が舵取りを誤れば、
「やっぱりね」って事になるでしょう。それは兎も角として、
安全通貨と見なされている円ですから、円高=株安。円安=株高の
連動制は、頭に入れて取引したいと思います。

ではレビューですが、余り人気にならないのがコレですね。^^
このマナブ式FXは、世界で最も使われていると思われる、
THVシステムの手法解説マニュアルなのですね。でもこれまでに、
無料で手に入るインジは、星の数ほど有りますが、その意味を知って、
トレードに活かせているインジって、本当に少ないと感じます。
その理由としては、各自のトレードスタイルの違いでしょうか。
1回3~5pipsでも、高勝率を積み上げたら、良いと感じる人。
20戦15敗でも、獲得pipsが高ければ良いと考える人。様々ですから。
でもこのTHVなら、基本姿勢は明記されているので(主に5分足デイトレ)
それに自分が合うと思えば、使う事をお勧めします。
世界で最も使われているシステムですから、当然ながら、
負けるシステムなら誰も使いませんので、その優位性をこの商材で、
充分使いこなして頂きたいのですね。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★マナブ式FXについて【3】

  • 2012/11/18(日) 16:17:38



マナブ式FX完全マスタープログラム


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

ん~。。かなり難解な相場となっていまして、ファンダメンタル分析では、
非常に難しい局面ですよね。まずは相場の中心に有る「ドル」ですが、
「財政の崖」を乗り切れるのかが、最大の焦点です。
オバマ大統領は、議会指導者との話し合いで、楽観的なコメントを
出しているので、これは信用しても良いのかなと。

「財政の崖」は バーナンキ議長が最初に使った言葉ですが、
年末迄に交渉が不成立の場合は、6000億ドルを越える歳出削減と、
ブッシュ減税(中間所得者への特別減税)が打ち切りとなるので、
強烈な景気後退が、起きる懸念を指します。実行されてしまうと、
日本の国家予算以上の歳出カットになるので、米国はリッセッションに
陥るとされています。これを回避するには、
歳入の強化(高額所得者への増税・これは決まりました)。
それと医療保険改革での歳出と、ブッシュ減税の打ち切りのどちらかを、
中止しなければなりませんが。。

こんな情勢ですが、ハマスがイスラエルを攻撃したNEWSが伝わり、
いつもならリスク回避で、ドル買い・円買いとなるのですが、
円はご存知の通りで、政権がゴタゴタ中です。^^
なので一方的な、ドル全面高となり、今週はドル円が強かったのですね。

では来週ですけど、これは出たとこ勝負です。
以前から日米金利差は殆ど無いので、世界の投資家としては、
「どちらがより安全か?」と選んでいるだけですから。
なのでまた、中東情勢悪化なら、円安が進むと思います。
また橋下さんと、石原さんの新党合意が発表されましたが、それも
次の選挙で、第一党になる訳でも有りませんので、節目となっている、
81・50円を越えて来たら、前にレビューした、「年内84円」ってのも、
視野に入るのかなと。でも・・・ユーロは相変わらず悲観的でして、
投資家はギリシャの議会遅延を、嫌っているのが現状です。
それでも週末には、僅かに買われてはいますが、これは年末要因で、
米国の景気回復⇒リスクオンって流れでしょうけどね。
なので実際は慎重に、見際る時期なのかと思います。

ではレビューですが、THV3やTHV4を、実際にご覧頂けたでしょうか?
もう長年これを見ていますが、主力となっているインジは、「TRIX」と言う
インジでして、このシステムで矢印が出ている所は、余り皆さんも
理解されていないのですね。実はこれが「ダイバジェンス」でして、
下落時だったら、「直前の安値を数値的には越えているが、
価格で見れば、越えていないポイント」で表記されます。
実はMACDの作者の意図も同じで、このダイバジェンスを観測する為に
MACDは作られているのですね。ではダイバが発生すると、
どう動くかですが、「相場の転換点が近い」となります。
なのでTHV3の矢印は、そんな感じで見て頂けたらですね。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★マナブ式FXについて【2】

  • 2012/11/15(木) 02:55:07



マナブ式FX完全マスタープログラム


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
凄い寒波が南下していて、急に冷え込んで来ましたね。。
皆様も風邪などひかれません様に。

では相場ですが、メインのドル円より先に、ユーロの動きからです。
週明けからレビュー通りに、1・26ドルを試した動きでしたが、
100日線に簡単に跳ね返されました。そして水曜日の動きですが、
EU委員会のレーン副委員長が、日本時間0時過ぎに、何か発表すととの
発表が有って、市場では勝手に「スペインの金融支援だ!」と憶測。
それで強含みの推移ですが、マジで方向感が読み難いですね。(ーー;)

