スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★歓喜の歌

  • 2015/12/28(月) 18:14:07

★歓喜の歌


もう年末ですね~。皆さんも多忙な事と思いますが、こんな時こそ
事故も多くなります。常に慌てずのんびりが肝要ですよ。^^

では年末と言えば「第九」ですね。特に第四楽章の「歓喜の歌」は
いつの間にか日本では、年末の恒例行事となりました。

この歌の詩はドイツの詩人、シラーによって書かれたものでして、
大学の聴講生だったベートーベンが、これに感銘を受け、
32年後(当時54歳?)に仕上げた曲です。
ですので冒頭の部分だけ、彼のオリジナルな作詞となっています。

元々はフランス・ジャコバン党を支持する、ドイツの若者が、
マルセエーズのメロディーで、歌い始めたのが起源ですので、
若い頃からベートーベンも、共和党支持者だったんですね。
まぁこの当時は、フランスもドイツも王国ですから、
彼も貴族の為に曲を作るのが、嫌いだったのでしょう。

つまり歓喜の歌は、元々民衆が歌う解放の旗印だったのですが、
ベルリンの壁崩壊や、東欧革命の時も、民衆によって歌われた為、
後々までも、自由を求める民衆の歌となりました。

それを何故か日本国民が大好きでして、年末に歌う事が恒例に。
長野オリンピックの時には、小澤征爾の指揮で合唱しましたが、
これを見たドイツ人はビックリ!「日本人ってドイツ語を話せる!」
と勘違いされたそうです。^^;



ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト

★反戦曲

  • 2015/12/27(日) 00:55:11

★反戦曲


もう年の暮れですね。今年も色々と有った様ですが、
今年の漢字に選ばれたのは「安」。これは安全保障の「安」ですね。
それだけ世界情勢は、また危険な状態が迫っている事を意味します。

その代表的な戦争が「ベトナム戦争」ですか。自分もこの時代は
当事者ではないので、詳しく知ったのは、終戦した後なのですが。。

ベトナム戦争は、東西冷戦の代理戦争と言われて、局地戦ながら
多くの犠牲者を出す、凄惨な戦争となりました。
これと現在の中東。どっか似ていませんか?

当時の米国では、なぜ自国民の若者が、地球の裏側で死ぬんだ?と、
大きな反戦運動へと繋がった時代です。もちろん音楽でも、
国内外で「反戦歌」が多く作られ、米国の政治体系を、
大きく動かしたエネルギーとして、現在でも記憶されています。

まずはCCRの「雨を見たかい」です。訳されているのが有りますよ。


前のビートルズでも、「愛こそはすべて」を書きました。
また前回の「ハッピークリスマス」も同じく反戦歌ですね。
今回のこの曲はヨーコとの有名な、ベッドインの時の映像です。


ピート・シーガーの「花はどこえ行った」とか、ボブデュランの
「風に吹かれて」ってのも有名ですが、米国で厭戦気分が高まるのは
もっと後なので、これはどうだか。。。それよりヒッピー文化は、
当時最も反戦運動を映した、穏健的な行動だったのかな。


もちろん「反戦」を前面に出し、政府から睨まれる行為は、
売りたい歌い手には厳禁。それを堂々とやってのけたのが、
世界でも唯一、ジョンレノンだけだったです。


人間って本当に残酷です。これは本能なのかな。。。
肌の色は勿論。思想(共産と自由資本)や、宗教での隔たりだけで、
相手を同じ人間と見ていませんからね。。。

ポチっと応援クリックをお願いします!→


★クリスマス・ソング(海外版)

  • 2015/12/23(水) 00:12:56

★クリスマス・ソング(海外版)


それにしてもクリスマス・ソングって多いのですが、
案外残る名曲は少なく感じます。それ程心に残るイベントだからかな。
ではいよいよ海外版です。

まず一曲目はワム!の曲から。


次はマライア・キャリーです。どこが良いやらですが。^^;


そして町には、こんな曲が溢れていますね。


ここまでの日本版も、海外版もどうでしょうか。
ハッピーな曲が多い中、極め付きがこの曲です。


宗教は違えど、子を思う気持ちは皆同じですよね。。。
憎しみが負の連鎖とならぬ様に、祈るばかりです。
メリークリスマス。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★クリスマス・ソング(日本版)

  • 2015/12/21(月) 23:04:43

★クリスマス・ソング(日本版)


