スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【71】

  • 2013/05/03(金) 01:51:55

★相場雑感【71】



サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
いよいよGWも後半ですが、なんだか寒いGWですね~。^^;
私もご他聞にもれず、近場で過ごすつもりです。

では昨日の動きですが、やっぱり欧州金利発表から大波乱です。
まず発表直後から、織り込んでいた景気回復を見込んでの買いが入り、
ユーロドルは1・32ドルまで急騰。その後10分程度経過して、
ユーロ円にも買いが入り、ドル円も98・30円まで、100pips近い
急騰となりました。

それからは2つの大きな動きが有りまして、1つはドラギ総裁の発言です。
ユーロ圏の景気下振れと、追加利下げを匂わす発言でユーロは急落。
1・32ドルまで上がっていたユーロドルは、僅かの時間で1・30ドル半ば
まで、急落すると言う、荒っぽい展開となりました。

そしてもう1つが、米国失業者保険数と受給継続数です。
先日のADP雇用統計では、悪化の予測数値となっていましたが、
これが2万人ほど減少。これでドル円に、直接買いが入って、
ユーロドルが急落しても、ドル円は98円近辺で留まってますね。

これはいつもの事ですが、ADPは狼少年でして、^^
余り雇用統計の予想として、信用しない方が良さそうです。
ま~雇用統計は、出たとこ勝負の感なのですが、
マネタリーベースで考えたら、105円ってところが普通だそうですので、
やがては100円突破との考えは、私は依然として変わっていません。
なので、もしかしてですが、雇用統計が強めに出たら、
一気に高値追いになるかもですね!

今回の円安ですが、かなりチキンレースの感じです。。。
相対的に考えたら、欧州経済は米国経済成長よりも弱い。
更に日本は強烈な量的緩和で、もっと円安に動くのが普通です。
ちょいとシェールガス景気の後退で、米国景気の下振れが有って、
100円抜けが重いのですが、それはやがて突破するでしょうね。
でも目先の動きは分りませんので、今日の雇用統計の発表は、
最重要で注目して下さいませ!

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。