スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【158】

  • 2014/11/30(日) 18:58:07

★相場雑感【158】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
いやはや、気が付けばもう12月。。年々1年が早く感じますね。^^;

ちょっとネタ切れ気味の相場なのですが、その中で注目だったのが、
OPEC総会の行方ですね。

現在の米国の好景気を支えているのが、シェールオイルと
シェールガスです。これがOPECが減産となると、価格は回復する一方、
米国景気に水を差すので、サウジを中心に今回は見送りに。

この発表で原油は更に下押しの展開です。元々米国ドルは原油とは、
逆相関で動くものなので、同じタイミングでドルの独歩高となり、
ドル円は118円台ミドルを回復して引けました。

もうこうなったら、120円は時間の問題かなと感じますね。^^
後は高値がどこかと思いますが、いまのところ123~125円が、
日本政府の介入が予想されるところなのですが。。

では来週なのですが、週末の雇用統計に向けて、高値を模索する
展開となりそうです。留意するとしたら、週の前半にある中国の指数。

弱目の数字が出ると、意外と大きく振れそうなところなので、
水曜日の昼までは慎重にですね。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★相場雑感【157】

  • 2014/11/27(木) 18:15:54

★相場雑感【157】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
やれやれ、感謝祭を月曜日だと勘違いしていましたが、本当は今日。^^;
米国がガッツリ休みますので、余り待っても動かないかなと。

ではネタが無いので、ちょっとNYのウンチクを一席。^^
まずマンハッタン島に目を付けたのがオランダです。地元のインディアン
から、たったの24ドルで購入した事から、「史上最大のバーゲン」と
呼ばれています。

これは毛皮の輸入の拠点が目的でして、ニューアムステルダムと命名。
仲の悪かったイギリスから守る為に、島の南部に城壁を造ります。
その壁が有ったところが、現在は世界金融の中心地となる、
「ウォール街」の語源となっています。

その後オランダは、英国との戦争に負けて撤退。その時の英国王の
弟の名前がヨーク公なので、ここをニューヨークと名付けました。

それから英国から、入植者が多数押し寄せるのですが、
ある年に大凶作となって、飢える寸前に。それを助けたのが、
地元のインディアンであり、七面鳥でもてなしたとされるので、
現在の感謝祭では、助けて貰った感謝に、七面鳥を食べるのですね。

では今後なのですが、どうやら自民党の支持率を見ると、
議席は減らすものの、何とか過半数は維持しそうです。
まぁ結果は先ですし、今はどこまで押すかに注目ですね。

ECBも資産購入に動きそうなので、まだ円安路線は変わりませんが、
一気の円安で押し目の無いのも不気味です。なので大きい調整も、
そろそろ入るかどうかって感じですね。

ま、「押し目待ちに押し目なし」ですから、117円台でシッカリだったら、
今後も積極的に拾いたいところですが。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【156】

  • 2014/11/24(月) 02:32:49

★相場雑感【156】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
いやいや、怖いですね。また甲信越で巨大地震が発生です。
どこに住んでいても、地震大国だと言う事を忘れない様にしなくては。。

チト毎年恒例になった、秋風邪に悩ませらていますが、まずは相場です。
先週はBOEの量的緩和策を模索していると言う発言で、
先週末からユーロ売り。FOMCもタカ派的な発言が多かったものの、
大勢を覆すには不十分で、ラストは一気にユーロ売りとなり、
ユーロドルは節目の1・24ドルを、僅かに割り込んで引けました。

その動きに合わせて、ドル円も119円に一瞬迫りましたが、
最後は週末要因に押されて、117・76円で引けていますね。

まぁこの週末は、日本も3連休なのですが、米国も感謝祭で3連休。
手仕舞いが大きく入る事は、当然なのですが。

では今後ですが、まだ円安路線に変化は有りません。
GPIFが購入する、日経株式の額は莫大で、現在で換算しても、
21000円辺りになるからですね。あと3700円程度なのですが、
これがどこまで円安を呼ぶかです。

その前に。日本は年末にワカランチン選挙に突入です。^^
これがもしもですが、自民が単独で300議席を取った場合は、
翌日に株価が爆騰でして、ドル円は一気に120円に乗せるでしょうね。

そこそこ負けても、安定過半数だったら、来年春にかけて、
日経が上昇するのは確実なので、遅かれ早かれ、120円は見そうです。

問題はここからでして、いつも相場にはオーバーランは付き物です。
政府の思惑以上の円安にも、警戒が必要なのですが。

これは調べてみると、2007年に現在と同じ水準となって、
その時は123円程度から、要人が口先介入で対抗。
実際に介入したのが、124~125円の水準ですから、今回の円安も、
この辺が限界だと、いまのところ思っています。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【155】

  • 2014/11/17(月) 21:30:28

★相場雑感【155】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした。
いや~それにしても今日のGDPは、呆れた数字がでましたね!^^;
それで解散総選挙って、やってどうなるの?って感じです。

まぁ経済の空洞化が進み、有力輸出企業の殆んどが海外に拠点。
それでこの円安ですから、今はそれほどメリットのない円安です。

なので損をしているのは消費者だけで、そこに消費税増税ですから、
そりゃ消費は冷え込みますよね。。

これでも助かっているのは、世界的な経済失速で、原油が下落したからで、
これが無ければ、もっと酷い数字になっていたはずです。

このGDP発表から、117円を伺っていたドル円も、100pipsの円高に。
その後はユーロが崩されて、またドルの独歩高となり、
現在は116円ミドルってところですね。