多忙で少し空きました。。。^^;
では相場なのですが、黒田バズーカ3を狙っていたのか、
日銀決定会合以降は大荒れ。

国債買い入れ延長が決定も、反対が3票だったと伝わると、
一気にリスク回避でドル売り・円買いになりました。

まぁクリスマス・ウィークですから、一気に円高とも
なってはいませんが、原油が再び安値圏に突っ込んだりと
年内は円もジリ高でしょうか。

さて、クリスマスですね。最近は一人の人も多いですが、
家族とか、誰か一と緒に過ごせたら良いですね。
しかし!本番はイヴではなく、クリスマスの方ですよ。^^

では一発目は最も有名な曲から。何時まで売れてるんだ!
当時のJR東海のCMでドゾ。


ユーミンの「恋人はサンタクロース」です。


ちょいマイナーですけど、オメガドライブです。


最後は桑田さんの「白い恋人達」チト短いですけど。


ポチっと応援クリックをお願いします!→



★FRB利上げ

  • 2015/12/18(金) 02:31:57

★FRB利上げ


いよいよFRBが、予定通りに金利を25bp引き上げですね。
これによって、発表時は振幅しましたが、当然ながらドル買いで反応。
円も122円後半まで、円安に押し戻したのですが。

でも同時にブラジル国債が暴落し、ジャンク債扱いになりましたし、
隣国のアルゼンチンも大暴落です。当然ながら安い金利だった為、
新興国への資金流入が大きかったのですが、これからは逆です。
なので売られて当然なのですが、問題はここから。

米国は良いのですが、世界のタイミングは不景気です。
また低金利が7年以上だったので、その金額も莫大ですからね~。

更に世界情勢が不安定で、産油国の足並みも揃わず、
WTI原油価格も超低水準。今後米国でもシェール・オイル倒産が
多くなりそうなのですが。

今は良いのですが、これは貧乏人に金を貸して、今は無理やり
回収で潤うって事ですかね。^^;貸した相手がリッチになれば、
それは相互的にドルには良い事なのですが。。。

低金利発表後は、NYダウも金融株から買われて、それなりに
ドル高で始まっていますが、問題はここからですよ。
普通なら円安・ドル高ですが、今後も問題は山積。
一歩間違えて、NY株が売られる材料が揃えば、逆行もあり得ますね
ま、焦らずに今後を見てみましょう。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★オフコース

  • 2015/12/17(木) 00:14:33

★オフコース


さて。この時代はバンドも多様化をした時です。
他にも甲斐バンドや、チューリップ。グレープ(さだまさし)や
アリスなどが活躍した時代ですか。

もうフォーク世代とは呼べず、皆がニューミュージックの時代を築く
バンドへと成長します。それにしてもボーカルの小田和正。
オジサンになっても、未だ少年の様な「天使の声」ですね!

ではその中でも、一番HITしたのがこの曲です。


さよならの前にも、「眠れぬ夜」とか有ったのですが、
カラオケばっかで本人が無いのでパス。^^
有名になって売れたのが、この曲かな?「言葉に出来ない」です。


いや~小田さんも、余り残っておらずニセモノばかり。。
やっと3曲を揃えますが、この曲が「神曲」ですよ。
どこを切っても素晴らしく、売れて当たり前ですね~。



ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ビートルズ(中期)⑤

  • 2015/12/15(火) 22:59:23

★ビートルズ(中期)⑤


色々と寄り道してたら、何回目かも忘れていました。^^;
ではここから「中期」としますが、アルバムは少なくて、
イエローサブマリン・サージェントペパーズ・マジカルミステリーの
3枚を対象としますね。まぁそれでも名曲揃いでして、
1~2回では絶対に無理でしょうけど!

まずはジョンの育った、孤児院の有る場所が題名です。


サイケデリック時代の名曲。この当時はサザンロック全盛で、
ベトナム反戦歌が流行った時代。この曲は「俺はセイウチ」ですが、
巧みに韻(いん)を踏んだ名曲です。(リンゴのフライングに注目!)


未だに「金字塔」と称される、サージェント・ペパーズの1曲です。
この頃から、リンゴも味の有るドラムを叩きますね。


そして入れないといけないのがこの曲です。特別名曲ではないですが、
タイトルが「ルーシー・インザ・スカイ・ウイズ・ダイヤモンド」
頭の英語を並べたら「L・S・D」ですよ。この頃のアーティストって
良くドラッグで早く死んでいたのですが。。。


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★井上陽水②

  • 2015/12/14(月) 20:47:36

★井上陽水②


まずは為替ですが、FOMCの目前で、急激なリスク回避に。
原因はOPECの足並みが崩れた為に、原油が急落です。
これを書いている間も下げており、現在は遂に34$台。
これはリッター換算で、1L=26・6円ですからね。

