スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【116】

  • 2014/03/30(日) 20:14:31

★相場雑感【116】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
もう桜も満開おなり、プロ野球も開幕!春たけなわと言ったところですね!

では困ったちゃんの相場ですが、ウクライナ情勢はやや手詰まり気味。
相場を動かす材料も無いので、ずっと重たい展開となりました。
でも段々と慣れて来たのか、そろそろ次の展開も。

そこに出たのが、中国李克強首相の、「経済成長率を、妥当なレンジで
維持する」との発言です。この発言を手掛かりに、資源国通貨の
カナダドル・豪ドル・NZドルが一気に買われたので、
それに連れて円安・ユーロ高となりました。

ま~李克強首相の経済政策は、「リコノミクス」と呼ばれてまして、
官製バブルの原因だったり、近年のシャドーバンキング問題の
原因とも言われてますので、この発言がどこまで具体案が有るかは
?マークですけどね。^^

まぁそれでも年度末を迎え、盛んだったレバトリも終わる頃です。
また日本は増税となりますが、これは円安の材料となりますので、
来週は上値を試す動きが、期待出来ると思っています。

但し!前回は無視気味だった中国HSBC・PMIですが、今回も中国要人の
発言での動きですから、更なる悪化となれば、巻き戻しも考えられます。
なので4月1日の10時45分からの動きには、注意が必要かと。^^;

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★FXスキャルボムについて【1】

  • 2014/03/25(火) 18:49:08



FXスキャルボム


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

今日は東京でも桜が開花とか。週末にはお花見の季節ですが、
余りハメを外さない様に。^^

では相場ですが、G7は各国の思惑が揃わずで、具体的な制裁案は出ず。
次に中国不安は、フィッチが「中国で金融危機が起こる可能性は低い。」
と発表した事で沈静化。結局上にも下にも行けない展開ですね。

その中で大きく動いたのがユーロドル。昨夜未明に大きく買われましたが、
買い材料は全く無かった事から、誤発注との噂です。

また中国PMIですが、更に悪化の数字となるも、先にフィッチの発表が
有った事から、これも反応の薄い動きとなっています。

では今後ですが、ウクライナ情勢が不透明なままで、世界は分裂・冷戦の
危機となりましたが、今後の展開も読めずで、重たい展開ですね。。

またフィッチが火消し役とはなりましたが、先日中国の銀行で、
取り付け騒ぎが有った事からも、また再燃する可能性も有りますね。

一応ドル円は102円台で安定してますが、こんな状況では上にもです。
また危険な材料が満載ですので、しばらくレンジも已む無しですか。。

ジョージ・ソロスが「2年以内に中国は終わり」と発言。ジム・ロジャースも
5年前に「中国の時代が来るが、到来と同時に終わる」と発言とか。
(夕刊フジ抜粋)マジで息苦しい展開ですね。^^;

では久しぶりに1位となった、FXの商材レビューです。

成績はTURBO-FXと似ていて、概ね70%程度の勝率ですね。
TURBO-FXは3つのロジックが使われていて、その全ての条件が揃えば
GOサインの矢印が出ますが、このスキャル・ボムは3種類が、
別々のサインを出す様です。

相場転換・順張り・逆張りの3種類ですが、その為かTURBOよりも、
トレード回数は少し多目ですね。まぁ成績面ではスキャルですので、
大きく負け越す事もなく、毎月無難にコツコツと稼げそうです。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【115】

  • 2014/03/20(木) 20:48:09

★相場雑感【115】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

もう春分の日ですが、温度は三寒四温ですね。急に寒くなったり、
暖かくなったりの繰り返しです。またインフルも流行っているので、
風邪には気をつけないとですね。

では相場なのですが、注目だったFOMCで、いきなり来年の利上げを自供。
発表直前の101円ミドルから、一気に1円安となる動きになりました。
そこからは、またまた膠着状態となっていますね。

では今後なのですが、シッカリ感は有るものの、2つのリスクが重石と
なっています。その1つが、もちろんウクライナ情勢ですね。
オバマさんが「軍事力は使わない」と言ったことで、一服感は出てますが、
事態はどんどん悪化しています。

クリミアがやったから俺達もと、次は独立に向けて、モルドバが動く事態に
なっていて、親露派のロシア編入の動きは、全土に広まりそうですね。。
ちょいと内戦の気配も有るので、しばらくは目が離せない状態です。