では今後ですが、ちょっと難しい展開に。このGDPショックが、
今後の日経の動きに、どこまで影響するかですね。

実際のところ、ポンドやユーロ、円、スイスフランと総じて弱く、
ドルの独歩高の展開は続きそうなので、まだ円安は継続しそうですが、
日経が大きく崩れた場合は、また一気に円高となりますので、
慎重な見極めが必要な場面となりそうです。

まぁ個人的意見ですけど、消費税増税の幅が多き過ぎ!
また連続で+5%って、それで景気が良くなると思っているから不思議です。
そもそも軽減税率の話も棚上げですから、格差が広がっただけ。
「デフレ脱却!」は良いけど、収入が増えないのなら、
消費者はデフレのままが良いのですけどね。^^

悪い円安とならねば良いけど。。→

★相場雑感【154】

  • 2014/11/13(木) 20:16:54

★相場雑感【154】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
急に寒くなってきましたね。もう11月なので当たり前なのですが、
風邪など貰わないようにです。^^

では早速相場なのですが、一気に116円台に乗せた後は調整に。
この理由が解散総選挙でして、選挙なら消費増税は見送り必至なので、
先に日経が好感して上げ、それに追随した円安ですね。

まぁちょっと材料としては、弱く感じるのですが、今回の円安の流れは、
ユーロ売りが発端となっているので、まだ継続となりそうです。

そのユーロなのですが、強力な1・24ドルがサポートになっているので、
ここを完全に割り切れば、ドル円も116円台となりそうですが。

そして昨日から、英国四半期インフレ報告を受け、対ドルでポンドが急落。
現在は2年2ヶ月ぶりの低水準。また殆んど反発もない事から、
もう一段の下げが有るかもですね。そうなればユーロも連れ安になる
公算が高く、またドルの独歩高=円安進行となるのですが。

ECBの足並みが揃わず、ユーロに特効薬も見当たらない事で、
まだドルの一人勝ちは続きそうですね。これからは米国も繁忙期で、
指数が強く出易い季節です。余り大きな押し目は期待出来ないので、
浅くても回転で勝負ですか。

このままなら円安のピークは、GPIFの設定と同じく、118~120円に
なるのかなと思いますが、これでは輸入には厳しいレベルなので、
いい加減止まって欲しいところですけどね。^^;

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【153】

  • 2014/11/09(日) 19:25:51

★相場雑感【153】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
秋も深まってきましたが、毎日TVではエボラ熱の報道が。。
デング熱でも適当な対応だったので、入ってこないか心配ですが。^^;

では先週からの相場ですが、注目の雇用統計は予想よりも下に。
ADPやISMの指数からは、微増するかな?と思っていたので、
ちょっと意外でした。

発表前から105円台まで進んだ円安も、ここで一服となって、
114・64円まで戻して引けました。利益確定が限定的だったのは、
9月の失業率が、6年ぶりの低水準(5・8%)に修正された事。
また20万人台はキープされていた事からですね。

では来週ですが、まだ円安路線は続きそうです。
まず欧州各国のGDPが発表されますが、最近のドイツの失速が顕著で、
ここでも悪い確率が高く、ユーロ売りドル買いの材料になりそうです。

またG20が開催されますが、ここでも各国のメガバンクに、
自己資本比率の引き上げ要請が出そうでして、これもドル買いの材料に。
但し急激な円安への批判が出た場合は、一時的なオペも有るので、
週末の持ち越しポジはリスクが高いですね。(G20は来週末です)

まぁそれでも中期的には、GPIFが外貨建て資産(23⇒40%)の
増額を発表しているので、基本的なドル独歩高路線に違いはなく、
慌てて高いところで仕込まず、「押せば買い」が良さそうですね。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★相場雑感【152】

  • 2014/11/04(火) 19:27:24

★相場雑感【152】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
なんだか急に冷え込んできましたね。そろそろおでんなど、
熱い物が恋しくなってます。^^

では相場ですが、週明けの月曜日は、米国ISMの好結果を受け、
更に円安が進行。一瞬114円台を突破と、勢いは止まりませんね。

まぁこれは週末の、黒田バズーカ2の影響で、日経先物が暴騰していた
ので、それに摺り合わせる動きと、ISMの結果からです。

ですので今日(火曜日)の日経が始ると、利益確定に押されて
ジワジワと軟化。この動きはまだ止まっておらずで、今夜はまだ円高に
振れそうな展開ですね。まぁそんなに深くもないでしょうけど。

では今後なのですが、まずは投票が始った、米国中間選挙です。
一応は共和党有利の展開ですが、そうなれば大統領の求心力も低下。
これをNYダウが、どう評価して動くかですね。

でもFRB自体は、米国議会の決定では動かない機関なので、
金融政策に、影響がある訳では有りませんけど。

それと先日FOMCで追加された文言。「労働市場が改善したら利上げ」
これが効いている様でして、先日のISM製造業で、雇用部門が54・8から
55・5に改善されただけで、ドル円は一気に100pips以上の
円安でした。

ですので明日のADP雇用統計や、木曜日の失業保険の申請。受給数。
ISM非製造業・本番の雇用統計と、好結果となれば再び、
かなりのドル独歩高で円安となるので、ここは注意が必要ですね

ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。