スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★嵐の予感ですが・・・。

  • 2015/01/22(木) 18:50:09

★嵐の予感ですが・・・。


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
それにしても、スイスフランショックとでも言いますか。
レバの高かった海外FX業者や、大型ファンドまでも、
破綻する事例が出ている様です。

まずアルパリUKが破綻。これでアルパリJPも解散となるので、
ちょっとした取り付け騒ぎとなりました。でも信託は100%ですので、
投資家には影響は無いとの事。まずは一安心ってところですね。^^;

次にFXCMでも、一夜で負債金が260億円となり、今後の経緯が
心配されるところですが。

この影響で、今後のスイスフラン絡みは、レバを下げる処置となるの
ですが、ちょっと遅かった気もしますけど。。。

では今晩はECB政策金利の発表です。量的緩和は確実視されていて、
問題はその規模ですか。昨日の報道の通り、総額1兆ユーロとか、
無制限ともなると、ユーロ売りが一気に加速しそうですね。
今夜は雇用統計以上に、荒れる展開となりそうですので、
皆様もお気をつけて下さい。

また週末には、ギリシャ選挙が控えており、こちらも予断を許しませんね。
結果次第では、来週は大きく窓を開けて始りそうなので、
持ち越す事だけは、避けたいところと思っています。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★大混乱!

  • 2015/01/16(金) 19:01:28

★大混乱!


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
今年の冬は暖冬だと、12月初めに気象庁が発表していましたが、
「お兄ちゃんのウソツキ!」になってますね。^^

では相場ですが、驚きのNEWSでしたね。。スイス中銀が続けていた、
対ユーロの1・2上限を、突然撤廃するとの報道です。
これまでは無期限介入だっただけに、市場の方は大混乱となりました。

数字を見ると驚きです。まずユーロ・スイスフランが、約3800pipsもの
大暴落!(T_T) もちろんスイスフラン・円は逆にブットビで、
115円程度で推移していたのが、一気に166円台に!

その後はやっと落ち着いて、現在は134円ってところです。

ま~~、こんな動きは、以前のポンド危機(1992)以来とかで、
全く何が有るか分りませんね。。(汗)

今週は原油が落ち着いたので、ドル円も巻き返していたところでしたが、
ここに来てこのNEWSで、リスク回避の米国債買いとなり、
連れてドル売り・株式売りで、現在は円高に傾いています。

ん~~どうやら円安路線も一服ですね。先日はミネアポリス総裁が、
インフレターゲットに達しない限り、次回の利上げには反対する
との事ですし、原油安で米国採掘企業が倒産ですから、
かなり先行きが怪しくなってきましたね。

但しユーロの方がもっと深刻な状態で、ドル需要が高いままなのも
事実ですから、ここから一辺倒な円高にもならないでしょうが。

それにしても、世界一物価が高いスイス。ビッグ・マックが1000円とか
言ってましたが、これで1300円程度に値上がりかな?^^:
ここまで高くなると、観光で行けるレベルじゃないのに、
スイス中銀は、一体なにを考えているやらですが。。

ストップだけは忘れずに^^!→


★原油はどこまで。。

  • 2015/01/08(木) 17:44:38

★原油はどこまで。。


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
さて、新年が始りましたね。正月休みで逆に鈍って、
グダグダにならない様にしなくてはです。^^

では相場なのですが、ユーロがギリシャ離脱懸念で急落ですね。
節目の1・2ドルを大きく割り込むと、一気に急落の展開になり、
現在は1・18ドル付近です。

まぁこの辺りが、ユーロ発足以来の最安値で、これで4回目。
なのでこれを突き抜けて、1・17ドルに下がると危険水域です。

ギリシャがデフォルトを起こし、ドラクマに戻ってユーロ脱退ともなると、
スペインやイタリアも続く懸念となり、ユーロ崩壊の引き金にもなるので、
もしこのシナリオとなると、リーマン・ショックの規模では済みませんからね。
だから急落しているのですが。。(危険回避の円高要因)
またイギリスのEU脱退も有りそうなので、今後の欧州情勢には注意です。

次に波乱要因の原油です。これって色々と調べたので、
まずはウンチクを言いますね。# まず「石油は後30年で枯渇する」って、
ずっと昔に言ってまして、自分もそれを信じていたのですが、
実はこれが全部ウソ!当時の採算レベルで採掘出来る量が、
後30年だったのです。なんとその当時の1バレルが、たったの2ドル!