そしてもう1つが中国です。円安になった今日の日経が、
逆に売られた原因ですが、中国の李首相が「現在の状況では、
債務不履行は避けられがたい」とデフォルト容認発言。^^;

これで中国債券市場が疑心暗鬼となり、怪しいところが売り浴びせられ
たのですが、中国では近い内に、理財商品(小口の投資信託)も
デフォルトするとの懸念も強まっています。

確かに米国は順調に回復しているのですが、この2つのリスクが
強まれば、また101円台に逆戻りですね。特に今後の中国株式の
動きには、要注意だと思います。

もうすぐ球春の季節です^^!→

★相場雑感【114】

  • 2014/03/15(土) 14:17:41

★相場雑感【114】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
今回は重大な局面ですので、いきなり本題です。^^;

まず今週の動きですが、中国CPIの弱さに反応して始まりました。
そして木曜日の中国小売売上も予想通りに悪化で、更にドル売りとなり、
ドル円は緩やかな円高に。

その後の米国小売売上は強く、失業保険関連も回復基調だった事で、
少し反発していたのですが。。。

その後ケリー国務長官の、「選挙を実施すれば、制裁処置を実行する。」
この発言で一気にリスク警戒ムードとなり、ドル円も102円も割込み、
101円台中盤に。金曜日もリスク回避は止まらずで、101円台前半で
揉みあって引けました。

さてさて、かなり混乱気味のウクライナ情勢ですね。。
第三次世界大戦の火種になると言う、物騒な話も出てきてますが、
まずは実際のところ、どの程度の制裁となるかです。

EU連合の話では3段階になっており、最初がビザ自由化協議の凍結。
次に紛争解決に向けた話し合いに、ロシアが応じなければ、
政府幹部の資産凍結と渡航禁止。更に事態が悪化した時は、
貿易規制の強化となっています。

ですので、直ぐの話でも無いのですが、怖いのがロシアの報復です。
ロシアは外貨保有高が世界3位ですので、米国債を売る可能性も。
そうなると米国金利の上昇はもちろん、新興国通貨も直撃。
経済が大混乱に陥る可能性も有るのですね。^^;

ですので週末に何か有れば、月曜日はブラックマンデーになる可能性と、
恐ろしい見出しの記事も見かけたので、月曜日のウクライナ情勢には、
特に注意が必要です。(日本時間では深夜ですが)

ここまでは不安を煽る記事ばかりですが、ロシアもEUも経済の混乱は
避けたいところなので、どこかでロシアが引いた場合。
元々米国小売売上は順調に伸びていて、雇用関連も順調ですので、
一気に103円台後半に、ドル円も円安となりそうですが。

まぁ来週もウクライナ情勢次第ですので、関連のNEWSはコマメに、
チェックしたいと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★TURBO FXについて【8】

  • 2014/03/12(水) 20:27:00



TURBO FX~3ステップ・トレードシステム


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
急に暖かくなって、やっと春らしい陽気になりました。
まだ寒の戻りは有るそうですが、やっと春本番となりそうですね。^^

では相場なのですが、週末の中国CPIの悪さが、モロに波及してますね。
それにマレーシア航空機墜落事件や、ウクライナではクリミア自治区が、
独立してからロシアに編入を宣言。この国民投票が16日に迫っており、
リスク回避の動きが強まっている展開です。

更に中国では、先週に債券市場での、社債のデフォルトも有って、
経済の急失速が懸念されています。それが原因で、豪ドルが売られて、
LME銅の先物相場も暴落。それが原油にまで波及して、
商品相場を巻き込んでの騒動となっていますね。^^;

では今後ですが、今日は日経も393円安と急落ですが、
その後も先物市場は軟調で、現在は500円安近辺に。それが世界同時
に起きているので、まだ円高基調と思って良さそうです。

注目の指標は、今回も中国の景気悪化ですから、明日の14:30からの、
中国鉱工業生産ですね。これまでの数字を見れば、これも下となりそうで、
余りに悪い結果となれば、また日経急落⇒更なる円高ですので、
14:30からの動きに注目です。

