スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★松山千春

  • 2015/11/30(月) 01:02:12

★松山千春


中島みゆきと同時に、オールナイト・ニッポンのDJとなり、
いきなり全国区となった千春です。当時は恐ろしい人気でして、
コンサートのチケットが、一番取れないアーティストでした。

まぁ頭が若い内に薄くなってからは、現在のファッションですから、
急激にその人気も失ってしまいました。それと同時に、
初期の純情な「千春節」も無くなってしまいましたね。

まずはファースト・アルバムから「銀の雨」です。


この曲は歌碑まで建てられた名曲となりました。
これも1stアルバムなんですよね。。


ここで中島みゆきとの比較ですが、千春は「北海道」を全面に出し、
みゆきは一切出していません。この辺がアーティストの資質ですかね。
故郷の色を強く出す人って、余り1流とも思えませんけど。

辛辣な事ばっか書いたけど、この頃の千春は凄く良いす!


親族の入院で、明日も早くから病院の予定です。。。(-_-;)
予定より1曲少ないけどこの辺で。

ポチっと応援クリックをお願いします!→


スポンサーサイト

★荒井由美①

  • 2015/11/28(土) 01:25:39

★荒井由美①


今回は荒井由実(松任谷由美)です。現在の「ニューミュジック」の
旗手となり、ロックやポップスの垣根を外した1人になりました。

彼女って元々が、音楽ジャンルに拘りを持っていません。
その後は幅広く、多方面の楽曲をされていて、
自分もユーミンは音楽で、「別格」とさえ言えますね。
その楽曲は多種でして、1つのジャンルには収まらないからです。

では彼女が売れた切っ掛けだった曲からです。
早くして亡くなった、彼女の友人を思って作った曲です。。。


意外と「ひこうき雲」は、宮崎映画で使ったせいか、
そんなに初期とは思われていませんが、デビューLPです。
次は「翳りゆく部屋」です。これは本人の声のUPが、
余りにも短いので、ここはスタレビでお聞き下さい。


この「翳りゆく部屋」は、女子高時代に影響され、
プロになる切っ掛けとなった曲です。その曲がこの「青い影」。
現在のユーミンを、誕生させた曲ですね。


今回のラストは、ひこうき雲の翌年に、シングルで発売された曲です。
これも宮崎映画で採用されたけど、ジブリの誰かがファンですね^^


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ポプコン②

  • 2015/11/27(金) 01:43:55

★ポプコン②


さて、まずは為替からですが、相場は「知ったら終い」ですね。
米国の年内利上げが濃厚となったのですが、そこからドルは伸び悩み。
それからはフランス・パリでのテロやら、先日のトルコ軍機の
ロシア機墜落やらで、投資家の意欲は、かなりリスク回避に
動いている感じです。

まぁ~元々オスマントルコ時代から、犬猿の仲の両国ですから、
このまま縺れる可能性は大ですからね。

それでも米国利上げ実行の際には、もう一回ドル買いですから、
思いっきりは突っ込まないのでしょうけど、ドルの今後は
楽観的に買う時代は、もう終わったと考えて良さそうです。

さて、前回の続きなのですが、佐野元春が優秀賞に輝いた年。
その曲はメジャーにならなかったのですが、
ある新人が入賞し、後にこれがヒットしました。


そして円広志の「夢想花」です。この頃からグランプリ=大ヒットの
コンテストになった感じですね。


多分ファンの方でも、余り知らないでしょうけど、
翌年に入賞したのが、チャゲ&アスカのこの曲!
「万里の河」よりも、実は古いのですね。
最初はバンド単位だったのですが、デビューで残ったのがこの2人。
それほどメジャーデビューは、厳しかった時代と言えます。


夢想花の二年後。確かグランプリとなった曲です。
ソフト・ボールの試合で、死球が喉に当たってしまい、
活動は数年で終わったのは残念ですが。。。


受賞年は古いので、かなり時系列で前後が有るかな?^^;
そして次回は紹介の漏れた名曲を、集めて見たいと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ビートルズ(前期)④

