スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★プライスライナーについて【5】

  • 2014/08/25(月) 19:21:36



相場が見えてくる!!【MT4専用】プライスライナー(インジケーター)


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
それにしても今年の夏は、本当に雨ばかりで困りますね。。
広島では大きな災害が起きているので、普段災害の無かったところでも、
今後は警戒する必要が有りそうです。

では先週の動きですが、注目だったイエレン議長の講演では、
労働力の改善が遅れているとの、懸念材料も盛り込まれていましたが、
「目標が早まれば、利上げが早まる公算」の文言に市場が反応。

ま~良く聞けば、相変らずの慎重な演説だったのですが、
ユーロに買う理由が見つからないので、都合よく捉えた感じです。^^

ユーロドルはその後、更に売り込まれて安値更新。同時にドル円も、
104円を試して引けました。そして週明けとなる今日も、
再度ドル円は104円での攻防。ユーロドルも1・32ドルでの攻防ですが、
大きな反発も無さそうなので、まだしばらくは、ドルの独歩高の
展開継続となりそうですね。

一方的な相場となっているので、出来るだけ良いところで仕込みたい
展開となっています。そんな時にも重宝するのが「プライスライナー」
ですね。

常にインターバンクでの、サポ・レジの位置。玉の大きさ等が
表示されますので、非常に使えるツールです。
他に類似するツールは無いので、是非一度HPを読んでみて下さい。

大阪桐蔭・優勝おめでとう!→

スポンサーサイト

★プライス・ライナーについて【4】

  • 2014/01/29(水) 19:28:12



相場が見えてくる!!【MT4専用】プライスライナー(インジケーター)

サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

材料不足と思っていたら、次から次へと驚きのニュースが出て、
相場の方も方向性を失って、右往左往の展開ですね。^^;

まずその根源になったのが、トルコとアルゼンチンの信用不安です。
どちらの通貨も暴落しており、その信用不安でNYダウが売られる。
それに連動して、ドルが売られると言う図式ですね。

これに対してトルコ政府は、金融政策決定会合にて、利上げを含む
政策処置をすると発表した事で、再びドル円も円安に傾きました。

アルゼンチンは以前にもデフォルトが有ったので、債務額は大きくなく、
1兆円弱ってところなので、こちらはスルーしても良いかなと。
但し2割は日本が買っているので、日経が軟弱になる原因にはなりますが。

次に驚いたのが、米国耐久財受注の急激な悪化です。
余りに悪い数字だったので、ドル円も発表から50pipsも円高に。
その後の消費者信頼感指数が改善で、直ぐに巻き返す動きとなった
のですが、今後消費の落ち込みが続く心配も。

では今後ですが、あと数時間でFOMC声明ですね。
市場の予想では、前回同様の100億ドルの縮小が本命。
発表後は予想通りとは言え、多少はドル買い円売りになりそうですね。

その後の米国指標がシッカリなら、また円安路線の復活となるのですが、
新興国の雑音も多い展開なので、まずはNY株を注視です。^^

では久々なので、再びプライス・ライナーのレビューです。
このインジはインターバンクで、どんな注文が入っているのかを
MT4に表示させるものです。

このインジだけで取引すると言うものでは有りませんが、
どの価格に厚い注文が有るかを、知っているだけで参考になるのですね。
特に急激に動く時には、どこで止まるのかを観測出来るし、
ゆっくりしたトレンドでも、天底の観測に便利なツールです。

またファンドがよく仕掛ける、ストップ狩りの価格も先に分りますので、
どんな手法を使っている方にでも、お役立ちツールになりますね。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★プライス・ライナーについて【3】

  • 2013/10/31(木) 19:31:32



相場が見えてくる!!【MT4専用】プライスライナー(インジケーター)


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
日本シリーズも接戦となって、今年は中々面白いですね。
ま~本当は贔屓のチームに、出て欲しいのですが。^^

では相場なのですが、週の前半は昨日のFOMCを睨み、
ドル売りの解消が進む展開となりました。

これは市場が前回の雇用統計の結果から、勝手にテーパリング開始が、
来年の3月までは無いとして、ユーロや円に対して、
ドル売りが優勢だった為ですね。

でもFRBのメンバーは、タカ派が多い事から、年内の可能性も有ると、
ドルを買い戻した結果です。そしてFOMC声明は予想通りで、
12月にも含みを持たした内容だったので、一気に円安が加速。
98・66円まで進みましたが、その後はやや弱含みですね。