恐らく次回のFOMCでは、0・25%の利上げとなりそうですが、
これに先んじて新興国家の通貨が急落。中国への影響も大との
連想で株も安くなり、ドル円も120円台の円高ですね。

当の中国株だけは、買い支えからか無事ですが、やはり今回の
利上げは、世界的な悪影響が強そうです。

FRBは来年にかけて、1%程の利上げを考えていると思いますが、
余りに低金利時代が長かった為に、株価の調整が遅れており、
簡単に利上げが進むかも懐疑的ですが。。。

まぁ17日だけは円安?でしょうけど、同時に株安も起きるので、
ポジの持ち越しだけは厳禁ですね。今週は大荒れで始まりましたが、
デイトレするなら、1日中に完結させるのがオススメです。
でも原油が落ち着くまでは、様子見が得策かな?^^;

では井上陽水の続編です。この人の凄いところは、日本で初めての
「ミリオンセラー」を達成した事。しかもアルバムですよ。
そのタイトルとなったのがこの曲。


陽水は早いうちから、テレキャス(フェンダー社のギター)
を使い、ロックとフォークの融合を試してましたね。
氷の世界と同様に、この曲にも目立ちます。


彼の代表曲の一つ。「少年時代」です。この曲の舞台は、
彼の父の出身だった、高知県の佐賀町(現・黒潮町)ですね。
歌に出て来る川は、四万十川の支流ですよ。


紹介するとキリがないので、後はお好きにって訳ですが、
この曲だけは別格。筑紫哲也さんがニュース23の為に、
陽水に依頼して誕生した曲ですが、聴いて驚きましたね。。。


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ジプシーキングス

  • 2015/12/13(日) 23:02:29

★ジプシーキングス


さてさて。日曜日ですから、ちょっと変わったバンドを紹介しますね。
このジプシーキング。余りバンド名は知らないかもですが、
曲はとても有名でして、誰でも「あ~!」と気が付きますよ。^^

まずは基本情報ですが、どこの国のグループで、何語で歌っているか
です。もちろんフラメンコが基本なのですから、スペイン語が主。
でも出身はフランス南部でして、ジプシー達が使う「ジタン」と
言う言葉を使っています。

メンバーの中には、フラメンコ・ギターの巨匠を父の持つものも居て、
その音楽性は、ラテン・フラメンコと言えますね。

んではまず、日本で大ヒットした「ボラーレ」から。


次は「バンボレオ」です。


そして「ジョビ・ジョバ」です。一番ジプシーを感じる曲ですね。


ジプシー音楽は、世界にも意外と多いのですが、このグループが
スイスに行った時に、レストランの片隅で泣いていたのが、
かのチャップリンだとか。アメリカで赤狩りでスイスに渡った彼は、
自分自身がジプシーだと思っていたかもですね~。

ポチっと応援クリックをお願いします!→



★小椋桂①

  • 2015/12/12(土) 23:20:24

★小椋桂①


フォークソングの叙情派において、彼を忘れる訳にはですね。
現役から銀行マンを辞めず、ライブ活動も少ない彼ですが、
作った詩は多く、また鮮烈でした。そう言った事も有り、
最近の若い人には、余り認知されていないのかもですね。
でも。名曲がテンコ盛りの彼なので、一度聴いて下さい。

まずは「愛燦燦」です。美空ひばりの代表曲の一つですね。


布施某に提供したのが「シクラメンのかほり」です。


「さらば青春」です。なんか聴いてたな~。。


あ!これはどっかのドラマの主題歌だったかな?
歌っていたのは、確か中村雅俊だったか。。


強烈なインパクトは無いものの、不思議に覚えている
アーティストですね。まだ紹介していない曲も有るので、
後日紹介致します。

ポチっと応援クリックをお願いします!→


★ジャズの夕べ①

  • 2015/12/11(金) 22:57:54

★ジャズの夕べ①


さて、これまで紹介しなかったのがJAZZです。
起源はニューオーリンズで、これをデキシーランド・ジャズと
言いますが、その後は一気に多様化され、分野分けが困難な点も。

私的にザックリ分けると、まずモダン・ジャズ。
ビッグバンドが好む、スイング・ジャズ。
ロックなどと融合した、クロスオーバー・ジャズ。
大体これに分類されるかと。当然ながらもっと細分化出来ますが。

ではジャズの一発目は、MJQの「朝日のようにさわやかに」から。
実はこのビブラホン(鉄琴)を叩いているミルトジャクソン。
単独で来日した時に接待し、一緒に焼き肉を食べた事が有ります。#


