FC2ブログ

★Diago式デイトレについて【21】

  • 2008/03/02(日) 23:52:42



こんなにストレスフリーな投資法があったのか!相場確認は1日1回、単純明快・短時間取引、サラリーマントレーダーに向ける最高の取引手法、「Diago式FXデイトレブレイクアウト手法(ブレイクイン手法付)」

評価 【華】


他通貨取引に関しまして、沢山のご質問ありがとうございます!

まずユーロ円への対応ですが、現在ドルとユーロが、

逆相関に近い関係に有り、ユーロ・ドルが高値追いの状態です。

ドル円は下げるが、ユーロ円は上がるといった時間も、

数多く見られる為に、非常に難しい展開となっております。


逆にポンドは相関関係が「正」なので、ドルに追随しています。

ですからポンド円の方が、勝率も安定して狙い易いのです。


次に成績表です。

【ポンド円成績】 (外為オンライン実践結果)

2月 1日(金) × ○ +220(最大値です。100以上110未満です)
2月 4日(月) ○   +120
2月 5日(火) ○ ○ +100 +80
2月 6日(水) ○   +100
2月 7日(木) × ○ +230
2月 8日(金) ×
2月11日(月) ○   +150
2月12日(火) × ×
2月13日(水) ○   +180
2月14日(木) ○   +110
2月15日(金) × ○ +160
2月18日(月) ×
2月19日(火) ○   +120
2月20日(水) ×   +70
2月21日(木) ○   +120
2月22日(金) ×
2月25日(月) × ○ +80
2月26日(火) △  
2月27日(水) ○   +140
2月28日(木) × ×
2月29日(金) ○   +190


これにはレビュー【18】で述べた、タイミングの変更は26日からです。

上記は26日以前の成績を、そのまま記載しております。

これによって×は表記より3つ減りますが、1日だけ乗り遅れとなっています。

詳しくはレビュー【18】をご覧下さいませ。

また今のところ80-30を採用していますが、最適値を多少上げた方が、

更に利益が上がる様ですので、これからのデータを参考に、

研究を続けて行きたいと思います。


★Diago式に関するご意見・ご質問も、お受け致しております。

お気軽にお問い合わせ下さいませ!


現在当ブログより、特典をお付けしております。

①雇用統計時での戦略。
②他通貨への応用と、重要指標発表時の戦略。
③米国重要指標時の戦略。

以上3つで構成されています。是非ご活用下さいませ!

クリックで応援よろしくお願いします→FX情報ブログランキングへ

スポンサーサイト