スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★最強ストキャス理論について【2】

  • 2012/09/30(日) 18:26:37


チャートの見え方が劇的に変わる!!最強ストキャス理論!!

サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様です!
週末は巨大台風が列島を横断しそうですね。関東は水不足なので、
これで潤いそうですが、甚大な被害ももたらしますので、充分ご注意を!

では来週の動きですが、現在の相場はスペイン一点に集まっています。
ちょうど四半期の決済にも重なり、これまで上昇していたユーロの、
持ち高を調整するにも、時期的には良いタイミングだったかと。^^

では今週ですが、ユーロ売りもそろそろ限界かと思います。
悪材料しか見えないユーロですが、私は「ドル円」をバロメーターに
考えていまして、「世界から最も安定した通貨」と認められている円が、
週末には78円台に戻したからですね。円は元々特異性が有り、
日本の巨額赤字債券も、せっせと国内企業が消化していますから、
金利の面では、世界最低レベルだからです。(それ程安定しています)
つまり円安は、リスクオンの合図でして、世界的な株高を呼び、
ユーロの買う理由になっているからですね。ですので円安を目安に、
今週はユーロの反転を、考えようと思います。

専門家の意見では、先週と変わらず、まだユーロは売り対象なのですが、
金曜日の円安に戻す動きを見れば、それも達成されたカモです。
まぁ自分も決して楽観的には見ていませんが、以前と比べたら、
ユーロの先行きは、少し明るいので、悲観して売り込むのもどうかと。
以前にコメルツのポジで、1・2880ドルが均衡点と書いている様に、
現在はそれより下です。なので自浄作用が働いて、今週のユーロは
多少強含みに推移するかもですね。

では2回目の「最強ストキャス理論」ですが、以前に彼のMACD理論も読み、
インジケーターの真意を、勉強させて頂きました。その内容ですが、
殆どの方が、ボリンジャーは見ていると思いますが、3σタッチの時に、
ダイバジェンスを起すか、ヒドゥンダイバジェンスになるかは、
(トレンド継続か、そこで反転するか)重要なところだと思います。

日本人は逆張り好きと言われており、GMOのバイナリーなどでも、
+3σタッチとなると、直ぐに売りが「完売」となりますが、^^;
通常のトレードでも、ブレイクか、再びレンジかの分岐点ですので、
その意味では重要な場面だと言えます。この場面での観測法が、
とても詳しく解説されていますが、他にも実践に即した手法が
書かれていますので、テクニカル派には、とても有益な教材に
仕上がっていると思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★相場四方山話【4】

  • 2012/09/29(土) 03:50:16

★相場四方山話【4】

サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

まずは2つの台風ですが、週末から月曜日にかけて、西日本から関東まで、
暴風雨になる可能性が有りますね、進路の方は被害の無い様に、充分
ご注意下さいませ。ではまだ終わってはいないのですが、ユーロドルは
1・2850ドル辺りで終わりそうですね。

先日のレビューで、ストレステストの日時が間違っていましたがw
正確には日本時間で、29日の午前1時でした。
そして結果を先に書きますが、市場の予測通りで、
資金不足は490億ユーロとなりました。この額が大きく増えていた場合は
ムーディーズがスペイン債を、ジャンク級(紙クズ同様^^;)にすると警告。
これで昨夜からのユーロは、ミエミエのリスク回避になりましたね。^^
1・2930前後で売ってからは、発表前までには、MAX90pipsの
下落となりました。

では発表後も、戻りは僅かだった原因ですが、スペイン債利回りは、
6・06%から5・92%(10年債)に低下。普通に考えたら、ここで反発
するのが道理です。そのブレーキとなっているのが、IMF市場局長の
見解でして、要約すると次の通り。「各国の政治家は、これで時間的な
余裕が出来たと勘違いしており、必要な処置を先送りしている」。
本当にその通りでして、救済が必要なスペインこそが楽観的。
次の総選挙まで待って~って感じで、ギリシャでもデモが拡大。
肝心のドイツは、「救済は銀行だけに限定しよう!」と言い出しています。

どこの政治家も、昨今は決断力が欠如しているのですね。^^
この様な相場で終わりそうですが、また時間が有れば、
来週の見解も情報を集めてから、週末に書こうと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★禅-FXについて【1】

  • 2012/09/26(水) 19:04:41





ボラティリティ計測テクニカル搭載でレンジ相場でのトレードを回避する『禅-FX』


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様です!

