スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★+15pipsスキャルFXについて【1】

  • 2013/07/07(日) 21:25:50



+15pipsスキャルFX


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
何やら梅雨明けらしいですが、とにかく蒸し暑いですね!^^;
エコも良いのですが、熱中症にならない様に気をつけて下さい。

では先週後半の動きですが、注目だったのがECBドラギ総裁の
発言でした。ポルトガルやギリシャの危機再燃で、長期的な低金利策を
今後も継続するとの発言で、一気にユーロドルは売り込まれて、
1・30ドル近辺から、1・29ドルまで下落の動きに。

そして注目の雇用統計ですが、ADPの予測(改善)をも上回る好結果!
ジリジリと値を下げていたユーロドルは、更に売り込まれる結果となり、
1・2832ドルで引けています。

一方ドル円の動きは、ポルトガルの騒動で、一時はリスク回避の
円高となっていましたが、日経の順調な回復に伴って、
次第に円安の流れで、100円台前半まで上昇。
そして雇用統計の好結果で、一気に101円台に乗せて引けました。

では今週なのですが、注目イベントは2つですね。
まずは10~11日の、日銀金融政策決定会合ですが、
ここで長期資金供給オペを、導入するかが議題となります。
導入となれば、円安が決定ですので注目ですね。^^

次がFOMCと、10日のバーナンキ議長の講演会です。
NY連銀総裁が、「市場はバーナンキ発言を誤解している」と、
意味深な発言をしているので、前回の議会発言と違った事が出ると、
現在のドル高も、方向性が変わるかもですので、
ここも要注意となります。

ですので一応は、まだ円安・ユーロ安の流れは、継続と思いますが、
ポルトガルやギリシャのリスクが高まれば円高に。
またエジプト情勢などにも、注意が必要になりますね。

ではレビューなのですが、今回はスキャルの特化したものです。
作者は以前に「PASTA」を作った方なのですが、今回は更に
シンプルな作りとなっていますね~。成績の方も日々細かく、
HPに追加されていますが、中々良い感じだと思います。
勝率に重きを置くか、利益に重きを置くかでは、
多少獲得は変わってますが、概ね勝率は75%近辺ですから、
これは充分使えるシステムと言えますね。

推奨通貨ペアでは、ドル円も入っているのですが、日々の成績を
考慮したら、ユーロドルやユーロ円、ポンド円で使う方が、
よりメリットが有ると思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。