スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【55】

  • 2013/01/30(水) 02:52:15

★相場雑感【55】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした。
千葉では突然雪が降ったりで、まだ冬真っ盛りと言ったところですが、
そろそろ三寒四温。来週は暖かくなるそうです。^^

では相場の動きですが、今週は後半に向けて、イベントが満載です。
水曜日にはGDPとADP雇用統計、その未明にはFOMC。
そして金曜日には本番の雇用統計が有りますので、ドル円は材料難で、
調整の動きで始まっていますね。
でも90円半ばはシッカリで、押し目も入る展開です。
ちょっと重いのが気になりますが、このまま大きな調整になるか、
又は上を目指すのかは、今後の重要指標次第ってところですね。

そのキーワードとなりそうなのが、最近のユーロドルの動きでして、
完全に高止まりした状態で推移しています。これは最近「通貨安戦争」と
呼ばれていますが、ECBだけが連合体の意思決定通貨なので、
理事会のメンバーも、他の中銀と比較すると異常に多く、
金融政策の遅れが指摘されているからですね。

また最近顕著なのが「ポンド安」でして、それに相対的にユーロが
買われているのも、ユーロが下落しない一因となっています。
この動きにイラ立って、メルケル首相も次回G-20で、円安を議題にすると
発言してはいますが、当面ECBから金融緩和策が出る予定も無くて、
G・サックスやシティ等の大手銀行は、短期見通し予測として、
1・36ドルまでの上昇が有ると予測しています。

円は米国指標次第の展開なので、出たとこ勝負になりそうですが、
91・60円を完全に上抜けたら上。ユーロドルは基本的には上でして、
米国の指標が好調となった場合は、ユーロ円などは一気に上値を、
試す展開になるかもですね。もちろん逆も有り得ますが、
特に今回の雇用統計が、分水嶺になると思っています。

為替を動かす念力講座はこちら!^^→

スポンサーサイト

★システムトレードについて【18】

  • 2013/01/26(土) 17:39:28

フォレックス・ドットコムジャパン

フォレックス・ドットコムジャパン


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
では前置き無しに、早速今週の動きからですね。特に注目のドル円ですが
火曜日の日銀政策金利発表後から、イベント終了の手仕舞いとなり、
89円後半から、88円を割れる寸前まで、ドル円は急落しました。
ですがその後、水曜日は揉み合いになって、木曜日から早くも反発に。

この動きの切欠となったのが、内閣府副大臣の、浜田内閣参与に同調
した発言を受けてですが、それと同時に国連で、北朝鮮への制裁強化が
決議された事を受け、近く核実験をするとの声明が出た為に、
地政学的リスク回避で、円が売られたのですね。

でもこれだけの円安の理由としては、これは実際にはチープな話でして、
単純にアベノミクスでは、デフレ脱却の為に、更に金融緩和が進む。
逆にドルやユーロは、最悪期から回復しているので、これから金融緩和は
必要が無く、円に危険回避する理由がなくなった事からでしょう。

ちょっと脇道な話ですが、もうドイツのメルケル首相と、韓国筋からは、
「円は不当に、政府が円安に誘導している。」と、来月のG-20で議題に
すると、息巻いているそうでして、^^; それに対して直ぐに甘利大臣が、
「これまでが、不当な円高だっただけだ」と反撃。
ユーロ危機の避難先として、超円高が2年以上続いていたのですから、
この動きはそれ以前の価格が正当と、世界の投資家も評価していて、
戻しているだけの動きの様です。以前の価格は94円台なので、
これはまだ300pipsは、上が有ると思っても良さそうですよね。

次にユーロなのですが、金曜日は久しぶりに、1・34ドル台に戻す展開。
これは昨年ECBが実施した、短期供給オペの返済金額が、
予定は840億ユーロ程度だったのが、1372億ユーロの返済になると
報道された為です。簡単に言えば、スペイン等の銀行に貸した金が、
思っていた以上に、ECBに返されるって事でして、それだけユーロ危機が
遠ざかった事を意味しているからですね。なのでこの事案も、
ユーロドルの急騰に繋がったのですが、同時にユーロ円の取引でも、
買いが入った為に、それがドル円に波及して、一気に91円まで、
円安が進んだって訳です。