早速相場ですが、ユーロがジリ安の展開になっていますね。

これは欧州諸国が、段々と楽観論が増えだしたので、ファンバロイ大統領が

引き締めを狙って発言した事や、スペインが今だ金融支援を出さない事。

メルケル首相が改めて、ユーロ共同債を否定した事などが理由です。

一時的に戻したのは、オーストリア中銀の要人発言で、「次回の総会では、

金融緩和に付いては、議題に上がらないだろう。」ですが。

でもまだまだ、ユーロの先行きは不透明でして、スペイン・アンダルシア州

から、緊急融資要請が出たり、ギリシャも資金不足の陥る可能性が

報道されたりで、まだ買いに回る材料は無さそうです。

一応明日27日には、スペインの銀行に対する、ストレステストの結果が

発表されますので、少しは戻す材料になるかもですが、肝心のスペインは、

10月21日が総選挙ですので、それまでに金融支援を出さない公算が

高いです。ですのでしばらくは、こんな軟調地合が続きそうですね。


では今回のレビューですが、通常この様なチャートの場合は、

専らテクニカル系で、色々なオシレーター等を使っているのが一般的です。

ですがこの「禅-FX」は、それらのチャートとは全く違い、裁量系の商材が

多く使っている、「ライン・ブレイク手法」を採用しているのですね。

先にマエストロFXや、FX指南書などを読まれている方なら、

HPや説明書を読まなくても、この画像を見ただけで、同じ手法なのが、

一発で分りそうです。^^ 決済ポイントも同じくピボットで表示されてますし、

裁量系の弱点と言える「ボラ」も、視覚的に見る事が出来ますので、

裁量系の教材を先に読まれている方とかには、とても便利なチャートに

仕上がっているのではないでしょうか。

阪神への苦情・ご意見はこちら!^^→

★最強ストキャス理論について【1】

  • 2012/09/22(土) 22:28:50



チャートの見え方が劇的に変わる!!最強ストキャス理論!!


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
急に秋らしくなり、夜はかなり涼しくなりましたね。^^ では相場ですが、
今週のユーロドルは、材料出尽し感が強く、手仕舞いの動きとなりました。
まぁユーロも急速に上げていたので、これは利益確定の動きですね。

それで金曜日は下落は終わったものの、スペインとギリシャの材料で、
一喜一憂の展開に。スペイン債の売れ行きが好調で、これで上かと思ったら
「これではECBへの救済要請が遅れる」と、投資家は売りで反応。
少し先に「スペインがEUと、救済案で協議」との報道で、流れは上でした。
またギリシャも同様で、先に「トロイカとの第二次支援について合意」
との報道を好感して、ユーロは上昇の展開に。しかし国際債権者との
協議が難航しているとの、ギリシャ財務相発言で下落です。^^;
でも適度な振幅だったので、逆にデイトレをやっていた方には、
比較的取り易い展開だったと思いますが。

では来週なのですが、まだ完全にQE3期待で積み上がったポジは、
消化されていない様でして、金曜日の様な方向性に欠ける展開に
なり易いとの事です。特にEUの救済の、進行度合いが遅くなれば、
リスク回避の動きが強まる(東京三菱UFJ)との事ですので、
欧州の材料には、特に注意が必要ですね。またドル円の方は78円割れ
寸前のところですが、77円は少し試しても、介入警戒で底値は
限定的になるとの見方が大半を占めていますね。

では今日のレビューですが、テクニカルを重視される方には、
とても有用となる教材です。ここではストキャスを中心に、オシレーターの
本当の使い方が、詳しく説明されているからですね。
私もMACDが、ダイバジェンスを観測する為に作られた事なんて、
ずっと知りませんでしたので#。こう言ったオシレーターの本意を
解説している書は、今迄には無い教材となりますので、テクニカルを
100%使いこなしたい方は、まずはじっくりと、HPを読んでみて下さい。^^

セ・リーグは、某球団が優勝したらしいです!^^→

★システムトレードについて【14】

  • 2012/09/19(水) 19:06:17

フォレックス・ドットコムジャパン

★システムトレードについて【14】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様です!

