スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【62】

  • 2013/02/26(火) 17:51:39

★相場雑感【62】



サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

いや~、遂にやっちゃった!!!って動きになりましたね。^^;

事の発端はもちろんイタリアです。始末が悪かったのは、それ以前の

報道でして、新聞各社が与党の勝利を予想。

更に出口調査までもが、与党有利と報道したからです。

この報道に乗ってユーロドルは、1・3190から1・3310ドルへ上昇。

そこで開票が始まったのですが、実際は大混戦となりパニック売りに。。

なんとか下院は与党がトップとなり、自動的に過半数となりましたが、

問題は上院です。法案通過に必要な過半数には、与党が届かずなので、

これからの状況は微妙なものとなりました。


この結果を受けて当然ながら、財政再建路線が崩れるのでは?と、

ユーロに売りが殺到。1・3310ドルから一気に1・3037ドルまで、

実に280pipsも暴落しました。それに合わせてドル円も急落し、

94・10円から90・85円と、320pipsもの暴落。

一番凄かったのがユーロ円でして、MAXで600pipsの超暴落でした。


ではこれからですが、一応最安値からは、どれもフィボの半値戻しを

達成してはいますが、先行きはまだ不透明ですね。

ちょっと欧州危機の再燃と言ったところですので、楽観視だけは

禁物ですが。。。一応テクニカルアナリストの予想としては、

ドル円は92・50~92・80円を上抜ければ、この急落も一旦終了とか

ですが、ボラも大きくなっていますので慎重に。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★プライスライナーについて【1】

  • 2013/02/23(土) 18:24:20



相場が見えてくる!!【MT4専用】プライスライナー(インジケーター)


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

いや~今週の相場は、ヘソ曲がりな動きとなりましたね。
まずはユーロドルですが、注目のドイツの指数は概ね好調でした。
ドイツZEW景況感指数も、予測を大きく上回ったのですが、
反応は一時的でして、木曜日の欧州PMIの発表から(結果は↓)、
大きく売られて1・31ドル台に下落です。その後は若干戻したものの、
金曜日にはキプロスの財政悪化が伝わり、1・32ドルへは戻さずに
大引けとなりました。どうやら市場の評価としては、ドイツ一国の景気より
フランスの景気悪化が重しとなっている様でして、今後の動きは
かなり不透明な展開です。

そしてドル円なのですが、ユーロが下落の場面では、ユーロ円主導で
売りが入り、一時93円割れとなったものの、米国景気の回復で、
次第に93円台を回復。しかし以前ほどは株高への反応も小さくて、
膠着した一週間となりましたね。

では来週ですが、もちろん注目は円の動きです。^^
週末の日米首脳会談で、TPPへの参加が決定した事で、
月曜日の日経は、輸出銘柄中心に大きく買われそうですね。
また次期日銀総裁候補として、アジア開発銀行の黒田氏と、
調整に入ったとの報道も追い風でして、週明けからの円安は確実と
なりそうです。ですがあくまでイベントですので、追いかけ過ぎると
利益確定に押される可能性も有るので慎重に。

ではレビューですが、今回は便利なMT4インジケーターを紹介します。
これはインターバンクの注文状況を、チャートに反映させるものでして、
オプションバリアーの表示もしてくれます。
ですのでどの価格に、注文が集まっているかとか、反発し易い価格。
抜ければストップロスを巻き込む価格などを、ラインで知る事が出来る
超便利なインジなのですね。使い方は色々ですが、バイナリーだったら
ラインの反発を狙ったり、スキャルだったらストップロスの誘発を
狙ったりと、様々な使い方が有ると思います。
またライントレードをされている方でも、先に注文状況を知る事で、
どこで抜けると速くなるか、どこで反発し易いか等が
分りますので、どなたにでも有用なツールになると思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【61】

  • 2013/02/20(水) 04:15:01

★相場雑感【61】

サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様です。

ん~。。。今週の予測としては、ユロドルもドル円も、無事G20を通過って
事でして、もっと高くなる(円安)と思っていました。
ドル円は確かに、週明けには窓を開けての円安でしたが、
その後は窓を閉める動きになって、93円台をフラフラと動いていますね。