では来週ですが、円は何も理由が無くとも、目標上値幅が大きいので、
小さな買いの材料が出ても、上値を試す展開になるのかなと。
ユーロは流石に取引量が大きいので、相変わらず方向感の予測は
困難でして、米国議会の進捗状況に因っては、下も有り得るのかなと。
ですので重要指標で動くのは、ユーロドルの方でして、
ドル円・クロス円はまだ一貫して、強気で攻めたいと考えています。

ではまた「ミラートレーダー」の、直近成績の紹介です。^^
かなり急な円安ですので、豪ドル円とカナダ円ペア2つは、
月間平均を上回る成績が続いてますね。この30日間での決済分は、
豪ドル円が+2065pipsで、保有中が1ポジ有って、含み益が+71pips。
カナダ円は意外と後半は伸びずで、30日間で+1553pips。
保有中がこちらも1つで、+121pipsとなっています。
無理のない設定にしていたら、こんなに順調なシステムは有りませんので
頻繁に見なくて良いのも、多忙なリーマンには嬉しいかと 思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★パワー投資ACTIONについて【1】

  • 2013/01/23(水) 17:21:05



FXリスク限定オプション用インディゲーター パワー投資ACTION


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした。
寒い暖かいは抜きにして、早速昨日の日銀決定会合からですね!^^

まずはその内容に付いてですが、安部首相の言っていた通りに、
インフレターゲットは明言されました。でも前日のレビューでも書きましたが
資産購入規模は変更無し。また超過準備金の付利撤廃も据え置きとなり、
現行の0・1%とされました。これによってイベント終了感が強まり、
発表直後は上げたものの、その後は利益確定が優勢となって急落。
88円前半まで、調整が入る結果となりました。
その後はドイツのZEW景況感指数が、思わぬサプライズの好結果で、
ユーロ円にも買いが波及し、現在は88円半ばで推移しています。

ではこれからの見方ですが、局面は二分化されてますね。
売りの理由としては、78円から1000pipsもの円安ですから、
ここらで大きな調整が入ると言うものです。普通にフィボナッチで考えると、
330pips程度は下がるのが常識の動きなので、最高値から考えると、
87円前半まで下がる動きは当然です。なので反転するまでは、
重い展開が続きそうですね。

ですが、円は材料が出尽くしとは言え、浜田内閣参与の発言は、
必ず今後の日本の目標として捉えられますし、最近のECBやFRBは、
金融緩和とは真逆の発言が多い事から、やがてはユーロやドルが買われ
円安の要因となるのかなと。また、この4月で日銀総裁の任期が切れて、
時期総裁へと換わるのですが、今回付利撤廃や資産購入額を増やさ
なかったのは、有る程度次期総裁への、決定権委譲との見方も有って、
売り込む理由とはされていない点も有ります。

つまり今回の円高は、自分としては短期の調整と見ていて、
短期で動くヘッジファンドが、利益確定をしているだけと思っています。
今後の本邦筋の円売りのネタは、以前よりずっと少なくなるとしても、
円を買う材料は皆無なので、どこかで90円を回復したら、
また目線は上(円安)に傾く水準なのかなと。

それに忘れてはならないのですが、米国の「財政の崖問題」は、
当面先送りの案になっていますね。でもこれもどこかでクリアされると、
当然ドル高・円安の起爆剤になります。なので色々と考えても、
これはまだ、中期的な円安傾向は続くかと見ています。

では今回の商材レビューですが、おそらく初めてのオプションです。^^
最近はバイナリーが流行っているのですが、実はこちらが本家でして、
かなり前から有るのですね。実はルールが少し複雑と思われていて、
BOはやってても、これはやった事がない方が大半なのでは。
ここのHPでは、商材のレターよりも、オプションのルールについて、
大半を使って説明されているので、^^ここを読むだけで、取引の
ルールを知る事が出来ますね。また肝心の取引実績回数の記載も、
別窓で見られますが、その回数も年末だけで、600以上も有ります。
勝率や実績も素晴らしいレベルですので、ご興味の方は、
一読されてはいかがでしょうか。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★マルチゲッター極について【2】

  • 2013/01/19(土) 15:16:40



逆転FX「Multi Getter KIWAMI」(マルチゲッター「極」)


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
寒い時期に、また「寒いですね!」なんて書くと、余計に寒くなるので、
今回から出来るだけ省きますね。(笑)

