スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【111】

  • 2014/02/27(木) 23:14:38

★相場雑感【111】



サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

やっと少し暖かくなって春も近いかなと感じます。梅が見頃になっていて、
週末にでも散策に行こうかなと思ってます。^^

では相場なのですが、やっぱりキナ臭い動きですね。
その理由がやっぱりウクライナ情勢。プーチン大統領が軍のチェックに
動いた事で、一気に軍事衝突の懸念が深まりました。

これでルーブルが急落。ロシア株も急落した事で、リスク回避が高まり、
ユーロが売られて、ドルと円が買われる展開です。

また中国の経済失速懸念も根深く、日経も銀行・不動産株が足を引っ張り
軟弱な展開なのも、円高に影響していますね。

今回のこの動きで、ドル円は102円を割れて、101・71円まで
円高となったのですが、米国コア耐久財受注が予想を上回る好結果。
これを受けて、現在は102円台に復帰しています。

まぁどちらかと言うと、良い材料には敏感ですので、中長期的には円安。
それは良いのですが、ウクライナ情勢が見えないので、
上も重たくなっていますね。。^^;

それで現在のウクライナですが、かなり危険な状態です。
現政権とロシアの戦闘が濃厚ですので、この情勢次第では、
リスク回避のユーロ売り・円買いが、まだまだ継続しそうですね。

また明日は金曜日。不透明な状態のまま、週末を迎えるとなると、
先にリスク回避に動くので、明日は特に円高が進むかなと思います。

日本人には馴染まないのですが、ウクライナのNEWSには、
特に注意したいところですね。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★相場雑感【110】

  • 2014/02/26(水) 02:51:16

★相場雑感【110】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
やっとチビ暖かくなりましたが、今度はPM2・5が飛来ですか。。
中国が領空識別圏を設けてますが、こっちが領空侵犯なんですけど。^^;

では相場ですが、予想通りでレンジでの推移ですね。
でも怪しい話が満載で、押し目を狙うのも、多少躊躇する展開です。

まず1つがウクライナ情勢。この事案は日本人には馴染みが薄く、
良く分からない部分も多いのですが、この混乱でユーロやドルが売られ、
若干ですが、円買いの材料となってますね。

まぁデフォルトなんて物騒な言葉が出てますが、そもそもウクライナの
債務は殆んどがロシア。それも天然ガスの不払いが原因ですから、
欧米や日本には、全く関係の無い話。
ですのでカントリーリスクって程のものでは有りませんけどね。

次が中国株の急落です。これは前回のHSBC・PMIが、
素直に反映されたものですが、今週に入って急落が止まりません。
連日2%を越える下落ですから、日経に換算すると1日で300円安程度。
これならやがては、資源国・新興国の下落に繋がるので、
このリスク回避は当然かと。

そして最後がリッチモンド連銀指数と、消費者信頼感指数の悪化です。
リッチモンドは米国東部で、これと言って重要な地域ではないのですが、
人口は米国で12位。約9%ですから、それなりに影響が有ります。
それが一気にマイナスに落ち込み、消費者信頼感指数も悪化。

ここまでが今週の円高・ドル安の原因なのですが、中でも警戒すべきは、
HSBC・PMIの後遺症ですね。確実に中国経済は悪化しており、
それも急激にです。これが今後の市場に影響するのは確実なので、
推移を見守る必要は大きいですね。

中国の失速は、中国が嫌いな日本人や、米国の共和党には、
「ザマミロ!」なのですが、米国債を一番買っているのも中国です。
また日本企業も下心で、日本を捨てて過剰に進出しているので、
これは日本も一蓮托生に近いのですね。。
つまり中国の失速=世界経済の失速。リスク回避も当然なんです。

今のところは102円がバリアーで、シッカリ感を出していますが、
買いで入る場合は、もっと引きつけて101円台の中程が良さそうです。
まぁ短期だったら、回転を効かしても構いませんが。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【109】

  • 2014/02/23(日) 18:16:55

★相場雑感【109】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

いよいよソチも閉幕ですね。注目だった真央ちゃんですがSPで失敗。
でも最後の演技は最高でした!^^ メダルこそ獲れなかったのですが、
金以上に光ってました。それだけで充分満足だと思いますね~。

では相場なのですが、注目だったHSBCのPMIは、前回よりも更に悪く、
49・5から48・3まで悪化。この数字に驚き、さすがにオセアニア通貨は
急落したのですが、前回の様に新興国家の通貨暴落とはならずで、
時間が経つと落ち着きました。