それと週末には、クリミアでの国民投票が有り、(本当にするのかな?^^)
墜落事故もテロの可能性が残っているので、今週はドルを買いにくい
展開が続きそうですね。

ではチビ久しぶりに、TURBO-FXのレビューです。
こういった矢印系のシステムは、人気となる時期が短いのが特徴です。

でもこのシステムは、時々ベスト10に入ってくるのですね。
その理由は安定性でして、5分足レベルの取引では、好成績が続いて
いるからです。

まぁ本来は1分足のスキャルが本命ですが、のんびりやりたい方にも、
充分使えるシステムなのですね。

自分はずっと1分足ですが、ちょっとしたコツとしては、
5分足にADXを出して、そのDIが25以上に有る時に、(ADXではなくて)
1分足で同じ方向にサインが出たらGO!ですね。
これだけでも、充分勝率を上げられるので、試してみて下さい~。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【113】

  • 2014/03/09(日) 15:14:49

★相場雑感【113】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
やれやれですね。もう3月なのに冷え込み、それで花粉症真っ盛りです。
少しは暖かくなって欲しいのですが、こればかりはですね。。

では今週の相場ですが、久しぶりの「空振り三振!」ですね。
専門家の情報も同じでして、勘の超悪い一週間となりました。^^

まずはウクライナ情勢ですが、プーチン大統領のインタビューで、
即時侵攻が無いと思った投資家が、ドルとユーロの買戻しです。
これでドル円も、102円台に踏み上げたのですが。。

次が噂の有ったECBの動きですが、前回のPMIが強かったので、
予測された証券の不受胎化停止も出ず。これでもう一回踏み上げて、
一時ユーロは1・39ドルに乗せる動きに。

まぁここは、2011年秋の高値ですので、抜くのは簡単には行きません。
でも抜けたなら、1・4ドル以上の展開となるレベルなので、
踏み上げれるかは、注目の価格帯となっていますね。

そして一番の不意打ちが、水曜日の厚生省の発表です。
年金基金の運用を、これまでの日本国債中心から、多少分散させて、
分割運用するとの事。これが昼前に出て、後場から日経が急騰~。
それを追ってドル円も、102円後半まで押し上げる円安となりました。

そしてトドメなのが雇用統計です。ADP雇用統計は予測の-2・1万人。
直後のISM非製造業雇用指数も50割れの47・5ですから、
完全に騙されましたね。^^; これなら本番の雇用統計では、
12・4~14・5万人増となるので、直前では下るってのが常識です。
まぁ寒波の影響を考慮していて、ISM製造業でも落ちなかったので、
瞬時に下落して、その後は持ち直すってのが、仲間内の予想でしたが。。

でも発表は予想を大きく上回る+17・5万人増!(ゲゲゲ!!!)
これに反応して、ドル円は70pips程上げて、最後は週末要因に押されて
103・27円で引けています。ん~~~3回殴られた感じですね。^^;

では来週なのですが、ウクライナ情勢は益々泥沼化。
クリミア自治区には、3万人ものロシア軍が展開しており、
近隣の自治区にも波及です。ロシア帰属の国民投票は16日って事
ですが、これをウクライナ本国は拒否。でも俺たちはやるもんね!
って事で、ウクライナの東西分割は必至の情勢です。

そして中国でも、ソーラーパネル大手がデフォルト。。
どちらも直ぐに、相場には影響しないかもですが、マイナス材料なのは
間違いのないところです。特にウクライナ情勢は、次の国民投票までは、
動きが無いにしても、今後の展開次第では、リスク回避の展開と
なりそうですので、注視したいと思っています。

指標としての注目は、本日の中国CPIでしたが、予測よりも下でした。
雇用統計の余熱で円安か、これを重視しての円高かで、
今週前半の動きが、決まりそうですね。

最近は世の中が物騒過ぎですよね~^^;→

★相場雑感【112】

  • 2014/03/04(火) 19:13:49

★相場雑感【112】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!

