スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【114】

  • 2014/03/15(土) 14:17:41

★相場雑感【114】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
今回は重大な局面ですので、いきなり本題です。^^;

まず今週の動きですが、中国CPIの弱さに反応して始まりました。
そして木曜日の中国小売売上も予想通りに悪化で、更にドル売りとなり、
ドル円は緩やかな円高に。

その後の米国小売売上は強く、失業保険関連も回復基調だった事で、
少し反発していたのですが。。。

その後ケリー国務長官の、「選挙を実施すれば、制裁処置を実行する。」
この発言で一気にリスク警戒ムードとなり、ドル円も102円も割込み、
101円台中盤に。金曜日もリスク回避は止まらずで、101円台前半で
揉みあって引けました。

さてさて、かなり混乱気味のウクライナ情勢ですね。。
第三次世界大戦の火種になると言う、物騒な話も出てきてますが、
まずは実際のところ、どの程度の制裁となるかです。

EU連合の話では3段階になっており、最初がビザ自由化協議の凍結。
次に紛争解決に向けた話し合いに、ロシアが応じなければ、
政府幹部の資産凍結と渡航禁止。更に事態が悪化した時は、
貿易規制の強化となっています。

ですので、直ぐの話でも無いのですが、怖いのがロシアの報復です。
ロシアは外貨保有高が世界3位ですので、米国債を売る可能性も。
そうなると米国金利の上昇はもちろん、新興国通貨も直撃。
経済が大混乱に陥る可能性も有るのですね。^^;

ですので週末に何か有れば、月曜日はブラックマンデーになる可能性と、
恐ろしい見出しの記事も見かけたので、月曜日のウクライナ情勢には、
特に注意が必要です。(日本時間では深夜ですが)

ここまでは不安を煽る記事ばかりですが、ロシアもEUも経済の混乱は
避けたいところなので、どこかでロシアが引いた場合。
元々米国小売売上は順調に伸びていて、雇用関連も順調ですので、
一気に103円台後半に、ドル円も円安となりそうですが。

まぁ来週もウクライナ情勢次第ですので、関連のNEWSはコマメに、
チェックしたいと思います。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。