またユーロドルも同じで、ドイツ景況感指数が強く、一瞬だけ上でしたが、
景気が良いのはドイツだけで、フランス・スペイン・イタリアのGDPの
悪化が重石となっていて、こちらも上値トライとはなっていません。

完全な材料難のパターンになった感ですが、ドル円は上値が重いものの
底ではしっかりと言った感じです。これには理由も有って、
米国景気が先行して回復。米国債10年物の金利も上がり、
ドルと円の関係は、まだ崩れていないからですね。

ですが現在の相場を難しくしているのが、ユーロの評価でして、
ドイツだけが一人勝ちです。また若干ですが、フランスが弱気発言を
していますので、欧州の回復が遅れる懸念も有って、円は先安感は
有るものの、ここらで利益確定が入っても、おかしくない展開なのですね。

まだG20の後遺症も有って、気楽にドル円は、上を試せないのも事実
ですし、ユーロも先行きが不透明となっていますので、
次のイベント(サプライズ)待ちって感じです。
近いところでは、日本の日銀総裁決定とか、米国の財政の崖問題の
回避決定が考えられますが、そこまでは重くなりそうですので、
焦って入らないで、じっくりと下も確かめて良いのかなと。^^

右手人差し指が折れるまでクリックをお願いします!→

★FX Trader ~SRB~について【2】

  • 2013/02/16(土) 16:36:12


Fx Trader~S.R.B.~


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

早々に相場ですが、まずはユーロドルの動きからです。
G20に向けて、要人からはユーロ高容認発言が相次ぎ、
後半は上昇すると思いましたが、欧州GDPが軒並み悪く反落。
フランスの産業再生相の弱気発言が伝わると、そこから大きく売られ、
1・34ドル半ばから、1・33ドル前半まで下落しました。

またG20前なので、ジリジリとドル円も円高に推移していましたが、
これを一変させたのが、NY連銀製造業指数のサプライズと、
ラカルドIMF専務理事の発言です。『通貨戦争の話は誇張されている。』
『主要通貨は適正水準から離れていない。』
『ユーロの上昇や円安は、歓迎すべき政策である。』

特に円安・ユーロ高容認発言に注目で、モルガンスタンレーの見解では
G20が終わったら、再びユーロ高・円安が再開するとしています。
来週はドイツ関連の指数が多く、ユーロドルはここが鍵になりそうですが
ドル円は米国指数が追い風になって、再び円安トレンドになると、
期待しても良さそうですね。^^

では~SRB~の続きですが、この教材を購入すると、
会員専用のSNSが利用出来る様になります。ここでは先に使っていて、
上達された方の手法や、入ったポイントなどを、数多くの方達が、
日々UPされています。それを常に閲覧するだけでも、
取引手法の上達に、大変役に立つかと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【60】

  • 2013/02/13(水) 02:14:48

★相場雑感【60】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
いや~要人発言連発で、ドル円相場は大荒れですね!^^;

週のスタートは予想通りで、ドル円・ユーロドルは切り返して始まりました。
ドル円は92円半ばから、一気に切り返して94円前半に。
ユーロドルは初動こそ遅いものの、ジリジリと切り上げて来て、
これを書いている時間には、週明けから80pips程上げています。

そして昨晩のドル円爆下げですが、たった1分で90pipsも下げました。
僅か1分前に、売りで入った投資仲間もおりましたが、(良いな~^^#)
その時は何が起きたか分らずです。結局はG7の共同声明に対して、
当初は円安が、暗黙の了解と解釈されていたのですが、
匿名のG7高官が、「円の行き過ぎた動きをけん制した内容だ」と、
発言したからですね。

G7ではフランスだけが、円安を議題にするとしていましたが、
ドイツ財務相からは、ユーロ高・円安容認発言が有りましたし、
米国も「円安は容認する。」となっていたので、ちょっと驚きでした。。