珍しくサントリーのCMに出てた、ロン・カーターの名曲から。


モダンジャズを並べましたが、ジャズ初心者には難しいかも。。
なので残りの2曲は、誰でも知っている名曲です。
まずは「テイク・ファイブ」から。


最後はスゥイングから、「A列車で行こう」です。


最近は映画で、「スゥイング・ガール」ってのが流行ったので、
次回はスゥイングだけで特集しようかな?^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→


★ミスターチルドレン①

  • 2015/12/11(金) 00:38:42

★ミスターチルドレン①


今や日本を代表するバンドとなったミスチル。
桜井和寿の独特な字余りは、昔の拓郎の影響かな?
フォークっぽいものから、ポップス・ロックまで、
そのジャンルは多岐に渡るのですが、デビュー時は簡単ではない様で。

初期には全く売れないバンドでした。有名プロデューサーの
小林武史と出会ってからも同様で、解散寸前だったのですが、
運転中の桜井が、突然この旋律を考えて、電話で伝えたのがこの曲。


この曲はイノセント・ワールドの半年前に発表されていましたが、
当時は全然でした。売れたのは後の話なのですね。


更に半年以上も前に発表されてたのがこの曲。


そしてイノセント・ワールドの次に発表したのがこの曲。
良く「神曲」と言って、全てにおいて完璧と言える曲が有りますが、
間違いなくミスチルではこの曲ですね。この曲が有ったから、
現在のミスチルが有るとも言える曲だと思います。


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★英国三大名曲

  • 2015/12/10(木) 01:20:27

★英国三大名曲


以前に英国で、毎年トップ3に選ばれる曲が有ると書きましたが、
忘れない内にその3曲を紹介致しますね!

まずはレッド・ツェッペリンの「天国への階段」です。
UPも秀逸でして、非常に良い音源ですよ~。


次はもちろんビートルズから。それもレットイットビーとかでなく、
英国人の本質を表すこの曲とか。ん~意味深いですね。。


そして3曲目が、ロッド・スチュワートのこの曲です。
和訳で「おいら船乗り」。元々が海洋大国の血が流れている英国。
特にスコットランドの人が好きなのかな?


これで3曲全部ですけど、あと1曲入れるとしたら、どの曲かな?
ワン・ディレクションなんかも、最近は頑張っているけど、
この程度で代表とは。。20年後は忘れているバンドだろうし。。
やっぱビートルズの世話になりますか。これなら文句無しでしょ。

5分11秒付近に、ストーンズのミックジャガーが映ってますね。
まぁR・ストーンズでも、ビートルズと比較されると辛いかな。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

★荒井由実③

  • 2015/12/09(水) 00:26:10

★荒井由実③


やれやれですね。OPECの足並みが揃わずに、
遂に原油も40ドル割れの時代です。

ろくに国民収入も上がらない昨今なのに、アベちゃんは
GDPだけに拘っていますが、これでは次も無理かな?^^
取る事ばかりに必死な自民ですが、今後が心配ですね。

さてさて。忘れてしまわないうちに、ユーミンも完結させねば。
結婚後の彼女のステージは、旦那の影響で豪華となったのですが、
余りにショー的な要素が強く、私としては減滅。。。
ずっと「荒井」時代の方が、彼女の本質が感じられますけどね。

それでも良い曲は多いですよ。旦那の仕事は超余計です。^^
さて今回は最終なので、時期を選ばずに集めてみました。

まずは後期(?)でも1番の傑作ではと思う曲から。


発表から7年も経つのに、大震災の時に思い出したのがこの曲。。
ちょうど2011に歌った映像ですね。


この店は横浜のレストラン・ドルフィンですね。この気分を味わいたい人はドゾ!
横浜の根岸旭台ってところに有ります。^^


やっぱユーミンならこの曲でしょ。決定版と言える曲ですね。


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★サイモン&ガーファンクル

  • 2015/12/08(火) 00:15:37

★サイモン&ガーファンクル


はい。今回は天才コンビのS&Gです。
どの曲も深く胸に刺さる名曲ばかりだし、聴けば聴くほど耳に残る。
今後も不世出のコンビと言えますね。

まずは「コンドルは飛んでゆく」です。スペイン語で
エルコンドルパサー。競走馬にも同じ名前が居ましたね。^^


次は「the Boxer」です。


次は映画「卒業」の注入歌。サウンド・オブ・サイレンスです。
今も輝く傑作の出来ですね。


これも「卒業」の中に使われた名曲ですね。元々は中世に、
吟遊詩人が詩っていたらしいのですが。


最後にもう1曲なら、「戦場に架ける橋」ですか。
この橋はタイ国境に有り、日本人には心苦しい映画ですね。
今の平和を忘れずにです。。。

ポチっと応援クリックをお願いします!→


★ムード・ギター

  • 2015/12/07(月) 00:28:26

★ムード・ギター


最近はやっと音楽も多様化して、一時の様な小室音楽ばっかの
環境とは違って、好きなものを聴く時代になって来ましたね。
この「ムード・ギター」も一時は流行りましたが、
完全に消えていた分野の1つです。