早速相場なのですが、もうウクライナ情勢だけで動いている感じですね。

まず現在の円安の動きですが、これは軍事演習を終えた軍隊に、
プーチン大統領が帰投を命じたとの報道です。

昨夜はカナダの指数や、米国ISMも好調だった事で、この報道で
ドルが買い戻されて、現在は101円後半での動きとなりました。
でもこれで終わったとも思えず、今後も流動的な展開になりそうですね。

ではこの事態が長引いた場合、日本への影響はと言うと、
とてもまずいシナリオに。。

まずウクライナは、トウモロコシが世界3位。小麦が世界6位の
穀物輸出大国だと言う事。もう商品市場では、この2つとも急騰していて、
事態がこれ以上悪化すると、穀物を輸入に頼っている日本には
大きな打撃となります。

それ以上にマズイのが、原油・天然ガスの高騰ですね。
いいかげん経常収支を悪化させている、元凶が天然ガスですから、
今以上の価格になれば、日本が受ける打撃は重大です。。

では今後ですが、ウクライナ情勢だけでなく、中国昆明での事件や、
北朝鮮がミサイルを撃った事で、地政学的リスクは高いまま。

先進国はG8からロシアを追放。プーチンやロシアの富豪の資産を
凍結するとか、物騒な報道が続いているので、気楽に円安を追う展開には
まだまだなりそうもないですね。。。

なので逆に、円安に戻したところが、売りで妙味となりそうです。

またこれは噂レベルですが、前回のPMIの好結果で、大幅に買い戻しと
なったユーロ。でもECBの目標には届いていないので、
6日木曜日(日本時間の21:45)に、何かの緩和策を出すかもとの事。

金利はもう下げる余地が無いので、やるとすれば、証券市場プログラムの
不受胎化停止が最有力でして、もし発表された場合は、
当然ユーロは売られる事になります。

前回のPMIだけで、ユーロドルは約100pips近く上昇しているので、
この時間は注目して下さい。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★One Minutes FXについて【1】

  • 2014/03/02(日) 18:29:19





One Minute's FX TAMURA式・FX1分足トレード法 ワンミニFX


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
もう球春まっさかりですが、何やら東日本はひな祭り寒波とか。
急に冷え込むので、風邪などひかない様にです。

では相場なのですが、週の後半は米国の重要指標が続きました。
コア耐久財受注・米国GDP・シカゴ景気指数・ミシガン大消費者信頼感と、
続きましたが、なんと全部が予測を上回る好結果に。

マイナス要因は、もちろんウクライナ情勢でして、金曜日の昼には、
101・54円まで円高が進む結果に。

ここまでは想定内でしたが、NY時間になると、米国の指標で反発。^^;
102・28円まで押し返す動きとなり、流石に引け際にはリスク回避で、
101・85円まで反落して引けました。

それともう一つは、金曜日のユーロ圏CPIですね。
最近はECBが、追加緩和策を出すとの思惑で、短期筋が売っていた
のですが、予測値を上回る結果となった事で買い戻し。
ユーロドルは短時間で100pips近くも上がり、ユーロ円にも波及した事で
円安に傾いた要因となりました。

では来週なのですが、いよいよ雇用統計ウィークとなりますね。
ISM製造・非製造。ADP雇用統計。そして本番の雇用統計となりますが、
今週のGDPや他の指数から見ると、どちらかと言うと強めかと。

でもマイナス材料もテンコ盛りですね。。
まずは月曜日のHSBC・PMI。連続で弱い数字になった事で、
中国元と中国株が急落して、今週は円高の一因でした。
(まぁ元安には、他の理由も有りますが。^^)

そして勿論ウクライナ情勢です。ロシア議会が軍事介入を承認と、
今朝のNEWSでも出ましたが、これに対するリスク回避の動きは、
まだまだ流動的で読めません。また欧米も反発していて、
この問題は長引きそうですので、米国の指標が弱い場合は、
もう一段の円高になるかと考えています。

では久しぶりに、インフォトップで販売されている商材からです。
1分足を使っての手法なのですが、凄い勝率との紹介ですね。

でもこの手法をEA化して、検証した結果を見ましたが、
どうやら成績は本物の様ですね。でも欠点と言えるかどうかですが、
勝率を高くする為にナンピンを使っている点を、嫌う方が多いかと。

それと出現数が、TURBO・FXと比べると、少ない点もですね。

でもサインは非常に正確で、良いところに出ると評判ですし、
ナンピンをしなくとも、勝率は高い(1回目で75~80%)ので、
矢印系の物としては、秀逸のシステムだと思います。
★下のURLは、動いている時のYou Tubeの画像です。
http://www.youtube.com/watch?v=7XkmNdJ89Po

ふなっしーTVに出過ぎじゃね?^^→



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。