では今後ですが、早くもシティからは、ちょっと円安に弱気な発言も。
確かに週末のG20に向けて、急速に進んだドル円には、
色々と注文が入るでしょうから、週末に向けては、円安に動き辛い
展開になりそうですね。逆にユーロドルは予測通りに、
切り上げ易い展開になったと思います。ですので特に木・金は、
ポジション整理での円高に警戒です。

でもでも。甘利発言でも年度末までに、「日経は13000円を回復」と、
景気の良い事を言っている理由は、何も日本だけの動きでは有りません。
NYダウも最高値を、日々更新していますし、欧州の株価も急回復。
ですのでその流れに乗って、投資家の心理はリスクオンでして、
低金利&量的緩和の円は、売られるのが自然な流れだからです。

ちょっとG20通過までは、昨晩みたいな要人発言が入り、
荒っぽい展開も予想されるので、必ずストップだけは例えスキャルでも、
タイトに入れて取引して下さいませ。^^

空海のFX法力講座はこちら!^^→

★FX Trader ~S・R・B~について【1】

  • 2013/02/10(日) 20:08:17


Fx Trader~S.R.B.~


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
早速に相場なのですが、週の後半はドラギ総裁の記者会見を切欠に、
ユーロドルもドル円も、比較的大きい調整となりました。
思っていたターゲットよりも、多少突っ込んだ感ですので、
今後の動きが注目されるところですね。^^;

まずはソシエテ・ジェネラルの見解ですが、「ユーロの上昇の条件は、
明らかな米国債(10年物)の利回り上昇が必要だ。」と述べています。
また強気のバークレイズも、トレンドフォロー型の顧客も、
過剰な持ち高を取っていないので、この調整の動きは「健全」と
評価していますね。ですのでまだ少し押す場面は有っても、
基調はやがて上に戻すと考えている様です。

次にドル円の動きですが、ユーロ円主導で軟調だったところに、
麻生副総理が微妙な発言です。「我々の意図しない位に、いきなり90円
まで上がった。」と述べたのを切欠に、92円台まで円高です。
ですがこの発言は、次のG-20への応急処置だとの見方が多く、
今後も日本政府の景気刺激策は続くので、円安路線には変化なしと
見られていますね。BBHの見解では、早ければ週明けからでも、
円安路線に戻すとしていますが、日経先物も前日比よりも切り替えして
週末を迎えていますので、目線は再び円安で良いのかと。
ですがG-20までは、少し重い展開になるかもですけどね。

ではレビューですが、現在は裁量手法が真っ盛りですね!
以前紹介しました「マエストロ FX」もそうですが、中でも学習するには、
実際に動いている、チャートを見ながらが良さそうです。^^
この教材は以前に、「FX指南書」を販売されていた方ですが、
それをリニューアルされて、日々の動画で勉強するタイプになったのが、
今回の「FX Trader S・R・B」となります。
特徴はとにかく圧倒的にアップ回数が多く、リアルタイムに近い事。
ですので昨日見ていたチャートなので、非常に理解し易いと思います。

★この方も同様に、ブログランキング上位で書かれています。
タイトルは「SNS4期CLUB桃 MoMoのFX」です。
現在22位前後になっています。→

★黄金の株手法について【1】

  • 2013/02/08(金) 05:00:01



黄金の株手法<自動抽出編>


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

さてさて、早々に相場の動きなのですが、ユーロ調整の動きとなったのは
注目のドラギ総裁記者会見からです。内容は弱気と言うよりも、
慎重論だった感じなのですが、ユーロドルはどこかで利益確定をしたい
タイミングでしたから、週末も控えていて、これは当然の動きかなと。

1・34ドルには中東勢が、ストップロスを並べていたそうなので、
そこを狙って突っ込んだ感もありますが、重要なのはここで支えられるか
ですよね。ヒントとして考えるのは、ドイツの鉱工業生産が上向いた事。
またドル円は40pips程度しか、調整が入っていない事でしょう。
日経で見ても同じで、海外先物でも-80円程度で推移しているので、
金曜日はもう少し円高も有るかもですが、大きな基調は完全に、
リスクオンの状態が、継続されると考えて良さそうですね。

