スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【123】

  • 2014/05/11(日) 13:50:46

★相場雑感【123】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!
GWも終わり、何かと忙しい季節ですね。^^;

では相場ですが、これまた極端な相場になりました。
まず注目だったのは、ECBのドラギ総裁の会見でしたが、
その内容は超ハト派。ユーロ圏の経済回復は米国よりも遅れており、
次回の会合では、何らかの金融緩和策を出すとの事で、
それからはユーロが軟弱に推移。

これで円安になるかと思ったら、相対的にドルが若干買われて終了です。
また米国雇用保険の受給者・新規申請は急激に回復の数字に!
これは前回の雇用統計の数字と合致し、米国の雇用情勢が、
急回復している証拠となったのですが。。。

それでもドル買いは一時的で終わり、ドル円は103円どころか、
102円にも戻れない展開となっています。

ま~確かにウクライナ情勢やら、ASEAN対中国とか、
地政学的リスクは高いのですが、真実はかなり違う様でして。

FRBの巨大な金融緩和で、その資金がNY株式に流れ込んだ訳ですが、
ここ最近は最高値を更新していません。つまりもう限界なのかなと。
そこに米国経済の好調を示す数字ですから、更にFRBが引き締め策を
推進すると、NY株は利益確定に急ぐ構図となります。

ですからドル円は重いのですね。米国の海外投資も同じで、
今年のブラジル杯がヤバイのも、これと同じ理由でしょうか。^^;

なので現在の状況では、とても103円は無理な展開かなと。
どころか102円も重たくなっているので、ここで戻りきれないとなると、
次は101円割れにトライも有るかなと。

でも外的要因だけの相場ですので、この場面は余り決め打ちせず、
次の展開を待つのが正解かなと思いますが。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。