さてさて難しい展開が続く相場ですが、円だけは方向感が出ていますね。
77円前半でのレートチェックが有った翌日から、今日で4日連続での
円安となっています。これは勿論隣国が不安定になった為、
カントリーリスクを嫌っての円売りです。また更に本日は、
日銀が資産買入れ基金を、大幅に増額した事で、遂にドル円は79円台に。
モルガンはこの動きで、円安目標を82円から84円にしましたので、
まだ円安の流れは期待できそうですね。

それにしても難しいのがユーロです。^^; QE3決定後から動きが不安定に
なっていて、材料出尽くし感なのか、欧州株は連日のジリ安。
材料が無いので、この動きにユーロが同調し、リスク回避でのユーロ売りが
続いています。バークレイズは1・30が抵抗になるが、割れたら1・2880
まで。コメルツも同じ意見でして、1・2880ドルまでは、自社顧客は売りが
多いそうですので、まだジリ安が続くかもですね。
動きは夕刻に、以前紹介した「世界の株価」を見たら確認出来ますので、
利用して頂ければです。^^

では前回「決済しそう」と書いたポジですが、翌日までには4つのポジ全てを
決済していました。普段より少し多目で+1110pipsでしたが、
直ぐに2ポジを建てていて、これは-319pipsで損切りとなっています。
その後はやっぱり、この円安に反応していて、現在は4ポジ(MAXです)で、
+282pipsになりました。モルガンさんの予想通りに、このまま円安の
流れが継続されれば、また期待出来ると思いますね。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★裁量系商材について【1】

  • 2012/09/15(土) 20:52:05

★裁量系商材について【1】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
今週末は3連休なのですが、西日本には巨大台風が接近中。。
進路になる地域の方は、充分ご注意下さいませ。

では今回は、使える裁量系の商材を、3つレビューしたいと思います。



Maestro FX

まずはご存知、VMAの佐野氏が最新版として出しているコレです。
内容は真に王道でして、基本的なライントレードが、DVDで19時間に渡り
とても詳しく説明されています。勿論画像での説明ですので、
文章を読むよりも理解度も深くなりますね。でも欠点ではないのですが、
これを全部見るには、リーマンなら軽く1週間は必要な事です^^
その間に要点となるところはメモしたりで、専業になりたいと言う、
強い意志が無いと、途中で頓挫する可能性も有ります。
逆にそれだけ、ヘビ-級の教材だと言えますね。


FX指南書

次は今人気のコレ。内容も読みましたが、ちょっと簡素に書かれ過ぎていて、
疑問点が残るところも。まぁ手法はこれも王道ですので、ある程度中級者に
向けて書いているからでしょうね。この商材の1番の長所は、
日々UPされる会員専用HPでして、次の日に確認する事で、
自分の手法が正しかを、確認したり研究したり出来る事ですね。


アドバンスド・ホーミングFX

では3つ目ですが、某EAに名前が似ていて、チェックが抜けてた教材です。
この教材は手法の説明がとても明確で、1時間足と5分足を基本にした、
「デイトレード手法」と、5分足と1分足を基本とした、
「スキャルピング手法」に分かれています。勿論メンタルや資金管理と言った
他の裁量系の教材と、同じ記載もされてはいますが、肝となる「手法」が、
非常に簡潔に書かれているので、最も速く実践出来ると思います。
また短時間足から入った場合の、利益を伸ばす方法などもシンプルに
書かれていて、「裁量系」と言うよりも、「手法本」と捉えた方が
分り易いかと。私はテクニカル派なので、広い解釈の手法は苦手ですが、
このマニュアルでしたら、私でも実践出来る明確な教材ですので、^^
どんなタイプの方にでも、お奨め出来ると思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【54】

  • 2012/09/15(土) 04:01:09

★相場雑感【54】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

いや~遂に米国FRBが、QE3に踏み切りましたね!
バークレイズが「QE3実施」なら、今月中に1・32ドルを目指すと書いて
いましたが、もう目前まで発表から上げていますよ。^^;