では早速大波乱のドル円相場からですが、今週は本当に、口先介入の
一週間となりました。ずっと90円台を、相場が嫌っていた原因として、
麻生シーリング(85~90円が好ましい)や、石破レンジ(85~90円で
推移するのが良いのかなと)。そして甘利経済再生相も、
同様の発言を繰り返した為に、甘利発言の後には、ドル円は調整が入り
100pipsもの円高に。流石に焦った甘利氏が、「これは一般論です」と、
ブログで書いたりで、菅官房長官も、要人の為替発言を控える様にと、
やや混乱気味となりました。実際にバークレイズなんかは、
「大きな持ち高調整が入る可能性大」なんて書いてましたので、
全く洒落になりませんよね。(-_-)

その流れを一変させたのが、木曜日の浜田内閣参与の発言です。
誰それ?って方もいるかもですが、エール大学の名誉教授でして、
★エール大は米国の大統領を、多数輩出している超名門大学です。
今回の安部政権での、最重要ブレインとなっている人なのですね。
その人が先日、「95~100円の円安は、全く問題が無い」と発言。
これで90円高値は意識しなくて良いとなり、一気にブットんで、
ドル円は90円台に乗せたのです。
更に今回の発言ですが、「110円を越える円安は警戒すべき」と、
遥か先の価格も述べているので、このまま順調に円安路線になっても、
この数字は覚えていて、損はないかもですね。

次にユーロドルですが、こちらは本当に材料難でして、手掛かりと
なりそうなNEWSが一切無く、今は国債入札も順調ってなレベルです。
でも中国の経済失速や、ドイツの経済指数が回復していないので、
調子に乗って上を狙うのも、危険水域かなと。

ではいよいよ来週ですが、22日に日銀金融政策決定会合が有ります。
ここがこの円安の、ターニングポイントと考えて良さそうですね。
相場が見込んでいるところでは、国債の無制限買い入れ。
超過準備金の付利撤廃などで、これが相場の予想通りに実施となれば、
更に円安が進み、次のターゲットは、一気に95円となりそうですが。。
(テクニカル的にも真空状態で、大きなレジスタンスは観測されていません)
でも懸念材料としては、いつもの資産買入れ枠の拡大だけとか、
政府との共同声明だけで、何も具体案が出されない場合は、
一気に調整場面ともなりますので、この時間はしっかりと内容を見極めて、
その後の動きについて行きたいですね。

ではやっと商材レビューですが、今回は2回目の「マルチゲッター」です。
最近はFOREXの「ミラートレード」が絶好調でして、先日も大きな
利益確定となって、更に利益を伸ばしている現状なのですが、
その利益はPF値(利益÷損失)でも、4を越える、驚異的な数字と
なって現れています。今迄に2年にも渡って、この数字を
叩き出すEAは、当然皆無だったのですが、それと比較したら、
この「マルチゲッター」は、僅かにPF値は「1・23」となっています。
つまり12300円儲かって、マイナスが10000円って事ですね。
でもミラートレードはスゥイングでして、売買頻度は恐ろしく少なく、
停滞すると、約1~2ヶ月は利益が出ない時も有ります。

つまり売買のスパンが違う訳でして、このマルチゲッターでは、
平均で1日10回(1通貨ペア当り)もの、取引回数となりますから、
日々のトレードに於いては、実はこの数字が、威力を発揮します。
1・23って言う数値は、誰しも低く感じますが、これが毎日なのですから、
1ヶ月複利で考えると、長期のスゥイング「4」と言う数値と同等に、
日々取引レベルでの、「1・23」でも充分活躍するのですね。
ちなみにですが、営業日が今月の様に、22日だった場合ですが、
PF1・23と言う数字は、0・23×22=5・06となり、
PF4を上回る、凄い数値なのがお分かり頂けるかと。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

Mutyal Benefit-FXについて【2】

  • 2013/01/16(水) 18:56:29



元証券会社社員『金森秀樹』の裏切り - Mutual Benefit -


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした。

いや~それにしても、関東は凄い大雪となりましたね~!
まだ冷え込みは続くそうなので、すべってケガの無い様にです。

では相場ですが、これが場外からの発言連発でエラい事に。。。
先日の甘利経済再生相の発言で、一気に90pips近い急落に。
一旦は一般論との事で反発も、更にゴールドマン・サックス会長の、
「現在の円安は行き過ぎ」との発言で、更に円高となりました。

またユーロも同じでして、ユンケルEU議長が、ユーロ高を懸念する発言。
それと同時にドイツの経済成長見通し悪化が伝わり、ユーロドルも
1・33ドル後半から、一気に100pips近く下落しています。