まずは世界最高得点に敬意を表して、ゲイリームーアのこの曲です。


ムードギターの元祖ですかね。「遅弾き」の帝王。サンタナです。


そのサンタナの代表曲がこれ。死ぬまでにオスカー取って良かった~。


そしてムードギターの大御所は、日本ではこの人ですか。
なんか「金曜ロードショー」でも始まりそうですね。^^


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★ディープパープル

  • 2015/12/06(日) 00:29:37

★ディープパープル 


ISMはやや弱めも雇用はしっかり。そして雇用統計も20万越えで、
これでいよいよ利上げ濃厚ですね。それでもECBの規制緩和が
期待外れでドル高なのに、ドル円は蚊帳の外ですから、
もう利上げ後は株安。それに沿った円高路線になるのかなと。
株を中心に投資していた方は、そろそろ注意ですよ。

では今日はディープパープルです。3大ギターリストでは無いものの、
4人目と言うと、まずはリッチブラックモア。子供の頃には
クラシックを習っていたので、アドリブのところに、
どっかバッハ的なリフが聴こえます。^^
日本でもCMに、現在でも良く使っていますね。

では一発目は「BURN」です。最近はキムタクが出ている、
タマ・ホームで使われていますね。(別名・紫の炎)


次は「ブラックナイト」です。前に書いたかな?
これはブラックコーヒーのCMで使われてましたね。


これもパープルを代表する名曲ですね。


そして最後はこの曲です。当時からのファンなら、
やっぱこの曲が1番でしょうね!なに?チャイルド・インタイムが
ないだと?たた斬ってやる!^^


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★一発屋②

  • 2015/12/05(土) 00:02:40

★一発屋②


この頃は「世界歌が上手い選手権」などで、クリス・ハートらが、
有名になる時代ですね。その外人達が一番好むのも、
バブル前後の頃のポップスかな?

ではまず池田聡の「モノクローム・ヴィーナス」から。


前回抜けてしまいましたね。^^;
あみんの活躍で、軽音楽部の入部が殺到したとかです。


西島三重子の「池上線」です。完全に一発屋でしたが、
この曲は泣けますよ。


最近モノマネで、椿鬼奴とRGが有名にした曲。
バブリー丸出しのファッションですがね!^^


ポチっと応援クリックをお願いします!→

★荒井由実②

  • 2015/12/03(木) 22:58:33

★荒井由実②


何だか最近日本物ばかりですが、ユーミンの続きです。
良く同時期の中島みゆきと比べられる事が多いのですが、
初期のみゆきは、悲しい詩を暗く歌う。ユーミンは真逆で、
暗い詩を明るいメロで歌う事かな。
ちなみにみゆきの実家は産婦人科の病院です。(ミニ情報)

では前回の続きで、初期の「ルージュの伝言」です。


ユーミンは初期から、楽曲を提供していましたが、
この曲はいきなりヒットしましたね。


これも同時期の、ユーミン提供の楽曲ですよ。
にしても、ユーミンもアイドルやってみたかったのかな?^^


そして「荒井時代」の最後の曲かな?でも結婚後もアーティスト魂が
収まる事は無く、直ぐに彼女は復帰します。それはまた続きで。
(本当の荒井由実の最後の曲は「翳りゆく部屋」ですが。)



ポチっと応援クリックをお願いします!→

★一発屋①

  • 2015/12/02(水) 00:18:43

★一発屋①


さて。この頃はポプコンで活躍した人は多数いますが、数々の名曲を
残していますね。殆どが一発屋と呼ばれていますが、
前回迄で紹介出来なかった「待つわ」などを、集めてみました。

トップバッターは鈴木一平の「水鏡」です。


次は旧国鉄の現役職員だった、伊藤敏博の「サヨナラ模様」ですね。


堀江淳の「メモリー・グラス」です。


そして今夜のラストは三浦和人のこの曲。



ポチっと応援クリックをお願いします!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。