  • 2015/11/26(木) 01:10:12

★ビートルズ(前期)④


前期の後期が6枚目の「ラバー・ソウル」と、
同じ年に出した、「HELP」だけなのですが、
今回はこの「HELP」からピック・アップしますね。

翌年からは「リボルバー」。次が金字塔とも言える、
「サージェント・ペパーズ」へと続きます。
もう本当はラバーソウルから、中期と言っても良いのですが、
「リボルバー」から突然インドに行ったり、
音楽性もサイケデリックになったりと、ここでかなり変化した
感じなので、ここからが完全な中期かなと。

ではまず「お宝探偵団のテーマ」から。^^


この別名「HELP」のアルバムは、正式には「4人はアイドル」
です。元々映画の分野でも、多く出演していますが、
このアルバムはズバリ「」と言う映画に使われています。

他にも最初が「ビートルズがやって来る!」。
次が「HELP」で、サージェント・ペパーズは、そのまま
アニメ映画の「イエローサブマリン」に使われています。
この曲はまた後で。

では「HELP」の一場面の映った、「悲しみをぶっとばせ」です。


ここまでにも、数曲は書いていたのですが、この曲が初めて、
ジョージが書いた曲で売れた曲となるのかな?


そしてこのアルバムで、間違いなく1番良い曲です。


ビートルズ・ファンは多く、微妙に「違うぜよ!」って意見も
多数有るかと思いますが、その辺はご勘弁です。^^;

ポチっと応援クリックをお願いします!→


★ポプコン(前編)

  • 2015/11/25(水) 00:29:05

★ポプコン(前編)


YAMAHAが主催するポップス・コンテストです。
他にもコカ・コーラが主催する、「サウンド・ウィズ・コーク」とか、
この当時は色々と、ポップコンテストが多い時代でした。

サザンなんかは、8・8ロックデイ(ロックのみのコンテスト)で、
大阪の千里万博跡地で、桑田が最優秀歌唱賞だったかな?
最初TVに出た時には、直ぐに分かりました。^^

実はこのポプコン。凄いコンテストでして、後に有名になった人は
数え切れません!特別グランプリを取らなくてもですよ。

中島みゆき・八神純子・因幡晃・世良公則・佐野元春・長渕剛。
クリスタルキング・雅夢・杉山清貴&オメガドライブ。
伊藤敏博・チャゲ&飛鳥・大江千里・あみん・オフ・コース。。。
どんだけ~~~って感じです!
しかもこれでまだ全部じゃないですけどね。
余りにも多いので、古くて有名になった曲から、
紹介したいと思います。

ポプコンの始まりは69年ですが、もうオフコースの名前が
出ていますね。72年には井上陽水も賞を取っていますが、
爆発的に売れた曲は、この頃は全く皆無です。
それを有名にした曲が。。。


そしてこのコンテストを、最も有名にした曲。
この曲が世界歌謡祭グランプリになった事で、一気に注目されます。
残念ながら著作権が煩く、Vは短いのですけど。。。


同じ年に賞を取ったこの曲。私にとっても初めて「夜の蝶」と
言える人が、とても愛していた曲ですね。この曲をいつも
リクエストしてたけど、聴いてる姿はいつも悲しそうだったな。
(変な関係は無いっす!^^)


そして低迷期は続きますが、それを破ったのがこの曲!


あと2回かな?でも日本ポップスの金字塔ですよね!
全く知らない人は、この後の曲にも驚きますよ。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★映画音楽①

  • 2015/11/24(火) 00:50:35

★映画音楽①


さて。最近はハリウッドの衰退で、大ヒットの無い業界ですが、
昔から「サウンド・トラック」と言われて、名作が多数有ります。
今回で全部は無理ですけど、いくつか集めてみました。

まずはケニロギの「デンジャーゾーン」でしょね。^^


どうせケニロギを聴いたので、同じケニロギの作曲で、
「フット・ルース」です。(安直!)


次はグーニーズから。シンディは大好きな歌手の一人かな?
ハイトーンなのに、音感が抜群な歌手ですね!