第一次石油ショックで4ドル前後。第二次オイルショックで10ドル前後に
なったのですが、これは全て戦争が原因でして、別に採掘量が
減ったのでは無いのですね。

そして中国等の新興国の大量消費で、消費量が10%程度増えたの
ですが、そこに目を付けたのが、コモデティファンド。
石油先物を買い捲ったので、そこから5年間も原油は上がり続け、
一旦はリーマンで落ち込むも、再び上昇して、147ドルになったのです。

では話を戻して、今回の動きなのですが、米国シェール・オイルが、
世界シェアを10%取り、中国のGDPが大きく落ち込む事から、
今度はファンドの売り攻勢が始っています。

日本の株式の格言で、「半値八掛け二割引き」ってのが有りますが、
概ね147ドルが最高値なら、大底は43ドルなのですが、
物が実体不明の原油ですから、簡単に当て嵌まるかですね。^^;

有名な経済学者の推測では、「実態は1バレル20ドルが適当」
と書いてましたし、実際に中国・EUの弱体化が起きれば、
そこまでの下落も、頭に入れとかなければです。

もちろんそうなれば、円は危険回避で買われる通貨なので、
今の円安路線も変更になるのでしょうが。。

では明日は、今年最初の雇用統計。フランスでのテロ騒ぎも有り、
どっちに振れるか注目ですね。

今年もヨロスクです!^^→

★新年のごあいさつ

  • 2015/01/04(日) 16:20:13

★新年のごあいさつ

あけまして、おめでとうございます。そして新年早々ですが、
サラリーマンの皆様、正月もお疲れ様でした!

まずは私事ですが、昨年は新年早々に目の病気。そして手術&入院と、
体調の悪い1年でした。今年こそ体調に留意し、大きな病気をしない様、
健康を保たなくてはですね。もちろん皆様もですよ。^^

では年末・年始の相場ですが、年末ギリギリにギリシャで政情不安です。
大統領選で与党候補が、必要投票数に達せずで再選が決定し、
野党有利となって、またまた財政不安が再燃。

これを嫌ってのユーロ売りが広がり、一気にユーロドルは1・2000ドル
まで下落しています。この動きには円は余り動かずで、
ドル円は年末・年始は静かな動きですね。

では今年の展望なのですが、まずは急落している原油から。
現在は1バレル52ドル付近ですが、まだ落ちる余地が有りそうで、
40ドル付近と予想する専門家が大多数。これはドルには追い風ですが、
ルーブルの急落に繋がっているので、多少はユーロの売り材料ですね。
またロシアの政情も悪化しているので、戦争の引き金にならないか、
ちょっと心配なところです。

次にGDPですが、昨年末の日本は衝撃のマイナス成長。
逆に米国は+5%ですから、まだドル買いは衰えずでして、
ドル円も安値模索は継続と思います。

でもね~、これ以上の円安は、輸入に頼る企業には大打撃で、
物価も上がるだけ。大企業だけが賃金上げても、全体的に景気は悪く
なるだけだと思いますけどね。それがGDPにも表れているのに、
アベノミクスもどうなるやらです。^^;

ますます格差拡大が進む年になりそうですので、今年もやっぱり、
投資で自己防衛をしなくてはいけない一年ですね。
仕方ないけど、がんばりまっしょい!です。

では今年も宜しくお願い致します。m(_ _)m

ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。