では今後ですが、麻生・甘利・石破さんの発言から、次第にドル円は
利益確定の動きが強まっていますね。日足レベルでは甘利発言から、
前日の陽線を包む抱き線が出現。(短期反落が予想されます)
それから今日で2本目の陰線でして、明日も陰線が並んだら、
酒田五法では「三羽烏」となり、大手が売りに回っている事になります。
まぁそれでも、日銀会合は来週ですので、このままシッカリの展開なら、
再び上を伺うかもです。ですので日足終値(日本時間6時レベル)には
今週一杯は注目したいところですね。

では2度目のレビューです。かなり文章が長く、私の嫌いなタイプのHP
なのですが、どうやら内容は、実際に使えるウラ技的な手法の様ですね。
販売されてからも人気が高いのは、その後もHPと大体同じペースの
勝率を維持しているからでして、ウラ技1つで64%前後の勝率ならば、
充分優秀なBOの商材だと言えますね。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★システムトレードについて【17】

  • 2013/01/12(土) 23:04:45

フォレックス・ドットコムジャパン

フォレックス・ドットコムジャパン



サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
今週末は正月明けの3連休ですが、成人の日は大雪の予報ですね。。
普段降らないところの方は、特にご注意して下さい。

では週後半の相場ですが、木曜日のECB政策金利辺りから、
相場の流れが一変しました。一部で予想されていた利下げどころか、
ドラギ総裁も「今後も当面はない」とのタカ派発言でユーロが反転急騰に。
発表前は1・3060ドル近辺だったので、実に300pipsもの上昇ですね。

それとドル円ですが、インフレターゲットの数字を明確にするとの、
安部首相の発言を材料に、なぜか金曜日早朝から急騰。
(おそらく未明の、時期FOMCメンバーのタカ派発言を材料視かと?)
どちらもEU時間には、若干の手仕舞いに押されたものの、
最後はシッカリと言えるレベルで引けました。

では来週からですが、円は22日の政策会合までは、やはり強含みで
推移しそうです。でも安部ノミクスに(円安要因)麻生シーリング(天井)
石破レンジと呼ばれていて(笑)、麻生さんと石破さんは、
上限を90円と発言していますので、意識されれば重くなりそうです。
抜けたら米国大手バンクでは、93円も有ると見ているので、
90円近辺の値動きには、注目したいところですね。

ユーロの方は強いと言っても、それはまだ発言だけの事ですので、
積極的にユーロを売る材料は無くなったものの、買う材料にも乏しく、
次の材料待ちになるのかなと。一応テクニカル的に考えたら、
直近のレジスタンスが1・3388ドルで、サポートは1・3233ドルなので、
抜けた方に付いて行くのが無難かと思います。^^(現在1・3343ドル)

では年末にレビューした、ミラートレードの成績なのですが、
流石に年初からドル円がブッ飛んだので、素晴らしい成績になっています!
まず以前から設定している豪ドル円は、ここ60日間で+2446pipsに。
直近30日間でも、+1525pipsと絶好調。更に400pips近い含み益も有り、
まだまだ稼いでくれそうです。そして新たに追加したカナダ円ですが、
1月3日に初ポジとなり、+274pipsで決済。そしてこちらも360pipsもの
含み益が有ります。ちょっと残念なのは、もう少し早く導入すればですね。
余りにも絶好調でして、この30日間だけで、+2554pipsもの獲得ですし
2ヶ月間では+3668pipsで、全てのストラテジーで、
獲得pipsと評価ランキング1位になったのですから。^^:
(使用ストラテジーは、過去記事をお読み下さいませ。)

ズーキーパーは若葉マークです^^!→

★相場四方山話【14】

  • 2013/01/09(水) 20:15:59

★相場四方山話【14】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様です!

寒い日が続いてますが、まだまだこれからです。風邪などひかない様に

日々頑張りましょう~。では相場からですが、先にドル円からです。

ボラも低いのですが、緩やかな円高で推移していますね。

報道では来週の日銀金融政策決定会合で、インフレターゲットについて、

具体的な手段や、達成時期などの設定はしないとの事で、

これを理由にドル円の、調整の動きが強まった恰好です。

でも1時間足で見たら、82円どころから一気の円安だったので、

ここらで調整が入るのも、当たり前の動きかなと。^^

なのでまだ押す場面も有ると思いますが、基本は円安なので、

上昇の流れとなるまでは、焦らずジックリと待ちたいと思います。


次にユーロドルですが、これまた急激に下げていた事で、

何も材料が無くなると、利益確定の動きとなりました。でもこちらは、

明日(木曜日)の政策会合で、利下げするとの観測になっていて、

再び1.3000ドル割れをトライするかもです。発表後のドラギ総裁の

記者会見がまた重要でして、その近辺では大きく動きそうなので、

方向感が決まったら、しっかりと追いかけたいと思います。

(ドラギ総裁記者会見は、日本時間22:30からです)