邦画も負けていられないので、ここで角川映画の名作から。
この頃の映画って、封切は全部見てたかな?^^


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★カシオペアとT-スクエア-

  • 2015/11/23(月) 01:40:01

★カシオペアとT-スクエア-


近代の日本のフュージョン・バンドとして、欠かせないのが、
この2つのバンドです。力量では圧倒的にカシオペアなのですが、
T-スクエアーも流行に寄与した点で同列かなと。

まずはスクエアーで、最も有名なこの曲からです。
今でもリリコン(電子管楽器)の音色が斬新ですね!

次はカシオペアの「ASAYAKE」です。視覚的に見て貰いたくて、
ライブ画像を選びました。にしても、神保彰は(ドラム)は天才だな!


再びスクエアーに戻って、「チェイサー」です。
この曲は当時、ツール・ド・フランスのテーマ曲に使われていました。
ちなみにチェイサーは隠語で、強い酒の後に飲む水と言う意味も。


最後はどの曲をと考えましたが、やっぱ紹介した神保彰が、
如何に凄いか聴いて下さい。恐らく私の耳では、現在日本一です!



ポチっと応援クリックをお願いします!→

★吉田拓郎①

  • 2015/11/22(日) 00:05:54

★吉田拓郎①


ビートルズばかりで飽きたので、ここらで日本のフォークです。
それも大御所ですが、これ以前は岡林信康とか、ちと自分が
良く知らない世界でして、私にとっての「元祖」は彼かなと。
まぁ日本のボブデュランとも称される彼ですし、
その後世への影響力を考えると、正に巨人と言えますね。

まずは「人間なんて」です。色々とライブがUPされているけど、
聴いた事の無い方には、やっぱ原曲が良いかなと。(チト短いけどね)


拓郎の初期では、これを外したら殺されます!^^


この曲は非常に印象的です。この曲だけ録音してハワイに移住。
当時の友人や恋人とも別れ、一旗揚げようと思った曲で、
現在大成功されている方が、今も「この曲が無かったら。。」と、
毎日聴いているとか。ん~~凄い音楽は、人の人生をも動かすのかな。


本日最後は「イメージの詩」です。古い曲なので、
良い音源がUPされておらず、比較的新しいものでどうぞ!


もちろん拓郎は、これは比較的新人の頃を集めただけです。
それからは「大ヒット・メーカー」でして、自分の記憶する最後の
有名な曲は、キンキ・キッズの「全部抱きしめて」ですね。
ま。有名な曲だけで、数回はUPが必要なビッグです!

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ビートルズ(前期)③

  • 2015/11/21(土) 00:41:48

★ビートルズ(前期)③


さて、ライブで世界中を巡った彼らですが、どこに行っても「絶叫」。
ホテルからも出られない生活が続き、やがて精神的に疲弊し、
スタジオにこもっての制作と、時々発表の日々となりました。
この「ラバーソウル」は、その一番目のアルバムと言えます。
(一部ライブで使われていますが。)

ではその中から、まずは「ガール」です。


次は「ノルウェーの森」です。この曲は村上春樹の小説に、
登場した事で有名ですが、それまでの彼らには無い、
斬新な詩となってますね。(このノルウェーとは家具の事です)
私ノルウェー買ったから、家にこない?は、
良いノルウェー製の家具を買ったから、見に来ない?ですよ。
この曲は20代の女性が、童貞君を誘う話なんですね。^^;


次がこの時期の傑作かな?「エリナ・リグビー」です。


次はライブでやった?「ミッシェル」です。


最後に「イン・マイ・ライフ」。後でウンチクを。^^


ビートルズの作詞・作曲を見ると、どれも「レノン・マッカートニー」
と、合作の様に表記されていますが、どうも違う様で。
その見分け方は、主な原案や、構成を考えて来た方が
必ず主旋律を担当しているのですね。つまり「ミッシェル」は
ポールの原案で、「イン・マイ・ライフ」は、ジョンが作った曲だと
言えます。

後のレット・イット・ビーはポール。カム・ツゥ・ギャザーは、
ジョンの曲だと分かりますね。
(後期はもっと単独で作っていますが)


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ビートルズ(前期)②

  • 2015/11/20(金) 01:02:52

★ビートルズ(前期)②


まずは為替なのですが、FOMC議事録の発表で、
米国の年内利上げは、かなり濃厚となりましたね。
ですので今日は、もっとドル買いになるかと思いましたが、
やっぱりテロへの不安が大きく、左程買われる事もなし。

ん~~、これで利上げを織り込んだとすると、
ボチボチ円安も終りでしょうか?


