スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【87】

  • 2013/08/03(土) 18:31:32

★相場雑感【87】



サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
暑い日が続きますね。ですので今回は、ちょっとオカルト的な内容も、
書いてみたいと思います。^^

ではまず相場なのですが、動きの無かった相場が、まず反応したのが
ADP雇用統計です。結果が20万超えだった事でまずは円安に。
続いて発表された米国GDPがサプライズで、0・7ポイントもの上昇に。
この2つの数字で、ドル円は60pips程上げたのですが、
それほどでなかったのは、その後にFOMCが控えていたからです。

そしてFOMCですが、予測されていた変更は無かったものの、
しつこくインフレターゲットに言及したので、QE3縮小は遠いと伝わり、
そこからはドル売りが進みました。結局はGDPで上げた分が
全て相殺された格好ですね。

このFOMCの内容と、朝10時の中国PMIが50超えの好結果で、
日経株価が大きく復活。完全にリスクオンの展開となり、
ドル円は97・80円から、雇用統計発表直前までには、
100円近辺までと、一本調子の円安となりました。

もう完全にADPの結果とGDPの上昇。更にISMの好結果と、
雇用保険関連も好転と、誰もが「雇用統計は上!」と考えていたのですが
なんとなんと!結果は真逆の予測より下!^^;
数字はそれほど悪くも無かったのですが、期待で予測値が高く
変更されていた事も、失望を大きくさせた要因です。

ではここで「ジブリの呪い」に付いてです。
この雇用統計が発表される金曜日。同じ時間に「金曜ロードショー」が
放送されています。実はここでジブリの作品が放送されるのは、
昨日のケースで10回目なのですが、その内9回も雇用統計が、
予測値よりも下なのですね。(当然円高に動きます)
当然数字なのですから、投資家の心理とは関係が無い事なのですが、
ここまで当たると気味が悪い話ですね~。^^
また次回もカブル時が有れば、覚えていて損はないかなと。

そして来週の動きなのですが、雇用統計発表後のダウの動きは、
一時的に70ドル安となったのですが、金融緩和の継続は変わらず
ですし、失業率は0・1ポイント改善だった事で切り返し。
結局は最高値を更新して引けています。
この流れからも、日経の株高も期待出来る展開ですので、
円安の基調は変わらないかと思います。ですが夏も本番で、
他に強い材料もないので、余り動きに期待してもですね。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。