これで買い安心感が広がり、次第に相場はドル高円安に。
102円近辺だったドル円も、緩やかな上昇を続けて、102・83円の
高値まで上昇。その後は週末のG20への警戒から反落。
大引けは102・53円となったのですが。。。

どうにも不自然な動きなのですが、これは前回のHSBCで大騒ぎして、
買い残が激減していたので、解消売りが少なかった事が原因かと。

もう一つは日本の貿易収支ですか。。先月も2兆8900億円の
赤字ですから、悪い意味での円安って事ですね。
(早く原発も動かさないと、かなりヤバイ数字ですけど。。^^;)

では来週なのですが、金曜日のNY時間には、FRB関係者の発言で、
「QE3のテーパリングのスピードは緩和しない。」と出た事でNYが反落。
そこから手仕舞いの動きが加速したので、円安の上値も重そうですね。

でも下値もしっかり感なので、しばらくはレンジが続くと考えてますが、
売り圧力の弱さが目立っているので、落ちたら拾うと言うところです。^^

森元首相が、トリプルアクセルを跳ぶそうです!^^→

★プライス・ライナーについて【5】

  • 2014/02/19(水) 20:42:02



相場が見えてくる!!【MT4専用】プライスライナー(インジケーター)


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

大雪の影響が凄いですね。。オリンピックをやっているソチよりも、
関東の方が雪が多そうで、シャレにもなりません。。^^;

では相場ですが、日銀が貸出し支援制度の規模を倍増ですね。
期限は今年3月一杯から1年延長。供給枠は3・5兆円から、
7兆円としたのですが。。

この追加金融緩和とも言えない処置に、なぜか市場は過剰に反応。
一気に1円近い円安となったのですが、その後は利益確定と、
NY連銀製造業指数の悪化で反落です。

ZEW景況感指数も弱かったのですが、こちらは担当者曰く、
前回の新興国通貨の暴落の、後遺症との事で反応薄。

NY連銀製造業指数や、NAHB住宅の悪化は、日本と同じく悪天候が
原因なのですが、こちらは重視された為に、利益確定が大きくなった
印象です。その後も円高は継続されて、現在は102円の攻防ですが、
それだけに日銀を材料に、ドルを買い過ぎだった感じですね。^^

では今後ですが、チビっと市場は楽観的な動きで、円安が優勢ですが、
問題は明日ですね。まずは未明にFOMCの議事録公開。
昼にはHSBCのPMI。夕刻にはドイツのPMI発表で、
夜は米国CPIと、失業保険他多数有ります。

どれで反応が大きいかで、今週の流れが決まるのですが、
前回みたいなHSBC・PMIの騒ぎだけは、避けて貰いたいですね。^^;

では何回か紹介した「プライス・ライナー」です。
現在のファンドは、リアル系(材料で短期売買を繰り返すファンドと、
モデル系(EAを使っての短期売買)が一般的です。

でも巨額の年金を扱う機関投資家や、実需取引をする企業等は、
先にストップを入れるのが一般的なのですね。

プライス・ライナーでは、この機関投資家や実需筋が置いたストップが
表示されるので、どこで反発し易いか、抜けたらストップロスを
巻き込んで、一気に動くのかが分る、とても役立つインジです。^^

あ!竹内が日本女子初の銀メダルですね!^^v

同情するなら金(きん)をくれ!(古#)→

★相場雑感【108】

  • 2014/02/15(土) 22:41:07

★相場雑感【108】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

羽生くん、やりましたね!!!ちょっとミスの多いフリーでしたが、
プレッシャーは他の選手も同じ。素晴らしい結果を出してくれました!

それと週末は東日本が大雪ですね。。色々と事故も起こっている様
ですので、今後も気をつけて下さい。

では相場ですが、注目だった中国関連の指数が好調で、
無事クリアとなりました。そして米国のイベントクリアの影響で、
今週の主役は段々と豪ドルに。

中国関連の指数が好調で、ここまで上げていた豪ドルですが、
木曜日の雇用統計が急激に悪化。これで相場全体がリスク回避となり、
ドル円は101円台まで円高に。その後も方向性は変わらずで、
軟調なまま、ドル円は101・80円で引けました。

この豪国の雇用ですが、16年にフォード。17年はGMとトヨタが、
現地での生産から撤退を決めています。理由は豪ドル高と、
現地の賃金高騰ですから(元々イギリス系は高賃金)、
今後は他の業種でも、撤退が多くなりそうですね。。

