スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★FXバックドラフトについて【9】

  • 2011/08/16(火) 22:31:57



値動きの新法則◆FXバックドラフト理論【FX-BACKDRAFT/FXバックドラフト】スキャルピング&デイトレード・売買シグナル+【セミオートマティック・パッケージ】

評価 【未定】



サラリーマンの皆様、今日もお疲れ様です!

やっとお盆モードも最終日。明日から平日に戻る方も、多いのでしょうね。

では相場なのですが、やっぱりまだお休み状態でして、小さなNEWSに

過剰反応気味です。^^ でもちょっと株安なので、ユーロや豪ドルには、

若干の売りが出ていますね。でも、市場の注目は17日(水)でして、

先日からユーロを押し上げた要因の、スイスフラン安定化策ですが、

具体策が明らかになりそうだからです。市場の観測からは、

ユーロに対する下限を設定するとか、ユーロペッグ制(連動制)を

導入するのでは?とかで、慌ててユーロが買い戻されたからですが。。

また預金税の導入も検討されていて、どれか1つでも決まった場合は、

ユーロ急騰の要因となりますので、17日はスイスに注目ですね!


まだ欧米もサマバケの最中ですが、参加者が少ない相場なので、

値動きはそれなりに、荒っぽい動きになっています。そこでこの

「FXバックドラフト」なのですが、感度を設定する事が出来るのですね。

通常は「5」のままで使いますが、ボラが低いと思ったら小さく。

またボラが大きいと判断したら、数字を大きくするだけです。

これだけで矢印サインを沢山出したり、逆に少なくする事が可能なのです。

精度としたら、大きくする方が良いのですが、同じ5分足でも感度の違う

セットにしておけば、深追いするかどうかの参考にもなるのですね。

と言ってもやり過ぎは、滅多にサインが出なくなるので、大きくても

「8」程度がオススメなのですが。^^

1秒間で16連打して下さい!^^→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。