スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★黒田バズーカ3

  • 2016/01/31(日) 17:59:13

★黒田バズーカ3


やれやれ。FOMCは何も無しで、今週も終りかと思ったら、
日銀がいきなりのマイナス金利導入ですか。^^;

発表後は超乱高下で、日経は急騰の後に急落。再び急騰の流れで、
為替もこれについて行き、118円ミドルから121円近辺に
吹き上がり、130pipsほど下げて再び上昇。
結局は日経先物も上げ続け、ドル円も高値圏で引けました。

週明けの月曜日も、日経が350円近く上げてスタートですから、
どこまで円安が進むかに注目ですね。

しかしまぁ。。。このマイナス金利はどうなのでしょう。
これで銀行は外部に貸し出すとの目論見ですが、発表される指数は
まだデフレ状態で、個人消費は伸びないのが現状。

株価だけが上がり、円安となってはいるけど、政府が言う
景気回復とは程遠いのですけどね。そこにマイナス金利なら、
国債が人気になるだけで、景気テコ入れにはならないと思いますが。

まぁ株価上昇と円安にはなりましたが、まだ市場は怪しい材料が
満載ですね。まずは原油なのですが、ロシアがOPECに
原油の減産を求めると言うもの。

これで33$台にはなってますが、そもそもOPECは戦争寸前。
そう簡単にまとまる話とも思えません。

また一方の原因は、中国の経済失速なのですが、
統計局長の更迭などで、ドタバタ劇が続いてます。今後も下値模索が
続くとなると、また株価は下落し円高ですからね。

ま、結局は増税と円安だったら、国民の財布は固いまま。
何度も金融緩和をやるよりも、一旦消費税を5%に戻す方が、
財政再建の早道だと思いますが。^^

そう言う事で、このまま円安路線と考えるのも危険です。
取り合えずは原油相場と、上海市場を注視しながらですね。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。