相場の世界は常にそんなものでして、思ったよりもずっと機動的です。
これで一応はユーロに懸念材料は無くなり、短期筋の仕掛けによって、
1・31ドル半ばまで急騰し、その後は利益確定で少し押して、
1・31ドル前後で今週は引けると思います。

しばらくユーロ安の展開でしたので、「ひぇ~高い!」ってイメージですが、
週足ではGWの水準に戻っただけでして、世界における流通通貨量と、
失業率を7%台まで落とす為ならば、この「ドル大増刷」は続きそうです。
なので自分としては、この週末最後の押目も、逆に買い場かなと。
ま、あくまでスゥイング・スタイルの話ですが、1・33ドル近くまでは、
充分上昇するかなと考えています。でもQE3は荒療治でして、
資金供給過多を招きかねない諸刃の剣です。もしも急速なインフレとも
なると、1・33ドルも通り越して、一方的なユーロ高にもなりますので、
今後の動きに充分注意して、ユーロの高値を追いたいですね。^^

ではドル円ですが、やっぱりFOMC直後は、77円20銭を割る動きに。
瞬間的に戻したのは、予想通りで日銀のレートチェックが有ったらしく、
これを見た投資家が円買い方針をSTOP。その後更に日本のIMF理事が、
「日銀の相場介入を容認」と伝わると、ドル円相場は一変しました。
ユーロ円は夕刻からの、円安とドル安のW追い風になって、
ユーロ円は1年に1回有るかどうかの、超急騰の1日になりました。
自分はユーロドルが専らで、ちょい羨ましい動きだったのですが、^^#
でも円はこう言った介入リスクも有り、世界三位の流動通貨なのですが、
先行きが読み難い通貨ですので、私は日頃ユーロドルなのですよね。(笑)

自分はこの流れに乗り切れたのは、いつも使っているインジだけですが、
裁量手法で取り組んでいた方とかも、大体同じ結果だったと思います。
また今見直したら、クリック証券のバイナリー(補助的に使っています)も
昨日は全部買いだけでしたが、「乗り切れなかった」との報告も有りまして、
それは手法の徹底とかに、問題が有るかなと思います。
おそらく全てが手法の「曖昧」に起因していまして、商材の幾つかは、
とても有益な情報を書いていますが、それも良し悪しかなと。。。
ルールが完璧に徹底しているとかは、同じくテクニカル派でも同じですよ。
なのでこの大相場でも大きく利益獲得出来る手法こそが、
本物では無いかと思います。なので週末には、裁量系・テクニカル系を
問わず、現在の相場を乗り切れる本物の商材を考察したいですね。

3ボール1ストライク。全然慣れない同類はコチラ^^→

★相場四方山話【3】

  • 2012/09/12(水) 18:44:17

★相場四方山話【3】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様です!

早速相場なのですが、本日の夕刻に注目だった独連邦憲法裁判所の、
ESMへの拠出の有無を争っていた件で、一部上限規制は含まれたものの
(1900億ユーロが上限)大筋で合憲となりました。
このNEWSでユーロドルが急進し、現在は1・29ドルを挟む展開に
なっています。昨日からのドル売りもこれでして、先にドイツの高官が、
裁判結果をリークしていましたので、ユーロと円が上昇となっていましたね。

さてこれで、残る大きな材料はFOMCだけとなり、この後の動きは、
「知ったら終い」で、先に調整が入るかどうかだけですね。
それとドル円ですが、77・70円まで円高が進んでいますが、
FOMCでQE3が決定し、77円半ば以下まで円高となった場合は、
日銀による介入が有ると、バークレイなどは警戒しています。
まぁ介入までは無いにしても、どこかでレートチェック程度は有りそうなので
円がらみの通貨ペアでやっている方は、この水準になったらご注意を。^^

アニキ遂に引退!監督辞任が先じゃね?^^→

★ゴルスパFXについて【3】

  • 2012/09/09(日) 21:25:56



ゴールデンスパイダーFX 【ゴルスパFX】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

いやはや、またADP雇用統計には騙されましたね。(-_-;)
あそこまで間違えた数値なら、もう次回から見る必要も無いかもです。
雇用統計はADP予想の半分にも届かずの、逆サプライズとなりました。