ではレディーガガでお茶を濁しましたが、前期の続きを
書きたいと思います。^^

まずは「ペーパー・バック・ライター」からです。


次は自分自身で、初期で大好きな1曲。「デイ・トリッパー」です。


「蜜の味」。この頃から既に、ポールの才能が感じられる曲ですね。


そしてこれは前期の傑作とされてますね。


ビートルズの前期は微妙でして、ラバーソウルの間には、
大きな溝が有ります。それはライブで歌っていないところでして、
ライブ公開されたところまでを完全な初期。
それからは、前期の後期と考えています。(ヤヤこしい!)

その後はリボルバーから、サージェント・ペパーズが中期かな?
次は前期でも、ライブから撤退したところをUPしますね。^^


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★レディーガガ

  • 2015/11/18(水) 23:54:36

★レディーガガ


さて。今回はレディ・ガガです。実は彼女は、その取り巻きが強力。
特別スタイルが良いとか、ダンスや歌が上手いとも思えませんが、
それでも有名になったのは、どの分野にも強力なサポートが
有ったからなのですね。特に曲とMTVは凄いです!

まずは余り知られていない、彼女のデビュー曲からです。


次は「バッド・ロマンス」から。
こっから既に凄いMTVですね!


次は「ポーカー・フェイス」です。確実に言えるのは、
かなり金を使っている事かな?^^


「JUDAS」です。これは完全に売る為に作った曲ですね。
作曲から映像、スッタフまで完璧に作られています。


彼女はその後も激太りとか、同性愛者なのを告白。
音楽以外でも話題となっていますが、それってどうなんでしょ。
ミュージシャンだと言うのなら、正々堂々と音楽だけで、
聴かせて貰いたいのものですが。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ダルファー親子

  • 2015/11/18(水) 00:39:43

★ダルファー親子


さて。まずは為替ですが、それ程の混乱もなく、
落ち着いた展開に戻って、再び円安路線復活ですね。

やはり反応は「有事の円買い」なので、ヤレヤレなのですが、
まだ気楽に構えるにはリスク高。近日(今月中?)に、
ワシントンを狙うと書かれてますので、もしもそこで何か
起きたら一大事。再び円買いが起こるので、
細心の注意が必要ですね。では音楽です。

今回のタイトルに、「なんだ?」と思われるかですけど、
単純に言えば、オヤジと娘がサックス・バカ!(失礼!)
実はどっちもファンキーで、かなりイケているんですね。
音楽分野では、ギリでJAZZなのですけど、
単純にカッコイイ曲です。

まずは娘の「キャンダル」の代表曲からです。
途中で松本人志そっくりな人が映ってますけどね。^^


次は「pick up the pieces」です。どっかで聴いた事が無いかな。。。
<

さて。オヤジのダルファーですが、こやつもかなりファンキーです!
代表曲と言えばやっぱりコレです!


次いで同じアルバムに収録されている曲ですが、
このアルバムにはもっと魅力的な曲が、多く収録されています。
残念ながらUPされているのは、この曲だけですから聴いて下さい。
親子共々、どっちもジャズでファンキーですね!


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ビートルズ(前期)①

  • 2015/11/17(火) 01:08:49

★ビートルズ(前期)①


さて。「二十世紀を代表するバンド」で、ブッチギリ1位になった
ビートルズです。たった10年間で、こんな金字塔を建てた
バンドは、当然ながら皆無です。その影響は現在も健在で、
ロックの殿堂は「武道館」。そして初めての野球場でのライブ。
これは初期だけの伝説でして、解散するまで色々伝説は続いてます。

もちろんこんな怪物バンドですから、この10年間は3期に分かれて
認知されていて、世界でも数多くのCDが発売されてますね。

これを3つに分けるにも、困難なバンドなのですが、
まず今回は初期。それも数回に分けますね。
あ。ちなみに私はジョンの大ファンです!ご意見は無用で。^^
まずは和訳で「抱きしめたい!」からです。


