スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【108】

  • 2014/02/15(土) 22:41:07

★相場雑感【108】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

羽生くん、やりましたね!!!ちょっとミスの多いフリーでしたが、
プレッシャーは他の選手も同じ。素晴らしい結果を出してくれました!

それと週末は東日本が大雪ですね。。色々と事故も起こっている様
ですので、今後も気をつけて下さい。

では相場ですが、注目だった中国関連の指数が好調で、
無事クリアとなりました。そして米国のイベントクリアの影響で、
今週の主役は段々と豪ドルに。

中国関連の指数が好調で、ここまで上げていた豪ドルですが、
木曜日の雇用統計が急激に悪化。これで相場全体がリスク回避となり、
ドル円は101円台まで円高に。その後も方向性は変わらずで、
軟調なまま、ドル円は101・80円で引けました。

この豪国の雇用ですが、16年にフォード。17年はGMとトヨタが、
現地での生産から撤退を決めています。理由は豪ドル高と、
現地の賃金高騰ですから(元々イギリス系は高賃金)、
今後は他の業種でも、撤退が多くなりそうですね。。

では来週なのですが、やはり注目は米国以外となりそうです。
まず火曜日は、独ZEW景気期待指数です。この数字は最近、
少しずつ上昇傾向ですので、(2013年8月から、6ヶ月連続上昇)
1月の61・7を上回れば、ユーロの上昇が見込めますね。

そして最重要なのが木曜日。前回は株の暴落の原因となった、
中国HSBCのPMIです。 これは中国政府の発表ではなくて、
HSBC(香港ドルを発行している、英国系のメガバンク)の発表ですので、
市場のインパクトは大。特に豪ドルの動きが注目されている時なので、
もしも前回同様に、50より下の数字となると、また混乱が予想されます。

木曜日には米国でも、CPIや失業保険関連の発表が有りますが、
とにかく今週は、HSBCの数字一つで、今後の流れが決まりそうです。

最後に余談ですが、週末の手仕舞いが、多少キツく感じます。
NYダウが1%近く戻したのですが、日経先物の戻りは弱く、
ドル円は102円を回復出来ませんでした。

これは市場参加者の多くが、「まだ先行きは悪い」と警戒しての
円買いですから、来週は下への警戒が必要なところですね。^^;

後は浅田と複合団体に期待!^^→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。