また1・34ドルに接近した時に、バークレイズが異常に強気でして、
やがては短期で1・37ドルに戻し、高値の1・40ドルを目指すと
コメントしています。なので1・34ドルを完全に割り込むかが、
短期での注目点だと言えます。

では昨日日経平均が、遂に「リーマンショック前の価格まで戻した」と、
報道されました。まぁそれ以前に日経では、ライブドア事件で
完全に信用を失い、大暴落が有った訳でして、やっとそこまで戻したって
事です。ですのでそれからFXが、急に流行った訳なのですが。^^;

なので私も久しぶりに、個別銘柄の価格を見たのですが、
「え!!!まだこんなに安いの?!」が本当の実感です。
また人気も無くなっていましたので、取引単位も小さくなっていて、
昔は1000株取引だった銘柄が、100~500株単位になり、
10万円以下でも、沢山の有名銘柄が取引出来るのですね。
あの有名な「ソニー」でも、100株で151900円で買えるのですから。

では今回の株の話ですが、当然ながら日経225は上がっています。
でも円安ですから、この中には輸入関連も含まれているので、
実はそこそこ足を引っ張っているのですね。なので単純に、
輸出銘柄の動きを見ますと、先程のソニーは、この2週間だけで、
1000円程度から1510円に。つまり50%も値上がりしています!
またトヨタでも+14%。パナソニックが+26%(ここ2週間にです)と、
ドル円やユーロ円等とは比較にならない程の、超加熱ぶりなのですね。
勿論輸出関連でしたら、小型株なら2週間で2~3倍って銘柄も、
沢山存在しています。

そこで本題ですが、実はFXと違って、株式で必ず困るのがコレです。
つまり銘柄の多さでして、どの銘柄が良いかを選別しないと、
この円安効果の日経でも、余り美味しくは無いのですね。
その選別をするのが「スクリーニング」でして、色々なテクニカルを使い、
現在「急騰直前」を調べたり、「「底値から反転」などを調べることです。
それをやってくれるのが、今回の商材となるのですね。
安全に儲けるなら、大型の東証1部銘柄がオススメですし、
一気に円安に乗じて儲けたいなら、小型(資本金・発行枚数が小さい)が
お勧めです。どちらも意外な程、以前より安価で始められますので、
株式投資に経験の無い方でも、この円安の機会には、
一度勉強されてみては如何でしょうか。
(FXの方が、ずっと難易度は高いですけどね^^)

日ハム大谷は、Pから先にやれ!ダメならFXやれ!^^→

★DEALING FXについて【1】

  • 2013/02/06(水) 00:19:58



Dealing FX ~プライスアクショントレードマニュアル~


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
いや~今夜未明から、関東他の太平洋側では大雪とか。(汗)
通勤には帰りも含めて、充分ご注意して下さい。

では早々に相場ですが、流石にここまで上がった事も有って、
昨日からはドル円・ユーロドル供に、調整が入る展開でした。
その調整基調を一変させたのが、白川総裁の辞任報道です。

とは言っても本日付けって意味ではなくて、任期満了の4月8日より早い、
3月19日としたのですね。これは5年前に数週間も、総裁の座が
空席となって混乱したのを避ける為でして、これを市場が好感した為です。

報道から5時間の間に、ドル円でも100pips上げていますし、
株式も調整の-1・9%安から、先物で-0・4%まで戻しているので、
この円安は、余り押し目を待っていると、乗り遅れになりそうですね。^^;

それとスペインとイタリアの、政情不安で下げた(良い訳レベルですが。。)
ユーロドルですが、バークレイズは強気でして、短期的に1・37ドルまで、
回復すると見ています。更に越えた場合は、中期で1・38ドルまで
有るとしています。逆に押し目が入った場合は、1・34ドルが節目で、
そこを割り込むと弱気転換と考えてますね。

