スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★最強スパンモデルについて【6】

  • 2014/10/09(木) 19:12:09



最強スパンモデルFXプレミアムPDF版(DVD特典付)


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした!
やれやれ。。最近は毎度書いている感じですが、3連休を狙って、
またまた台風が接近しています。まだ進路は分りませんが、
週末から気をつけて下さいませ。

では相場なのですが、これが怪しい展開となりました。
日本政府からの、円安けん制発言などで、調整局面になってはいますが、
注目のFOMC議事録でも、タカ派発言どころか、こちらもドル高けん制で、
ユーロドルが買い戻される展開に。

ドル円も1度跳ねた107・80円を今日割り込み、完全に調整局面に
入っている感じです。

実はこの動きには、前兆となる動きが有りました。
月曜日はドイツ製造業新規受注。火曜日はドイツ鉱工業生産の
発表だったのですが、結果はどちらも散々な数字。
なのにユーロは一切売られる事がなく、そのまま通過していたのです。

まぁ日足レベルでは、下落一辺倒でしたので、乖離し過ぎも指摘されて
いましたから、ぼちぼち大きな調整も、入るタイミングでしたけど。^^;

今後しばらくは、この調整局面が続きそうですね。
でも世界経済全体が失速気味とはいえ、米国だけが強い数字なのは明白。
適度なところまで調整すれば、基本的にはドル高の流れは、
変わっていない感じですが。

それでも調整局面ですので、短期的な取引では、無理にドルを買わず、
どこまで戻すかを、じっくり確認するのが肝要ですね。^^

では久々にレビューですが、やっぱり良い商材は息が長いですね。
「スキャル・マスター」もそうですが、今週の人気ベスト10には、
またどちらも入って来ました。

どちらも私のお気に入りですが、スキャルは長くやっていると疲れます。
ですので最近は、専らこちらのお世話になっているところですね。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。