ではドル円ですが、昨日の党首討論で突然、ドジョウ野田総理が、
議員定数削減と引き換えに、「明後日解散しても良い」と発言しました。
ま~民主党内でも、そろそろ野田降しの感じでしたけど、
正に晴天の霹靂ですよね。この発言から一気に円安が進み、
ドル円も80・20円台まで売られています。この動きの理由ですが、
橋下市長&石原都知事では、第三極を作ると言っても、まずは選挙区の
1区全てで候補者を立てるのが精一杯でして、いきなり次の選挙で、
第一党は無理です。従って現在の支持率から、自民党が時期の与党に
帰り咲く公算が高く、ま~~た安部さんが総理になりそうなのですよ。
そうなったら、またインフレ・ターゲットを引き下げるのは確実で、
日銀にも圧力となって、更なる金融緩和を求めるからですね。
でも日本企業も、安いところはレバトリのチャンスですので、
簡単に81円台とも思えませんけどね。

.では再度「マナブ式FX」のレビューですが、その前に実際のTHVを
知らない方の為に、ダウンロードの紹介をしたいと思います。
http://www.forexfactory.com/showthread.php?t=127271
このHPでDLが出来ます。自分はずっと前から、THV3を使っていて、
THV4は反映させていませんが、これは好みですよね。^^
DLはチャートの画像が3つ連続した、すぐその下に有ります。
それをディスクトップに保存して、後はいつもの通りに。
もしもDLで不明な点が有りましたら、詳しくサポート致しますので、
お気軽にご連絡下さいませ。
それでこの「マナブ式FX」ですが、実はかなり前から有りまして、
このTHVの正しい使用法を、詳しく解説されています。
THVの使い方として、完全な正統派で作られているマニュアルですので、
まずはTHVを見て、またマニュアルを読んで(全部英語ですが#)
完全に手の内に入れたいと感じた方にだけ、推奨したいと思います。

今回はグーパンチで、応援クリックをお願いします!→

★マナブ式FXについて【1】

  • 2012/11/11(日) 20:15:30



マナブ式FX完全マスタープログラム


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

それにしても今週は、大統領選は有ったものの、その後の動きが見えず、
ちょいと苦戦した感じでした^^; カリフォルニアの開票からは、
直ぐに円安に動いたので、その動きが本線かと思ったら、
後に株が急落。それを追っての円高・ユーロ安の流れになりました。

どうやらドイツの鉱工業指数が、思いのほか悪かったのが切欠ですが、
米国の「財政の崖」懸念も、嫌気された様ですね。
またギリシャ議会も紛糾していて、それも材料視した様です。

では来週なのですが、まずは財政の崖が争点かと。富裕層への増税は
既に下院議長が歩み寄っているので、これは実施されそうですが、
ブッシュ減税の打ち切りが、医療保険制度の中止と引き換えなので
まだ少し揉めそうですね。経済紙では日本お得意の「先送り」で、
取りあえず減税打ち切りを先延ばしにして、タイムリミットを稼ぐ
可能性が高いとの事ですが。^^ ではユーロドルの予測ですが、
スコシアのテクニカル・アナリストは、1・26ドルを試す展開になりそう
との事です。テクニカル的に100日移動平均線が1・2637ドルで、
半値戻しの水準も1・26ドル台になっていることから、
「ここで支えられるか試す展開」と予測していますね。

次にドル円ですが、週末に少し円安に戻した理由が、年末商戦を控えた
時期に、ミシガン消費者信頼感指数の結果が良く、景気回復への
支援材料になっているからとか。もちろん米国議会次第でしょうけど、
日米格差を考えると、80円台に戻す展開となりそうですね。


ではレビューなのですが、先に簡単に説明しますと、THV4システムの
有効な使い方を説明したものです。このシステムはHPで書いている通り、
世界中で18万人が使っている、非常に有名なシステムなのですが、
残念ながらフォーラム等は全部英語ですから、英語に長けていないと、
正しい使用法が分らないのですね。。^^; 

なので「マナブ式完全マスタープログラム」では、このTHV4の有効的な
使用法が、詳しく解説されているものとなっています。
特に5分足が主力となるシステムですので、獲得成績については、
概ねHPに記載されている通りで、間違い有りません。
でも英語が堪能な方でしたら、フォーラム等で理解出来るかもなので、
先に読んでみて下さいね。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。