スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【106】

  • 2014/02/02(日) 15:47:59

★相場雑感【106】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

いや~、今年も2月となりましたが、いきなり大荒れの展開ですね。^^;
米国の緩和縮小のシナリオは、ずいぶん前から分っていたのですが、
その副作用がここに来て、急に表面化したと言う感じです。

きっかけは中国PMIの50割れや、FOMCでの連続縮小なのですが、
一気に新興国家の通貨が暴落し、債券や株式も急落しています。

新興国の一部では、ロシアの様に無制限介入を声明したり、
トルコの様に、大幅な政策金利を上げたりと、一応の対処は見られる
ものの、国力に見合った価格まで落ちないと、この騒ぎは収まりそうにも
ないですね。

では今後ですが、先日1日に発表された、中国製造業PMIが、
50・5となった事で、(政府発表。前回はHSBC)これをどう取るかです。
前回は50割れでしたが、なんとか政府発表では50をクリア。
正月の生産減を含めると、それほど悪いとも言えない数字です。

これはもう、月曜日の反応を見るしか有りませんが、週末に日経は、
先物で310円も下げているので、これを埋める動きとなるか。
はたまた先週から続く、新興国の急落懸念を払拭できずで、
日経・NYダウが売られる展開が続き、円高路線の継続となるかですね。

どちらかと言うと、まだまだFRBの緩和縮小は始まったばかりでして、
今年一杯は継続するでしょうから、新興国からの資金回避は続きます。
なのでこれに市場が慣れるまでは、混乱も続くかなと。^^;

一応はシカゴ購買部指数や、ミシガン信頼感指数は、どちらも強い
数字だったので、新興国のゴタゴタが収まれば、またドルの独歩高で、
円安路線となるのですが、懸念材料の方が大きいだけに、
慎重に見極めたいところですね。

それとテクニカルでは日足レベルで見ると、雲の下に出たところです。
直ぐに切り返せないと、長期の円高路線となったり、レンジの横這いに
なりそうな形なのですが。。

オリンピックもチト物騒ですね^^;→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。