では来週なのですが、やはり注目は米国以外となりそうです。
まず火曜日は、独ZEW景気期待指数です。この数字は最近、
少しずつ上昇傾向ですので、(2013年8月から、6ヶ月連続上昇)
1月の61・7を上回れば、ユーロの上昇が見込めますね。

そして最重要なのが木曜日。前回は株の暴落の原因となった、
中国HSBCのPMIです。 これは中国政府の発表ではなくて、
HSBC(香港ドルを発行している、英国系のメガバンク)の発表ですので、
市場のインパクトは大。特に豪ドルの動きが注目されている時なので、
もしも前回同様に、50より下の数字となると、また混乱が予想されます。

木曜日には米国でも、CPIや失業保険関連の発表が有りますが、
とにかく今週は、HSBCの数字一つで、今後の流れが決まりそうです。

最後に余談ですが、週末の手仕舞いが、多少キツく感じます。
NYダウが1%近く戻したのですが、日経先物の戻りは弱く、
ドル円は102円を回復出来ませんでした。

これは市場参加者の多くが、「まだ先行きは悪い」と警戒しての
円買いですから、来週は下への警戒が必要なところですね。^^;

後は浅田と複合団体に期待!^^→

★TURBO FXについて【7】

  • 2014/02/12(水) 19:22:29



TURBO FX~3ステップ・トレードシステム~ 最速でFXトレーダーになれるサインと共に一生付き合えるロジックも手に入れて下さい。

サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

やっとの事で、日本がメダルを獲得ですね!でも本命が4位だったので、
本当は金が欲しかったところですが。また高梨選手は、風に恵まれず。。
可哀そうな結果ですが、まだまだ若いので、4年後にですね!^^

では相場ですが、イエレンさんの議会証言と、共和党が債務上限の
引き上げに合意した事で、NY時間に安心感が広がり、
やや円安で推移しています。

でも基本的には小動きで、次の展開待ちというところですね。

中国の貿易収支は、大幅な拡大でしたが、材料視はされず。
あと動くとすれば、今夜未明のドラギ発言と(0:30頃)
明日の米国小売売上。

金曜日の中国CPI・PPIと、夜の米国ミシガン程度で、
中国CPI・PPIが無事通過ならば、また円安に戻りそうな動きですが。。

但し昨夜のNYの上昇も(僅かですが)、翌日には消化されているので、
余り決め打ちはしない方が、良さそうな展開ですね。

ではまたまた「TURBO・FX」のレビューです。
このシステムは、ボラが高い時ほど、勝率が高くなる傾向が有りますが、
良い組み合わせは無いかなと、思い切ってスパンモデルのチャートに
組み込んでみました。(作者様すいません^^;)

しかしこれが結構イケてまして、スパンが買いのゾーンの時に、
TURBOが同一方向のサインを出せば、信頼性が高くなっているのですね。

使い方としては邪道ですが、どちらもシッカリとしたものなので、
当然と言えば当然です。

2つのシステムをお持ちの方は、1度お試しあれですね。^^

羽生の金の為に、パトリックよコケてくれ!^^→

★相場雑感【107】

  • 2014/02/08(土) 17:34:02

★相場雑感【107】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

いや~日本中が大雪ですね!何でも20年ぶりだそうですが、
週末なのが唯一の救いです。雪に慣れない方は、車の運転や
歩く時の転倒に、充分気をつけて下さい~。

さてさて相場ですが、水曜日にはADPの悪化、そして未明のISM
非製造業指数の上ブレで、101円前半での動きとなりました。

この流れを変えたのが、木曜日のドラギ発言ですね。(ECB総裁)
今回は市場の方でも、何らかの金融緩和策が出ると予測されてて、
ユーロ売りが先行していましたが、結局は何も出ずで、一気にユーロの
買戻しとなりました。

ユーロ円でも大きく買われた為、ドル円も次第に円安となり、
ドル円は102円まで戻して、金曜日の雇用統計を待つ事に。

今回の雇用統計は、ISM2つの結果がマチマチ。ADPは悪く
失業保険関連は回復と、ちょっと予測が困難でしたが。。。

予測18・5万人増に対して、結果は14・2万人増と下回り、
直ぐに市場はドル売りで反応です。数分で60pips程度売られて、
ここまでは普通の反応ですが、この後は巻き返しの展開に。