次もコテコテ!キャント・バイ・ミーラブですね。


次も超コテコテで、「シー・ラブズ・ユー」です。
>

今日の最後はこれ。アイ・フィール・ファインです。
ま~~~、こんな甘々なタイトルが多い事!(笑)


こんな調子で紹介しても、軽く半年はイケそうなのが、
このバンドの凄いところです。ではお休みなさい~。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★プログレッシュ・ロック

  • 2015/11/16(月) 00:49:13

★プログレッシュ・ロック


さて。為替はちょっと難しい局面になったと言えますね。
週末に突然のテロですから、週明けに掛けて、どんな動きと
なるかは不透明。規模も大きい事や、今後のロシア・シリアでの
有事も想定される展開ですので、軽々には動かず、
今後の展開を見守った方が得策かもです。
まぁ為替の世界では、そんなに影響は無いと思いますが。

いきなりこのジャンルを紹介するのは、かなり無理が有るのかなと
思います。日本でもここに流れる音楽孤児は、1%居るかなと。^^
意味は「先進的」です。色々な他ジャンルとロックとを、
融合させたジャンルでして、自分は中1から聴いているのですが、
知らない人にはどうなんでしょうね。

では一発目はピンクフロイドの「狂気」です。このジャンルって
マイナーかな?って思っていましたが、実はこのアルバム。
ビルボード週間ランキングで30年以上もランクイン!
一度ルール変更で1週間だけ外れましたが、その後現在も更新中で、
もちろんギネスの1位に輝いています。
自分も寝る時に、何度も大爆音で聴いてましたけど。^^;

次は同じピンク・フロイドです。日本の放送局でも、
ドキュメント番組なんかで、結構使われているのですが。

次は「EL&P」です。当時は演奏の上手いバンドって投票で、
常にメンバー3名が1位。(シンセ・ドラム・ベースだけです)
これは代表曲となった、「展覧会の絵」のFULLです。
元々このムスログスキーの原曲は、友人の死を思って、
彼が見た絵の印象を曲にしたものですから、前後の繋がりは
全く無いのですけれど。

さてさて。EL&Pの中で私が一番オススメなのがこの曲。
「恐怖の頭脳改革」と言うアルバムに入ってますが、
そのアルバム自体のデザインも秀逸です。あの「エイリアン」を
デザインしたHR・ギーガーですからね!


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★琉球音楽

  • 2015/11/15(日) 01:53:56

★琉球音楽


俗に言う「沖縄音楽」なのですが、「レ」と「ラ」を除く音階が、
「沖縄音階」と言われています。
琉球独特の音楽は魅力ですが、悲しいかな途中戦争が有って、
そんな曲が「沖縄音楽」と言われるのも、ちょっと悲しいですね。

まずは「涙そうそう」です。森山良子が早くして亡くした兄を
思って、書いた曲にBIGINが作曲したものですね。
本当は森山良子自身に歌って欲しかったのですけど。


「島唄」です。戦争被害そのものの曲ですが、
日本では普通に流行したって感じですね。


「サトウキビ畑」。これも森山良子の曲です。
当時の米国は、若者を見たら殲滅させるってのが命令だったそうで。


最初に沖縄音楽で、有名になった曲かと。
今でも甲子園で聴くのが楽しみです。


最後はBIGINに歌って貰いますね。
沖縄音階では無いけど、案外好きなので。^^


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★感動の名曲(日本編)①

  • 2015/11/14(土) 02:11:26

★感動の名曲(日本編)①


これは人それぞれで違いますが、今回は概ね大勢の人が、
賛成だと言ってくれる曲を集めました。

まずは「スタレビ」の名曲。何故か涙が止まりません。。。


これはブルースで紹介した、山崎まさよしの名曲です。


次にコレ。聴いたら必ず泣くので、最近は全く聴いてませんが。。


最後はこの曲です。まず聴いた事が無いと思いますが、
実は友人が作った曲です。彼は20代で死んでしまい、
その彼の遺作がこの曲なのです。生きていたら、
今頃は有名になっていたでしょうね~。


全然「感動の名曲」としては、カバー出来ていませんが、
取り合えず第一回ですから、これでご勘弁です。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→


