スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【145】

  • 2014/09/26(金) 20:31:05

★相場雑感【145】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
台風も影響無く、空気はすっかり秋ですね~。
もうデング熱の心配も無くなり、週末は墓参りの予定です。

では今週の動きですが、スコットランドのイベント一巡で、利益確定に
押される展開ですね。でも早々に、スペイン・カタルーニャ地方では、
勝手に独立選挙を宣言する始末です。

「統合」が旗印のEUにとって、完全に逆行する動きですし、
いかにバルセロナ近郊だけ景気が良いと言っても、かなり勝手な行動
です。。まだこんな地域は増えるので、ユーロは今後もマイナス材料と
なりますね。

それにユーロは地政学的リスクが多く、景気回復も遅れ気味。
1・28割れの動きでも、大した反発も無い事から、
まだ底の見えない展開が続きそうです。

昨日は利益確定と供に、アイフォン6が曲がる!とのNEWSで、
アップル株が急落。それに乗じてダウの売りが強まり、
ドル高の調整局面となりましたが、オセアニア通貨まで、
対ドルで年初来安値ですから、ドルの独歩高には変化なしですね。

では今後ですが、ユーロドルは節目の1・28ドルから下落。
現在の材料では、これも仕方ないところですが、
この円安で、100円ショップ卸大手が倒産。

日本企業の、中国生産の旨味が薄れている事からも、
ここからの円安は、日本や中国にも大打撃。
更なる消費増税の前に、日本の景気が失速している事からも、
今回の急激な円安も、そろそろ天井も近いかもですね。

でもこれは世界経済のバランスなので、ユーロが売られ続ける限りは、
これを越えるかも知れませんが。でも日本経済にとっては、
もう限界に近い水準で推移しているので、110円を越えてどこまで?
って感じです。^^;

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★TURBO FXについて【9】

  • 2014/09/21(日) 18:00:49



TURBO FX~3ステップ・トレードシステム~ 最速でFXトレーダーになれるサインと共に一生付き合えるロジックも手に入れて下さい。


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
スコットランドの独立騒動も、何とかギリギリで反対派の勝利に。
その後はポンドの買い戻しとなりましたが、イベント終了と言う事で、
再びポンド・ユーロはドルに対し、下落して引けました。

まぁここまでは、米国はFOMCで、10月にQE3終了が決定。
日本は金融緩和+GPIFの株式購入が進み、EUでは更なる金融緩和を
模索中と、ドル買い・ユーロ・円売りの図式は変わっていませんね。

結局はスコットランドの選挙が終われば、ユーロドルは1.283ドルの
安値引け。ドル円も109円台まで円安が進み引けています。

では今後なのですが、円安・ユーロ安がどこまで進むのかですね。
もうそろそろ織り込むところかと思いますが、問題はユーロの動きです。
いつも跳ね返す、1・2800近辺ですので、ここで跳ねるかですね。

抜かれて売られると、2012年7月安値の、1・2040ドルが意識され、
更に下を試す展開に。そうなれば円安も同時に進みますから、
強力なレジの110円も突破しそうですね。^^;

それにしても・・・この円安は困り者ですね。。輸出企業は良いとしても、
燃料費・食品類が高騰。株価だけ上がっても、貿易赤字は拡大し、
GDPは必然的に下がります。それで消費税が10%引き上げですから、
本当にアベノミクスで、生活が向上するの?ですね~。

またスコットランドも、否決したのは良いのですが、税制・福祉まで
自治権を拡大って。。。もうウェールズや北アイルランドからは、
不平不満が噴出していますので、英国もこれからが大変そうです。

まぁグチになってしまいましたが、^^ 久しぶりにレビューします。
と言っても、昨年冬に販売された、「TURBO FX」についてです。

販売直後では、スキャル系の商材ですので、はっきりとした評価は
難しいところでしたが、これだけ経過しても、その評価は高いですね。

投資仲間からは、「スキャル・マスター」より良い!と評判ですが、
これは自由度の高い事や、取引時間が短いところが良いのかと。

自分も他のシステムの「雲」に(バレバレ#)合わせて表示させ、
1・5分の傾向が同じところで入っています。まぁ使い方として、
補足させるインジの自由度が高いので、皆様も色々と試して下さいませ。