ん~でもこの円安は、かなりユーロ円が主導している感じなので、
ドル円が円安ならば、ユーロドルもシンクロして上と思っても良いのでは。

ではレビューですが、これまた王道の手法マニュアルですね。^^
もう私が色々と書くよりも、先に読んで頂いた方が早いのかと。
それと言うのも、この作者さん。このブログランキングの上位で、
ブログを日々書かれているからです。驚きなのがその内容でして、
ちょっとした商材レベルなので驚きました!^^
ですので販売ページよりも先に、ブログを読んでみてはと思います。

★商材と同じタイトルで、現在3位近辺です。→

★マナブ式FXについて【4】

  • 2013/02/03(日) 03:33:42



マナブ式FX完全マスタープログラム


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
急にポカポカの週末になりましたが、インフルも流行っているので、
出掛けるとしても、なるべく人ごみは避けたいところですね。

では早速相場の動きですが、まずはユーロドルからです。
これは水曜日のレビューで、米国大手ディーラーの予想を書いたのですが
その予測も一気に越えて、1・37ドルまで到達しました。
実際の雇用統計は若干弱かったのですが、その前から市場予測として、
強い数字が出るとして、ユーロドルもドル円も急伸していて、
実は発表前には、1・36ドル台に乗せていたのですね。

結果として、チョイ悪の数字になったのですが、その後のミシガンや、
ISM製造業の数値が上向きだった事で、再び買いが入る展開となり、
1・37ドルを達成してから、最後は1・36ドル半ばで引けました。

次にドル円ですが、実はこれもそっくりの動きでして、木曜日からは
一本調子に上げ続け、雇用統計後は一瞬93円に近づきました。
最後は92・75円で終わっていますが、動きは完全にユーロ円主導の、
リスクオンとなっている様です。

では来週なのですが、日経CFDも日本時間の終了から、
1・14%も上昇して引けていますので、月曜日は日経も高く始まります。
その相乗効果で、円安も拍車が掛かるかとは思いますが。。。
来週は大きなイベントが無く、日銀政策決定会合は13~14日に。
またG20や日米首脳会談も、再来週のイベントですので、
利益確定との交錯で、重くなる可能性が高いですね。

でもドル円は、95円の目標に向けて、乗り遅れたくない心理も有って、
浅い押し目となるかもです。その見極めとなるのが、ずばり日経でして、
日本の株式は、「外人買い」に60%も支えられているからですね。
なのでリスクオンとなれば、必ず日経が上がって終わりますので、
それを参考にして、日々EU・NY時間の取引に生かせればです。
(これはずっとここ何年も、不変な動きですけどね^^)

ここでちょっと、国民性の違いでしょうか?
実は日経の株式上昇に於いて、国内の個人投資家は懐疑的でして、
円の買い持ちを崩していないとかです。^^;
つまり自民党の、この政策は失敗すると、国内の投資家は未だに
思っているって訳でして、この人達が本当に買いに向かえば、
更に95円も突破するでしょうし、自民党が舵取りを誤れば、
「やっぱりね」って事になるでしょう。それは兎も角として、
安全通貨と見なされている円ですから、円高=株安。円安=株高の
連動制は、頭に入れて取引したいと思います。

ではレビューですが、余り人気にならないのがコレですね。^^
このマナブ式FXは、世界で最も使われていると思われる、
THVシステムの手法解説マニュアルなのですね。でもこれまでに、
無料で手に入るインジは、星の数ほど有りますが、その意味を知って、
トレードに活かせているインジって、本当に少ないと感じます。
その理由としては、各自のトレードスタイルの違いでしょうか。
1回3~5pipsでも、高勝率を積み上げたら、良いと感じる人。
20戦15敗でも、獲得pipsが高ければ良いと考える人。様々ですから。
でもこのTHVなら、基本姿勢は明記されているので(主に5分足デイトレ)
それに自分が合うと思えば、使う事をお勧めします。
世界で最も使われているシステムですから、当然ながら、
負けるシステムなら誰も使いませんので、その優位性をこの商材で、
充分使いこなして頂きたいのですね。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。