これはNY株が買われたからですが、理由ははっきりしませんね。^^;
専門家も色々なコメントが出ているのですが。。

①これでQE3のテーパリングが、遅くなるのではと考えて、
資金が株式に流れた。

②予測値が元々高かっただけで、実際は失業率も低下。
量的緩和の影響はないとの考えで、買いが入った。

③製造業の伸びが心配されたが、実際は伸びており、数字悪化の原因は
政府関係の雇用数が、大きく減った事だけだった。

ん~①はどうかなと思いますので、②と③が正解って事でしょうか。^^

では来週なのですが、今回の新興国家の通貨・債券の急落で、
有力ファンドのいくつかが、たった1ヶ月で10%の資金を失い、
解散に追い込まれたところも有るそうです。

ですから今後も、新興国の動きには、特に注意が必要かと。
水曜日には、ずっと旧正月だった中国の貿易収支です。
そして金曜日は中国の、PPIとCPIの発表ですね。

前回の騒動も、HSBC製造業指数の悪化だったので、
この2つが来週は、最も注目の指数となりそうですね。

さてさて、スノボでメダル1号なるか?!→

★最強スパンモデルについて【4】

  • 2014/02/04(火) 20:27:59



最強スパンモデルFXプレミアムPDF版(DVD特典付)


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

いや~、ジェットコースターの様な気温ですね。先日はポカポカ陽気で、
今日はいきなりの寒波で、10度も低い気温です。^^;
急落は相場だけで、カンベンして欲しいのですが。。

その相場ですが、ちょっとまずい展開ですね~。
先週からの新興国通貨の暴落に、まだ歯止めが掛かってなくて、
世界同時株安が続いています。

それだけだったら、やがてはドルの独歩高が期待できるところなのですが、
なんと昨夜の米国ISM製造業指数。景況指数が予想56・4に対し、
結果は激悪の51・3! 雇用指数も予想55・8に対して、52・3と急落。

なんとかサポートで機能していた、101・50円も一瞬で破られて、
一時は100・75円までの急落です。

今週は金曜日に、雇用統計を控えているのですが、肝心の米国が
これですから、今回のリスク回避は、まだまだ終わりそうにないですね。

今回の円高は世界の株式と、連動して落ちているので、
重要指標発表以外の動きは、日経先物を見るのが便利です。^^
http://sekai-kabuka.com/

日経の引け値に対して、日経先物が高くなれば円安。安くなれば円高
ですので、15時以降の動きの参考にして下さい。

ではレビューですが、先日「雲の下に出た」と書いたのがこれです。
基本は1時間足や5分足なのですが、HPにも書いている通りで、
どの時間足でも、有効なものになっているのですね。

私は短い時間足での、スキャルが専らなのですが、
方向性を見るのは長い足。それを参考に仕掛けるルールは、
「スキャルマスター」などと同じです。^^

プチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【106】

  • 2014/02/02(日) 15:47:59

★相場雑感【106】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

いや~、今年も2月となりましたが、いきなり大荒れの展開ですね。^^;
米国の緩和縮小のシナリオは、ずいぶん前から分っていたのですが、
その副作用がここに来て、急に表面化したと言う感じです。

きっかけは中国PMIの50割れや、FOMCでの連続縮小なのですが、
一気に新興国家の通貨が暴落し、債券や株式も急落しています。

新興国の一部では、ロシアの様に無制限介入を声明したり、
トルコの様に、大幅な政策金利を上げたりと、一応の対処は見られる
ものの、国力に見合った価格まで落ちないと、この騒ぎは収まりそうにも
ないですね。

では今後ですが、先日1日に発表された、中国製造業PMIが、
50・5となった事で、(政府発表。前回はHSBC)これをどう取るかです。
前回は50割れでしたが、なんとか政府発表では50をクリア。
正月の生産減を含めると、それほど悪いとも言えない数字です。

これはもう、月曜日の反応を見るしか有りませんが、週末に日経は、
先物で310円も下げているので、これを埋める動きとなるか。
はたまた先週から続く、新興国の急落懸念を払拭できずで、
日経・NYダウが売られる展開が続き、円高路線の継続となるかですね。

どちらかと言うと、まだまだFRBの緩和縮小は始まったばかりでして、
今年一杯は継続するでしょうから、新興国からの資金回避は続きます。
なのでこれに市場が慣れるまでは、混乱も続くかなと。^^;

一応はシカゴ購買部指数や、ミシガン信頼感指数は、どちらも強い
数字だったので、新興国のゴタゴタが収まれば、またドルの独歩高で、
円安路線となるのですが、懸念材料の方が大きいだけに、
慎重に見極めたいところですね。

それとテクニカルでは日足レベルで見ると、雲の下に出たところです。
直ぐに切り返せないと、長期の円高路線となったり、レンジの横這いに
なりそうな形なのですが。。

オリンピックもチト物騒ですね^^;→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。