なんぼでも眠くなって困ります^^;→

★相場雑感【144】

  • 2014/09/16(火) 19:14:30

★相場雑感【144】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様です!
シルバーウィークと言えばカッコイイのですが、以前から日本はお彼岸。
蚊に刺されて、大事になるのもイヤなので、今年はもう少し後にします。

では相場なのですが、スコットランド独立問題は以前不明。。。
賛成派と反対派の予測は五分五分で、どっちが勝つかは藪の中ですね。

ここで大した事は無い!と思いたいところですが、
為替の流通量は、ダントツで米ドルが1位です。次にユーロで、
日本円は第三位。そしてポンドが世界4位を誇ります。

ですので経済の基本構造が、大きく変わるので、今後はポンドを外し、
結果ユーロ・ドル・円の三角関係が、より強くなりそうですが。

また独立ともなると、スペインのカタルーニャ問題。中国のウイグル自治区
オーストラリアのアボリジニ自治区など、世界にも大きく波及します。
もちろんウクライナ問題も関係するので、世界情勢も大きく変わるかと。

まぁ日本で言えば、北海道・四国・九州が、本州から独立するか?って規模。
現在世界をリードする、金融大国が分裂するのですから、
今回の騒動は、シャレにもなりませんね。。^^;

まぁFXを長くやっていたら、こんな事も多いかなと思います。
でも「触らぬ神に祟りなし」です。この問題がどっちに転ぶか見てから、
シッカリと対処したいと思いますね。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【143】

  • 2014/09/13(土) 18:04:13

★相場雑感【143】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
今年は残暑もなく、過ごしやすいシルバーウィークとなりましたね。^^
でもお墓参りでは、絶対蚊に刺されない様に!

では相場なのですが、スコットランドの独立危機に加えて、
まずは黒田総裁の、追加金融緩和発言で円安が進みました。

またスイスの高官が、マイナス金利に言及した事で、
またもドル高の要因となっています。そして遂にドル円は107円を突破。
今年の最安値付近で引けました。

では今後なのですが、やはり焦点はスコットランドですね。
但し経済界からは、通貨の不安定による本社移転。イギリス国外なので、
輸入で物価が高騰する懸念が強まり、女性票が減少。
最新の調査では、再び反独立派が上回りました。

現在はこの影響で、ポンドとユーロが買い戻されている状況ですが、
結果を見るまでは、軽率に判断するのは危険ですね。^^;

恐らくですが、独立は否決に終わりそうで、そうなればしばらくは、
ポンドとユーロの買戻しが進みそうですが。。

ただこの構図が大きく変わる事はなさそうで、ECBと日銀は金融緩和。
米国は金融引き締めの政策ですので、スコットランド独立騒動が終われば
再び円とユーロ。スイスフランなどは、安値模索の展開に戻るかなと。

まぁ投票は18日ですので、来週一杯は難しい相場となりそうです。
ですので余り無理をせずに、高いところで売りたいですね。

あぁ~我が阪神にも秋風がぁ~。。→

★相場雑感【142】

  • 2014/09/09(火) 04:02:20

★相場雑感【142】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
いやいや、錦織選手やりましたね!優勝賞金は3億越えのビッグゲーム。
W杯でサッカーが優勝とか、ゴルフではマスターズ優勝に匹敵する、
これは大偉業だと思います。これで勝てばランキングも5位とかですが、
今後も1位目指して頑張って欲しいですね!^^v

では相場なのですが、先週の金曜日の米国雇用統計。
アララ?の逆サプライズだったのですが、素直に反応したのは一時的。
その後直ぐにドル独歩高に戻ったのは、長期失業者数が
改善されたからですね。