★ハスキー・ボイス(日本編)

  • 2015/11/13(金) 01:02:54

★ハスキー・ボイス(日本編)


さてさて。年内での米国利上げ観測で、NYダウの整理が続く為、
今週は若干のドル安で始まっていますが、落ち幅は限定的です。
慌てて高値を掴む事なく、しっかりと安いところを、
丁寧に拾いたいと思いますね。

では先日の続きで、日本の「ハスキーボイス」です。^^
トップバッターは「天使のダミ声」と言われた憂歌団から。
前回は「お掃除おばちゃん」だったので。。。


初めてのハスキーボイスの大ヒットかな?
こ奴もハスキーですね。^^ 魅力的だし歌唱力も抜群です。


チビ・ハスキーですけどね。まぁ印象に残る歌手です。


やっぱ最後は桑田佳祐ですね。サザンは特集したいけど、
余りUPされていないので無理っぽいですけど。
なので今回は私の一番好きな曲で。


他にもXジャパンなんかが人気ですが、ハスキーボイスは、
「泣き」に似合った声ですから、ちょっと違うかなと。
ポチっと応援クリックをお願いします!→


★天使の声「ハスキー・ボイス」

  • 2015/11/12(木) 00:54:11

★天使の声「ハスキー・ボイス」


今回はハスキーボイスに付いての特集です。
日本では「ダミ声」と評論されていますが、これはとんでもない事。
この声こそ、聴くものを魅了する、悪魔の美声と言えるのです!^^

では海外では、まずは古いのですがジャニス・ジョプリンですね。
F1が好きな方は、聴いた事が有るかも。ブリジストンのCMで
使われた名曲ですからね。シビれます!^^

そして彼女の、最大のヒット曲。ヤクで死んでいなければです。。。

酷いイジメられっ子だったらしいのですが、見事に殻を破った彼女。
当時誰も彼女を見て、気が付かなかったらしいですよ。
でも。この頃の風潮で、薬で死んでしまうのは勿体ないですね。。。

では次にガンズ・アンド・ローゼスの、アクセル・ローズです。
この通称「ガンズ」のボーカルなのですが、この声は正に、
「ガーゴイルの美声」と言えますね。

これはガンズの中で、一番私的に好きなのですが。。。

ボーカルはイケているのですが、バンド自体が下手!
これではボーカルの声だけで、どうなんだかねです。。。
他にも紹介したい歌手は一杯居ますが、今夜はここまでで。

次は日本編ですよ~。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

続きを読む

★ヘビーメタル

  • 2015/11/11(水) 01:52:09

★ヘビーメタル


さてさて。強力な雇用統計の数字から、FRB要人の発言は
当然ながら年内利上げを連想されるものが連発。

そこでこれまでと同じで、NY株式が軟調となり、
今週は調整から始まっていますが、底はかなり固く、
やがて年内には、125円もって感じですね。
安いところは慎重に、拾った方が良さそうです。
では音楽ですが、今回は「勘違い」です。

どうやらこのジャンルは、世界一勘違いされています。^^;
今の日本では、デーモン閣下とかで、悪魔的な印象です。
最近では「ベビーメタル」が、欧州で流行っているのですが。。。

でも書いて字の如しでして、「重い金属」なのですね。
最初に聴いた評論家が、「空から重い金属が落ちて来る様だ!」で、
ヘビーメタルって名前になったのです。

なので最初から、ジミヘンがディストーションを利かしてますから、
元祖はWIKIでも相違が有るけど、元々はジミヘンですよ。
つまり「ヘビメタ」は完全にファッション化されただけで、
音楽でジャンル分けするのは、無理が有りますけどね。

ではその証拠ですが。。。。
まずはロックの前代だった、チャックベリーから。
これは「バック・ツー・ザ・フューチャー」で使われていますね。


さっきのが1958年の曲ですが、パープル・ヘイズはその9年後。
それまで日本もテケテケ・ロックだった時代です。そこに突然。。。


これまではベンチャーズとか、日本では寺内タケシですから、
一気にロックの世界が、ここで変わったのですね。
で。前回紹介した「レッド・ツェッペリン」ですが、
こいつらが恐らく正当な「ヘビーメタル」の後継者。
特にこの曲などは、「空から落ちる金属」って曲です。