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★マルチゲッター極について【1】

  • 2013/01/05(土) 20:31:22



逆転FX「Multi Getter KIWAMI」(マルチゲッター「極」)


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
全国的に冷え込んで、寒い正月となりましたね。週末はゆっくり休んで、
また来週から頑張りましょう! では早速相場の動きからです。

今週は財政の崖が回避された事で、リスクオンで始まりました。
特にドル円は大きい押し目もなく、87円台を一気に通り抜けて、
大引けでは88円14銭まで円安となりました。
これと対照的な動きとなったのがユーロドルで、2日のOPEN時は、
リスク選好で1・3300ドル直前まで急騰しました。でも財政の崖が
材料視されなくなると、次第に値を消す展開に。でもこれは自然な動き
でして、単純にユーロ圏の景気よりも、米国の景気が良いからですね。

雇用統計の結果は、ADPよりも期待はずれだった事や、失業率が
0・1ポイント悪化した事を嫌い、一時的にドルが売られましたが、
その後は円安基調に戻しました。またユーロドルは、利益確定での
買いが続き、1・3069ドルで引けていますが、これはもう来週にも、
1・3000ドルの大台を割って、安値を探る展開となるでしょうね。
なのでクロス円を狙う場合は、好景気の豪ドル円や、カナダドル円の
ペアを狙うのが、妙味の有る展開になるかと思います。

では今年初のレビューは、テクニカル派らしく、トレードシステムです。^^
この「極」の作者ですが、昔「Pips Getter」という、スキャルのシステムの
作者なのですが、その後「Trend Getter」や「CYCLONE-401」などの
EA開発をされている方でして、その点でもロジックに関しては、
充分信頼出来るシステムだと言えますね。

まず今回の「極」では、レンジに強くトレンドに乗れない欠点が有ったものと
トレンドには強いが、レンジで細かい損失が出る欠点のものを、
長所だけを融合させたものに仕上げています。なので前者の場合は、
取引回数を多くして、3勝2敗で利益が出るロジックで、後者の場合は、
1勝9敗でも資金を増やすロジックとなるのです。でもこの「極」では、
3勝2分や4勝1敗で増やすロジックに、仕上がっているのですね。

使う時間足は5分足以上で、時間足が長くなるほど、勝率も上がります。
また1通貨ペアで、1日4~5回程度のサインが出るので、(5分足で)
2~3通貨ペアの監視が良いでしょうね。またデイトレ感覚になるので、
トレード時間を長目に出来る方ほど、有利となるのかと。
HPのちょうど中ほどには、ユロドル1週間分の5分足チャートが
記載されていますが、ここでは32勝14敗・勝率69・5%です。
確実に損小利大となっているのが、目視でも確認出来ますので、
ご興味のある方は、是非HPを一読して下さい。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★新春のご挨拶

  • 2013/01/01(火) 16:09:43

★新春のご挨拶



サラリーマンの皆様、あけましておめでとうございます!

今年は財の象徴の、巳年となりますね。^^
まだ昨年の欧州危機とか、震災の影響も有って、しかも新政権です。
なので内外も大きく動きそうな一年となりそうですが、それも好機と思って
頑張って今年一年を乗り切りましょう~!

では早速ですが、たった今米国は、財政の崖回避策で合意しました!
もう本当にギリギリでしたが、ブッシュ減税の延長と、失保給付の延長。
一方で軍事費強制削減などの、財政健全化策は先送りで決着です。
んっ?!どこかの国と、結局は同じ対応でしたね。(笑)
違いは減税を延長した米国と、国民から更にむしり取る国の違いですか。

さてこれで明日からの市場は、大きく反応しそうですね。
ユーロドルはリスクオンとなり、いきなり上に窓を開けそうですし、
ドル円も同じで、投機的な円安が継続すると思います。
但しまだ正月ですので、多少商いも薄く、荒っぽくなるかもなので、
参加される方は、充分気をつけて下さいませ。
決して酒でも飲みながら!ってのはダメですよ。^^

では今年も宜しくお願い致します!
2013 1 1

ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。