でも。。。このドル独歩高の原因は、ポンド危機が追い風な様でして、
先週からポンド売り・ドル買いが止まりません。

この原因は先週に書いた、スコットランド独立問題に起因しますが、
先週始めの出口調査では、反独立派が20%も上回っていたのに、
週末は52:48の結果で、独立派が優勢だからです。

これでEU脱退の話も出て、やっぱりユーロも道連れの展開に。
ユーロドルは1・28台にタッチして反発。ドル円は一気に106円台を
伺う展開となっています。かなり異常な展開ですね。^^;

前回書きましたが、スコットランドは北海油田の94%の権利を
持っているので、イギリスとしては独立は大打撃!
瞬時にGDPで-4%以上は沈みますし、当然トリプルAの債券も高騰。
こうなれば世界経済にも、大きな波乱となりますね。。

それと迷惑なのが、これに連動する円安です。
まぁその分FXで稼げば良いのですが、消費税増税とエネルギー・食品の
Wパンチで日本国民は、今年は一人当たり年間6万円の負担ですから、
リーマンには洒落にもなりませんね。^^ (子供も含みます)

なので現在は円を売るか、ユーロかポンドを売るか。(全てドルに対して)
その選択肢しか無いかなと思います。

★スコットランド
イングランドの北部で、人口はイギリス全体の30%程度。
名産はスカッチ・ウイスキーとか、バター製品や海産物。
「貴方にもチェルシー、あげたい」のCMもここです。イギリスの要人も
多く輩出していますが、元々はバイキングの末裔です。
もちろんサッカーのアブラモビッチが買った球団「チェルシー」も、
ここにあります。

戦争でイングランドが勝利したのですが、その荒々しい気質は変わらず。
戦後も実直で忠誠心が厚い事から、現在もイギリス警察の事を、
「スコットランド・ヤード」と呼びます。(俺は観光大使か?#)
近衛兵のタータンチェックのスカートも、スコットランドに起因しています。
他にも音楽では、「移民の歌」が有名ですね。
詩の意味はモロに、「俺たちはバイキングだ!」ですから。^^
お好きな人は聴いて下さい。

ポチっとしばいて下さい!^^→

★相場雑感【141】

  • 2014/09/05(金) 18:13:55

★相場雑感【141】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
それにしても、今日も全国的にドンヨリとした天気。。
夏はどこに行った?と言う感じですね。

では本題ですが、昨夜にECBがまさかのサプライズ!
当初は有っても、カバードボンドの購入だけかと思ってましたが、
まさかまさかの0・1%利下げです。

1・3150ドル付近だったユーロドルは、この発表で一気に急落。
短時間で1・3000ドルも割り込み、ストップロスを巻き込んで更に加速。
200pips以上下げて、1・29ドル前半で推移しています。

またドル円も、この売りに巻き込まれて円安が進行。
105・50円を越えての急騰でしたが、こちらはユーロ円の売りがあり、
少しだけ戻して止まりました。

さてさて、サプライズの後の雇用統計ですが、チトややこしくなりましたね。
市場予測では、20万を越える強い数字と見ていますが、
ECBがややネタ切れ状態。200も落として、大して反発もしていない。
この状態で雇用統計が、20万を割れる結果となると、
週末要因も考えたら、戻す余地も大きいかなと。^^;

逆に好結果だった場合でも、かなり大きく動いた後なので、
更にユーロを売り込むかは、不透明な展開ですが。。

それとウクライナ情勢も、不透明なままなのですが、
もっと大きい懸念材料が出て来ました。それがスコットランドの独立です!

住民投票が今月18日にありますが、現在の情勢は五分五分。
もし独立したら、イングランドはポンドを使わせないと言ってますが、
北海油田の権利は、元々スコットランドに有りますので、
独立となればポンドの暴落は必至の情勢ですね。

★またユーロも道連れの恐れがあり、これは注意が必要です。

期日が迫ってきたら、ポンドはかなり荒れた展開となりそうですので、
ポンドの取引が大好きな方はご注意をです。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。