通貨ペアを発表直後から見ると、ユーロドルは1・2708ドルから急騰。
数回オプションバリアーを破って上昇し、大引けは1・2808ドルなので、
ちょうど100pips上げて引けました。逆にユーロ円はこれで挟まれて、
発表前は100円22銭。先にドル円に引っ張られて急落し、
99円76銭と50pipsほど下落。その後はユーロ上昇に引っ張られて、
結局は完全に行って来いの、100円20銭で引けています。
この事からもドルだけが、一方的に売られた事が分るのですが。。。

では来週ですが、またまたFOMCに注目となりました。ちょっと食傷気味の
展開は展開ですが、日本時間で14日早朝に向けて動くでしょうね。^^;
もう相場は完全に、QE3を織り込んだ動きとなっているので、
それまではユーロドルの高値追いも有るかもです。
でも前回の講演会からは、必ず実施するニュアンスでも有りませんし、
理事会にはタカ派も多数ですから、本当に実施となるかは微妙です。
自分としては超過準備金利の引き下げとかで、終わってしまうと
考えていますが。まぁFOMCで何が出るかで、また大きく動きそうです。
出た方に、素直に乗って行きたいですね。^^


最近は本格的な、ライントレード手法が人気となっている様ですね。
特に「裁量系」と呼ばれるものが人気の様でして、水平ラインや
トレンドラインを引き、法則に従った、王道手法の商材が多いようです。
なので新しい商材と言っても、VMA等を購入されている方には、
それほど新味も無いかもですが。^^ そこで「ゴルスパ」なのですが、
手法は同じく王道的な手法でして、ライントレードと呼ばれるものです。
それでいて一般的な裁量商材は、当然自分がラインを引くのですが、
このゴルスパは自動的に描かれます。またラインを跨いだところには、
矢印が表示されますので、使い勝手が最も良いシステムと言えますね。
他の商材で「ここかな?」と迷うラインも、これで迷う事は有りませんから、
相場をチェックするのも、短時間で出来る利点も有るでしょう。
またライントレードの概念として、オシレーター系のインジを一切使って
いませんので、テクニカル派の方でしたら、これと融合して考えると、
更に効率の良いチャートが、作成可能だと思います。^^

バーナンキにイラっとしたら、クリックをお願いします!→

★相場四方山話【2】

  • 2012/09/07(金) 20:01:18

★相場四方山話【2】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様です。

さてさて今日は雇用統計ですね。昨日の新国債購入プログラムの決定と、
ADP雇用統計などのサプライズな結果から、NY株式が大爆発!^^
昨夜の23時を切欠に、ユーロの買いと円安が進みました。この流れから、
今朝の日経も大幅高となり、続いて余熱で欧州株も堅調となっていますね。

でもちょっと気になるのが、ADPの結果です。凄いサプライズな数字でしたが、、
ISM非製造業も49・3が53・8。モンスター雇用指数も147が156に増加。
他にも新規失業保険申請者数も33・8万が37・4万件に減少。
シカゴ地区購買部協会雇用指数も53・3から57・1に改善で、米国企業人員
削減数まで良くなっていました。逆に悪化していたのは、NY連銀製造業・
ISM製造業・フィラデルフィア連銀景況指数と3つだけで、それも全てが
僅かな減少でした。この事からも、今夜の雇用統計は、本当に凄い結果が
出るかもですね。問題はその後に、市場がどんな反応をするかです。

昨日と同じくリスク選好の動きとなり、NY株が急騰するなら、ユーロドルは
再び上昇するでしょうし、逆にこれで「QE3は更に遠のいた」となれば、
それに伴うドル買い・ユーロ売りになりそうです。どちらに転んでも円だけは、
円安の流れとなりそうなので、ユーロは先行きを見てから。ドル円は先に
仕掛けても良いかなと考えています。でもでも。前回もADPに裏切られて、
コケた事が有りますので、まずはしっかりと方向を見定めて下さいませ~。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★システムトレードについて【13】

  • 2012/09/04(火) 21:04:09

シストレ

フォレックス・ドットコムジャパン


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様です!
早々に相場からですが、今週のユーロドルは、ECBの国債購入期待を受け
、1・26ドル台を回復する展開で始まりました。その後は7月2日の高値。
1・2637ドルが意識されていて、今日は欧州株安も手伝って、
現在は1・26台を少し割れた展開ですね。今週意識されている材料は、
まずは6日のECB理事会です。ここで具体的な景気刺激策が出れば、
ユーロは高値抜けの好機かなと。それでも実行リスクは伴うので、
ドイツの反対でも有れば、不安定な動きになりそうです。