ポチっと応援クリックをお願いします!→

★レッド・ツェッペリン

  • 2015/11/09(月) 01:55:38

★レッド・ツェッペリン


さてさて。世界三大ギターリストの続きです。^^
前回はエリック・クラプトンだったのですが、今回はその2人目。

知らない人でも、北京オリンピックの閉会式で、
ギターを弾き捲っていたオジサンなのですが、覚えてますか?
この「ジミーペイジ」も、ヤードバーズの一員でして、
ジミヘンに頭をやられて独立。恐らく現在の「ブリティシュ・ロック」
と呼べる分野は、この時に出来たと言って良いですね!

では一発目は「移民の歌」から。イギリスのスコットランドは、
実はバイキングの末裔で、そのせいで度々独立騒ぎが起きますね。

次は変拍子(八分の7拍子)の傑作。ブラックドッグです。

これは「レッド・ツエッペリン」の代表曲と言えますね。
この曲はイギリスの三大名曲の1つで、毎年の年末に選ばれる、
「イギリスを代表する曲」に、ずっと選ばれています。
ちなみに他の2曲は、ビートルズの「イエロー・サブマリン」。
もう1つがロッドスチュワートの、「アイアム・セーリング」です。
ま、これはまた後日に。

胸一杯の愛を。リフの効いた名曲です。


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ブルース

  • 2015/11/08(日) 01:23:28

★ブルース


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様です!

さて今夜は音楽にとても重要な、「ブルース」としますね。
これはJAZZとかロックの源流となったもので、
米国南部の労働歌として始まりました。

この独特の音階は、後にブルーノート・ジャズへと発展。
また元々は12ビートが基本だったのですが、中には8ビートの
曲が生まれ、それがロックの源流になったとされています。

自分としては、各々にターニングポイントの奏者が居て、
一概にそうだとは思いませんけどね。

では元祖とも言うべき、ロバート・ジョンソンから。

それに影響を受けたクラプトンが、演奏したら。。。(同じ曲です)

日本では「ブルース」と言えば、悲しい曲って意味に
勘違いしていますが、「大阪ブルース」だけは、
この魂を受け継いでいるかと。では日本のブルースから。
上田正樹はサウス・トゥ・サウスからライブも聴いてますが、
本当はもっと下品です!^^

次はやっぱBOROですね。

どっちもフォークソングとは違いますよね。
もう一つ。「ブギウギ」ですが、これも「繰り返し」と言う意味
なのです。派生は同じブルースで、発展する途中で生まれた
ジャンルです。大阪でブギと言えば、このバンドは外せません!


ポチっと応援クリックをお願いします!→


★雇用統計の結果で。。。

  • 2015/11/07(土) 01:40:24

★雇用統計の結果で。。。


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

先程、米国雇用統計の発表だったのですが、結果は驚きです。
予測18・5万の増加に対して、結果は27.1万人!
基本の20万人も軽く超える結果ですから、これで年末までに、
FRBが利上げをしない理由が無くなりました。

当然ながら、この発表から一気にドル高の展開でして、
現在ドル円では、123円台へと、ぶっ飛びになってますね。

でもまぁこれまでにも、利上げは数回有りましたが、
追加利上げへの反応は薄く、最初の1度だけが強い反応です。

勿論現在では、ドル借金の国が多い事から、
ドルの利上げは毒ともなりますので、実際のところ。
年末利上げが実施されたところが、ドルの最高値になるのかなと。

ここは為替の上でも、ターニング・ポイントとなるところ。
しっかりと見極めないとです!

あ。音楽忘れてましたね。^^
今回は「アニソン」で濁して、明日からチャンと書きますね~。

エヴァンゲリオン。やっぱアニソンはこれですね。

タッチ。売れましたね~。

北斗の拳。これもクリキンが歌ったので驚きです。^^

これが三大「アニソン」かな?

