スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★FXバックドラフトについて【13】

  • 2011/10/22(土) 18:56:03



【11月9日まで・バージョンアップ特別キャンペーン中】◆FXバックドラフト理論【FX-BACKDRAFT/FXバックドラフト】スキャルピング&デイトレード・シグナル +【セミ・オートマティック・パッケージ(特典)】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

さっそく今週の相場からですが、週末のEU首脳会談に向けて乱高下。

週の初めは「何も決まらない」でユーロは下がり、ESFS枠の拡大思惑で

大きく反発。その逆の噂で下げて、最後は23日から26日も追加された事で

「本気で解決させる気だ」と好感。1・3895ドルの高値引けで終わりました。

では来週のユーロドルですが、ユーロの売り持ちが高水準なので、

下げにくくなっているものの、大手金融機関は殆どが「売り推奨」ですね。

一番の理由としては、「26日に会合を追加しても、巨額の資本追加は、

数日で決定できるほど簡単ではない」からです。(三菱UFJアナリスト)

ですので26日の会談次第で、方向性が決まると思いますので、

水曜日の夜は注意して下さい。^^; 


それと完全に蚊帳の外だったドル円ですが、先日突然最高値に。

何やら英国筋のオプション取引が、引き起こしたと書かれてましたが、

これと言う理由も無く、どじょう総理のお手並み拝見でしょうか?(笑)

これに対して介入もレートチェックも無かったのは、26日のEUサミットが

原因とさていて、「今動いてもイベントリスクが高い」(野村證券アナリスト)

からですね。ですので日銀が動くとすれば、27日の政策金利発表で、

同時に何らかの金融緩和政策を、ここで出すのではと推測されています。

ですので26日はユーロ。27日は円の動きに注目ですね。


ではバックドラフトですが、11月10日で新バージョンになります。

今のサインに利益確定が、3段階で表記されるもので、ボリンジャーと

ATRの数値を使って、はじき出された目標値を、チャート上に表記させて

います。これに伴って、また値上げになりますので、もう欲しい方は

殆どが持っているとは思いますが、ご興味の方はお早めにです。

最後に自分のチャートですが# 意外にも多くの方から「見てみたい!」と

ご要望が来てまして、どうしようかと思案しています。。。^^;

売り物になる程の、大袈裟な物では有りませんし、多忙なのでサポート等も

不可能ですので、今のところ口座開設でもお願いして、それで無償配布の

形にしようかと思っています。これについては、また後日に。。

ポチっと応援クリックをお願いします!→



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。