それともう1つのイベントが、今夜のISM・6日のADPとISM(非製造)。
そして金曜日の雇用統計への流れです。先週のバーナンキ発言が、
どちらに転ぶのかですね。景気回復となれば、若干ドルが売られ過ぎなので、
QE3後退でのドル買い・ユーロ売りが再開。数値悪化なら緩和期待での
ドル売りが進行するので、金曜日は特に注目ですね。^^

先月8日にクローズしてから、ドル円の動意が少なかったので、
しばらく忘れていた「ミラートレード」でしたが、先月の13~15日にかけて、
豪ドル売りのポジションを建てていました(汗)。日々のスキャルや
バイナリーに集中していたので、忘れていたのですね。(良い訳#)
で、現在なのですが、なんと4ポジで+940pipsの含み益!
いつ決済しても、おかしくない価格です。それにしてもこのシステムは、
本当にコンスタントに稼いでくれます。^^ FOREXの方でしたら、
1000通貨単位から始めれますので、皆さんもまずは少額からでも、
始められてはと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【53】

  • 2012/09/02(日) 04:32:53

★相場雑感【53】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
今年は東日本は渇水ですが、やっと週末は雨になりそうですね。
降り過ぎも困りますが、これで少しは潤って欲しいものです。^^

では金曜日の相場からですが、バーナンキ講演の前に、ユーロが継続して
買われる展開となりました。これは特別大きな材料が有ったのでもなく、
薄商いと見た中東勢が、オプションのストップ狩りをやっていたそうです。
最近は動意も少ない展開だったので、けっこう10pips刻みで、
細かなストップが置いて有った様でして、それを断続的に狩ったのですね。
バーナンキ講演の前なので、小口からの参加も極端に少なかったから、
そこを狙っての取引でしょうか。

それで講演会ですが、草稿は記者には直ぐ配られるので、23時からの
動きが、市場の反応と解釈出来ます。まず「やっぱりQE3の言及は無い」で
数分間だけ下落。その後は「これならやがては実行する」と見て、
1・26ドル台に乗せたのですが、これも直ぐに落とされて揉み合いに。
結局は思った通りで、玉虫色の講演会となり、結論の出ないまま、
相場も終了したって感じですが。。

この動きには、有識者のコメントでは、次回の雇用統計次第だと考えていて、
次回の雇用統計は9月7日ですが、市場の予想は+12万人です。
これが最近の動き同様に、+10万人以下で有った場合は、QE3の発動が
具体的となると考えていますね、米国は大統領選の最中ですし、
一番の争点は「雇用」ですので、次回は最も注目の雇用統計になるでしょう。

それで今回のユーロ買いですが、自分としては少し違和感が有ります。
悪い悪いと言っても、米国指標は毎回緩やかに改善されていて、
逆にドイツの景気指数などは、恐ろしいほど急速に悪化しているからですね。
先日ILO(国際労働機関)は、「ギリシャの離脱やユーロ分裂が起きれば、
若年層の雇用が、破滅的な結果を招く」と警告しています。スペイン全体で、
27・7%が失業し、若年層なら51・3%が職を失う」と、レポートしていて、
これは来年の予測でして、ユーロ離脱の連鎖となれば、ドイツで11・3%。
フランスが17%。イタリアとスペインでは、25~35%が失業するのですね。

またEU諸国の、「スペインの銀行が、お金を借りられた。良かった~」
ってレベルで、投資家はユーロを買っていますが、金利は高止まりしていて、
イタリアもスペインも、全然健康な財政では有りません。
でも最近のユーロ買いの材料は、全てがこんな感じでして、
良くない材料でもマヒしていて、ユーロを買ったりもしています。

自分ももトレーダーの端くれですから、日々の動きには乗りますが、^^
地合はドル買いユーロ売りなのは、冷静に考えると明らかなので、
まだまだ大きな流れには、変わりは無いと考えています。

杉ちゃん骨折で全治3ヶ月!今年最大のNEWSですね^^→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。