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ブラック・コンテンポラりー

  • 2015/11/05(木) 02:14:53

★ブラック・コンテンポラりー


この「ブラック・コンテンポラりー」と言うジャンルは、
ルーサー・ウァンドロスによって広まった言葉なのですが、
最初はR&Bなどを指す言葉で、最近は「黒人的な音楽」
と言う意味に転嫁しました。

ま、宇多田も久保田も最初はR&Bの影響が強いです。
ですが残念な事に、後々には日本人の好みに、
合わせているってのがアリアリ。だから初期ほど名曲なんですね。

ではまずはこの曲から。完全にR&Bの影響ですけどね。

次は宇多田の2曲目。かなりポップにはなっていますが、
普通の日本人には、これは作れません。


更に久保田利伸。見た目は「黒人とのハーフ?」なのですが、
完全に静岡県人ですよ。^^子供の時からスティービーを聴くと
こんな歌手になるのでしょうか?


これは女版のクボタですかね。とかくボーカルって、声量だけで
評価されてて、微妙なオンチが多い世界です。
それに大切なのがリズム感。彼女はちょっとモタいですが、
この声はほぼ楽器。聴いていて心地良いですね。


最後はミーシャです。彼女も元々はR&Bですけど、
途中でナゼか路線変更して、売れなくなりました。


では今夜はここまでです。
ポチっと応援クリックをお願いします!→


★テクノポップ

  • 2015/11/03(火) 21:10:37

★テクノポップ


本日は祝日なのですが、思ってた通りの緩~い円安ですね。^^

では今日は「テクノポップ」と呼ばれるものを集めました。
中には微妙な曲も含まれますが、そもそも定義が曖昧なジャンル
ですので、その辺はお許し下さい。

まずはステイクスのこの曲からですが、Vが面白いのでこちらを。

次はクラフトワークから。クイズ番組で使われている曲です。

パフュームからですが、カンヌ広告祭は映像が凄いです。
始めは飛ばして、2分頃から「見て」下さい。

日本で有名にしたのは、やっぱYMOでしょうね。

最後は電気グルーブです。ジャンルが微妙なとこですけど。。^^ 


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★サッカーの曲

  • 2015/11/03(火) 01:48:45

★サッカーの曲

サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした。

何だかハロウィンで大騒ぎした後で、今度は文化の日ですか。^^;
まぁ「仮装」ってのも、日本の文化で定着しそうなのですが。

ではまず相場ですが、今週は雇用統計が控えてます。
今週は株式の決済で、押されて始まってはいますが、
前回のFOMCでは、今年の利上げを完全否定はしていません。
雇用統計の結果次第では、FRBの利上げも有りますので、
今週は上値を模索する展開かと。

まぁそんなに上値も無く、121.40円がMAX。
下は底堅く推移で、120.25円が限界かなと考えてます。
ま、発表まで待つのはバクチなので、狭い範囲で機敏にですが。^^

であ今回は「サッカーに関する曲」です。
最初はスポルトで、セリアAに使っていた曲ですね。

次はスペインの、リーガ・エスパニョーラに使っていた曲。
弾いているのは、実はアメリカ人のロック・ギターリストで、
あのトップ・ガンを演奏している人です。

こっからは日本代表の曲です。まずはオサカナ大好きなこの人。
ん~自分としては、映像作家の方が大成しそうなのですけど。

次は2010のテーマ曲から。中々次のヒットが出ませんが。。。

最後はこの前の、2014の応援歌から。元々アナーキーの彼女を
採用しておいて、歌詞に反論ってのもどうだかね~。^^


ポチっと応援クリックをお願いします!→





続きを読む

★ハロウィン特集

  • 2015/11/01(日) 00:06:02

★ハロウィン特集

サラリーマンの皆様、ハッピーハロウィンです。^^;

さてさて。年々盛り上がっているハロウインですので、
今回は似合う曲を集めてみました。

まずはコテコテでスリラーから。懐かしい曲ですが、
やっぱマイケルはダンスの天才ですね!


次は映画のサスペリアから。異教の学校が舞台ですが、
今迄では一番出来の良いホラー映画かな?


そしてホラーの最高傑作。エクソシストですよ。
画像が怖いって!^^;(お子様注意!)


これはかなりハマってますけど。。。


一杯出たので、ここらで退治しますね。


では余りハメを外さない様に。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。