スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【99】

  • 2013/11/07(木) 01:26:22

★相場雑感【99】



サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
ん~、気がつけばもう11月。今年もあと2ヶ月ですね。
年を重ねる度に、恐ろしいほど1年が短いっす。^^;

では週の前半の動きですが、注目だったISM非製造業指数は上。
それまでは利益確定に押されて、若干円高気味だったドル円も反発で、
ユーロドルも1・35ドルを割り込む動きとなりました。
でも雇用統計を前に、大きな動きとはならずで、その後はレンジです。

そして水曜日の昼休みに、突然ユーロ円が急騰しましたが、
これはトヨタの好決算が発表された事が原因です。
ちょっと売り込まれていたユーロでしたが、このNEWSで反転。
ユーロ円売りの解消を進めたって訳でして、
午後の日経スタートから、ジワっとドル円も円安に動き、
ユーロドルも現在は、1・35ドル台を回復していますね。

では今後の動きですが、木曜日はGDP、そして肝心なのが雇用統計
なのですが、前回の予想は簡単だったものの、今回の予測には、
一抹の不安の有る展開です。市場は楽観的ですけど。^^

その理由となるのが、前回のADPが-1・5万人だった点。
また同時に失業保険関連の人数も、余り変化が見られない所です。
ISMの2つの指数は、雇用に密接な関係性が有りますし、
これがどっちもプラスですから、普通なら雇用統計の数字も、
良くなると考えるのが普通なのですけど。。

まぁ木曜日にはGDPと同時に、この数字も発表されますので、
改善された数字が出ないなら、雇用統計の結果は、
懐疑的に見て取り組まないと危険ですね。

では雇用統計が好結果だったとして、どこまで上昇するか?です。
98・90円から99・00円までには、かなり厚めの実需筋からの、
ドル円売りのオーダーが観測されているので、ここを突破出来るかが、
今後の鍵となりそうですね。もしもGDPか(これは無理かな?)
雇用統計で99円台に乗せると、勢いで次の壁となる、
99・80円がターゲットになるのかなと。

また可能性は薄いのですが、下に(円高)動いた場合は、
98・00円を確実に割れる動きになるかですね。
まぁこちらはECBが、利下げすると見られていますので、
逆に下がった(円高の場面)では、買場だと考えてます。^^

楽天日本1!オメデトウです。→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。