スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【142】

  • 2014/09/09(火) 04:02:20

★相場雑感【142】


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
いやいや、錦織選手やりましたね!優勝賞金は3億越えのビッグゲーム。
W杯でサッカーが優勝とか、ゴルフではマスターズ優勝に匹敵する、
これは大偉業だと思います。これで勝てばランキングも5位とかですが、
今後も1位目指して頑張って欲しいですね!^^v

では相場なのですが、先週の金曜日の米国雇用統計。
アララ?の逆サプライズだったのですが、素直に反応したのは一時的。
その後直ぐにドル独歩高に戻ったのは、長期失業者数が
改善されたからですね。

でも。。。このドル独歩高の原因は、ポンド危機が追い風な様でして、
先週からポンド売り・ドル買いが止まりません。

この原因は先週に書いた、スコットランド独立問題に起因しますが、
先週始めの出口調査では、反独立派が20%も上回っていたのに、
週末は52:48の結果で、独立派が優勢だからです。

これでEU脱退の話も出て、やっぱりユーロも道連れの展開に。
ユーロドルは1・28台にタッチして反発。ドル円は一気に106円台を
伺う展開となっています。かなり異常な展開ですね。^^;

前回書きましたが、スコットランドは北海油田の94%の権利を
持っているので、イギリスとしては独立は大打撃!
瞬時にGDPで-4%以上は沈みますし、当然トリプルAの債券も高騰。
こうなれば世界経済にも、大きな波乱となりますね。。

それと迷惑なのが、これに連動する円安です。
まぁその分FXで稼げば良いのですが、消費税増税とエネルギー・食品の
Wパンチで日本国民は、今年は一人当たり年間6万円の負担ですから、
リーマンには洒落にもなりませんね。^^ (子供も含みます)

なので現在は円を売るか、ユーロかポンドを売るか。(全てドルに対して)
その選択肢しか無いかなと思います。

★スコットランド
イングランドの北部で、人口はイギリス全体の30%程度。
名産はスカッチ・ウイスキーとか、バター製品や海産物。
「貴方にもチェルシー、あげたい」のCMもここです。イギリスの要人も
多く輩出していますが、元々はバイキングの末裔です。
もちろんサッカーのアブラモビッチが買った球団「チェルシー」も、
ここにあります。

戦争でイングランドが勝利したのですが、その荒々しい気質は変わらず。
戦後も実直で忠誠心が厚い事から、現在もイギリス警察の事を、
「スコットランド・ヤード」と呼びます。(俺は観光大使か?#)
近衛兵のタータンチェックのスカートも、スコットランドに起因しています。
他にも音楽では、「移民の歌」が有名ですね。
詩の意味はモロに、「俺たちはバイキングだ!」ですから。^^
お好きな人は聴いて下さい。

ポチっとしばいて下さい!^^→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。