ユーロドルを見てみると、1・37ドルのラインを割り込んで、
現在は1・3670ドル付近ですから、このドル円はユーロ円の影響で
下がっているかと思います。ですのでどこかで巻き返しての、
円安が期待出来る展開ですが、来週にはGDPの発表と、
10月分の雇用統計が有りますので、早計は禁物ですが。。

ではレビューは半年ほど前に紹介した、MT4のインジケーターです。
このプライス・ライナーは、普通のインジケータでは無くて、
実際に注文が入っている、インターバンクの価格に、
自動的にラインが引かれ、更に大まかな数量まで、記載される
優れもののインジケーターなのですね。

これならライントレード派の方でも、先に意識されている価格が
リアルタイムで分りますので、非常に重宝すると思います!^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★プライスライナーについて【2】

  • 2013/03/17(日) 18:34:01



相場が見えてくる!!【MT4専用】プライスライナー(インジケーター)


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
いよいよ明日の朝に、WBCの大一番ですね。
日本全国が仕事にならないのですが、^^頑張って応援しましょう~!

では相場なのですが、金曜日の米国指標が軒並み悪く、
絶好の調整の口実に。ずっと連騰だったNY株式も小幅安となり、
ドル円も95・24円まで、約1円ほどの円高となりました。
また同時にユーロドルも買い戻されて、1・30ドル半ばまで反発です。
ま~ここまでドルは、1本上げの状態でしたから、ここらで一服って感じ
ですね。 先行きを考えても、米国経済の好調は不変ですし、
ユーロ圏にはまだ、問題は山積しているので、円安・ユーロ安の
流れが変わったとも思えません。

では来週なのですが、日本が年度末を迎える為に、レバトリの動きが
盛んになります。ですので週の前半は、本邦筋の円を買い戻す動きが
活発となるので、ドル円はもう少し円高に振れそうですね。
ただ中期的には、100~105円を目指しているので、
大きな下落とはならないのかとは思います。ですので、
再浮上のタイミングに、上手く乗りたいところですね。^^

ではレビューですが、以前紹介したプライスライナーです。
このインジはインターバンクの注文状況を、MT4に反映させる
ものですが、使えるのは特にレンジの時ですね。
指標発表でのアクションは、リアル系のファンドが動くので、
余り参考にならない時も有りますが、通常の動きの時には、
このラインが非常に意識されていますので、とても参考になります。


侍ニッポン、勝つしかない!→

★プライスライナーについて【1】

  • 2013/02/23(土) 18:24:20



相場が見えてくる!!【MT4専用】プライスライナー(インジケーター)


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

いや~今週の相場は、ヘソ曲がりな動きとなりましたね。
まずはユーロドルですが、注目のドイツの指数は概ね好調でした。
ドイツZEW景況感指数も、予測を大きく上回ったのですが、
反応は一時的でして、木曜日の欧州PMIの発表から(結果は↓)、
大きく売られて1・31ドル台に下落です。その後は若干戻したものの、
金曜日にはキプロスの財政悪化が伝わり、1・32ドルへは戻さずに
大引けとなりました。どうやら市場の評価としては、ドイツ一国の景気より
フランスの景気悪化が重しとなっている様でして、今後の動きは
かなり不透明な展開です。

そしてドル円なのですが、ユーロが下落の場面では、ユーロ円主導で
売りが入り、一時93円割れとなったものの、米国景気の回復で、
次第に93円台を回復。しかし以前ほどは株高への反応も小さくて、
膠着した一週間となりましたね。

では来週ですが、もちろん注目は円の動きです。^^
週末の日米首脳会談で、TPPへの参加が決定した事で、
月曜日の日経は、輸出銘柄中心に大きく買われそうですね。
また次期日銀総裁候補として、アジア開発銀行の黒田氏と、
調整に入ったとの報道も追い風でして、週明けからの円安は確実と
なりそうです。ですがあくまでイベントですので、追いかけ過ぎると
利益確定に押される可能性も有るので慎重に。

ではレビューですが、今回は便利なMT4インジケーターを紹介します。
これはインターバンクの注文状況を、チャートに反映させるものでして、
オプションバリアーの表示もしてくれます。
ですのでどの価格に、注文が集まっているかとか、反発し易い価格。
抜ければストップロスを巻き込む価格などを、ラインで知る事が出来る
超便利なインジなのですね。使い方は色々ですが、バイナリーだったら
ラインの反発を狙ったり、スキャルだったらストップロスの誘発を
狙ったりと、様々な使い方が有ると思います。
またライントレードをされている方でも、先に注文状況を知る事で、
どこで抜けると速くなるか、どこで反発し易いか等が
分りますので、どなたにでも有用なツールになると思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。