スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★歓喜の歌

  • 2015/12/28(月) 18:14:07

★歓喜の歌


もう年末ですね~。皆さんも多忙な事と思いますが、こんな時こそ
事故も多くなります。常に慌てずのんびりが肝要ですよ。^^

では年末と言えば「第九」ですね。特に第四楽章の「歓喜の歌」は
いつの間にか日本では、年末の恒例行事となりました。

この歌の詩はドイツの詩人、シラーによって書かれたものでして、
大学の聴講生だったベートーベンが、これに感銘を受け、
32年後(当時54歳?)に仕上げた曲です。
ですので冒頭の部分だけ、彼のオリジナルな作詞となっています。

元々はフランス・ジャコバン党を支持する、ドイツの若者が、
マルセエーズのメロディーで、歌い始めたのが起源ですので、
若い頃からベートーベンも、共和党支持者だったんですね。
まぁこの当時は、フランスもドイツも王国ですから、
彼も貴族の為に曲を作るのが、嫌いだったのでしょう。

つまり歓喜の歌は、元々民衆が歌う解放の旗印だったのですが、
ベルリンの壁崩壊や、東欧革命の時も、民衆によって歌われた為、
後々までも、自由を求める民衆の歌となりました。

それを何故か日本国民が大好きでして、年末に歌う事が恒例に。
長野オリンピックの時には、小澤征爾の指揮で合唱しましたが、
これを見たドイツ人はビックリ!「日本人ってドイツ語を話せる!」
と勘違いされたそうです。^^;



ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★反戦曲

  • 2015/12/27(日) 00:55:11

★反戦曲


もう年の暮れですね。今年も色々と有った様ですが、
今年の漢字に選ばれたのは「安」。これは安全保障の「安」ですね。
それだけ世界情勢は、また危険な状態が迫っている事を意味します。

その代表的な戦争が「ベトナム戦争」ですか。自分もこの時代は
当事者ではないので、詳しく知ったのは、終戦した後なのですが。。

ベトナム戦争は、東西冷戦の代理戦争と言われて、局地戦ながら
多くの犠牲者を出す、凄惨な戦争となりました。
これと現在の中東。どっか似ていませんか?

当時の米国では、なぜ自国民の若者が、地球の裏側で死ぬんだ?と、
大きな反戦運動へと繋がった時代です。もちろん音楽でも、
国内外で「反戦歌」が多く作られ、米国の政治体系を、
大きく動かしたエネルギーとして、現在でも記憶されています。

まずはCCRの「雨を見たかい」です。訳されているのが有りますよ。


前のビートルズでも、「愛こそはすべて」を書きました。
また前回の「ハッピークリスマス」も同じく反戦歌ですね。
今回のこの曲はヨーコとの有名な、ベッドインの時の映像です。


ピート・シーガーの「花はどこえ行った」とか、ボブデュランの
「風に吹かれて」ってのも有名ですが、米国で厭戦気分が高まるのは
もっと後なので、これはどうだか。。。それよりヒッピー文化は、
当時最も反戦運動を映した、穏健的な行動だったのかな。


もちろん「反戦」を前面に出し、政府から睨まれる行為は、
売りたい歌い手には厳禁。それを堂々とやってのけたのが、
世界でも唯一、ジョンレノンだけだったです。


人間って本当に残酷です。これは本能なのかな。。。
肌の色は勿論。思想(共産と自由資本)や、宗教での隔たりだけで、
相手を同じ人間と見ていませんからね。。。

ポチっと応援クリックをお願いします!→


★ジプシーキングス

  • 2015/12/13(日) 23:02:29

★ジプシーキングス


さてさて。日曜日ですから、ちょっと変わったバンドを紹介しますね。
このジプシーキング。余りバンド名は知らないかもですが、
曲はとても有名でして、誰でも「あ~!」と気が付きますよ。^^

まずは基本情報ですが、どこの国のグループで、何語で歌っているか
です。もちろんフラメンコが基本なのですから、スペイン語が主。
でも出身はフランス南部でして、ジプシー達が使う「ジタン」と
言う言葉を使っています。

メンバーの中には、フラメンコ・ギターの巨匠を父の持つものも居て、
その音楽性は、ラテン・フラメンコと言えますね。

んではまず、日本で大ヒットした「ボラーレ」から。


次は「バンボレオ」です。


そして「ジョビ・ジョバ」です。一番ジプシーを感じる曲ですね。


ジプシー音楽は、世界にも意外と多いのですが、このグループが
スイスに行った時に、レストランの片隅で泣いていたのが、
かのチャップリンだとか。アメリカで赤狩りでスイスに渡った彼は、
自分自身がジプシーだと思っていたかもですね~。

ポチっと応援クリックをお願いします!→



★英国三大名曲

  • 2015/12/10(木) 01:20:27

★英国三大名曲


以前に英国で、毎年トップ3に選ばれる曲が有ると書きましたが、
忘れない内にその3曲を紹介致しますね!

まずはレッド・ツェッペリンの「天国への階段」です。
UPも秀逸でして、非常に良い音源ですよ~。


次はもちろんビートルズから。それもレットイットビーとかでなく、
英国人の本質を表すこの曲とか。ん~意味深いですね。。


そして3曲目が、ロッド・スチュワートのこの曲です。
和訳で「おいら船乗り」。元々が海洋大国の血が流れている英国。
特にスコットランドの人が好きなのかな?


これで3曲全部ですけど、あと1曲入れるとしたら、どの曲かな?
ワン・ディレクションなんかも、最近は頑張っているけど、
この程度で代表とは。。20年後は忘れているバンドだろうし。。
やっぱビートルズの世話になりますか。これなら文句無しでしょ。

5分11秒付近に、ストーンズのミックジャガーが映ってますね。
まぁR・ストーンズでも、ビートルズと比較されると辛いかな。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★サイモン&ガーファンクル

  • 2015/12/08(火) 00:15:37

★サイモン&ガーファンクル


はい。今回は天才コンビのS&Gです。
どの曲も深く胸に刺さる名曲ばかりだし、聴けば聴くほど耳に残る。
今後も不世出のコンビと言えますね。

まずは「コンドルは飛んでゆく」です。スペイン語で
エルコンドルパサー。競走馬にも同じ名前が居ましたね。^^


次は「the Boxer」です。


次は映画「卒業」の注入歌。サウンド・オブ・サイレンスです。
今も輝く傑作の出来ですね。


これも「卒業」の中に使われた名曲ですね。元々は中世に、
吟遊詩人が詩っていたらしいのですが。


最後にもう1曲なら、「戦場に架ける橋」ですか。
この橋はタイ国境に有り、日本人には心苦しい映画ですね。
今の平和を忘れずにです。。。

ポチっと応援クリックをお願いします!→



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。