スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★PF-MAXについて【1】

  • 2012/01/28(土) 19:23:53



6年間負け無し!FXスキャルピングの最終型「PF-MAX」

評価 【未定】


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様です!

言っても暖かくもならないのですが、毎日寒いですね!^^;

インフルも猛威を振るっているので、予防だけは忘れずにです。

では今週の相場ですが、焦点となったのがFOMCですね。ここでQE3に

言及されるかどうかでしたが、否定しない内容だった為に、ジワジワと

ユーロが買い戻される展開に。また金曜日の米国GDPも、予測よりも若干

悪い数字となりNYダウが下落した事も、ドル売りの原因となった様ですね。

それと懸念材料だったギリシャの債権者交渉も、近日中との見通しになり

更にイタリア等の債権発行も、ECBがしっかりと買い支えていて、

無風状態だった事も、ユーロドルの売りポジ解消材料だった様です。


ではこれからですが、昨年10月27日の1・4245ドルから下落して、

今月16日の1・2625が直近最安値です。1620pipsもの下落幅でしたが、

今週終り値が1・3217なので、37%程度戻った事になります。

フィボナッチ数と近い数値まで戻しましたが、さて今後どうなるか。

しばらく続いていた、経済指標の悪化も底打ちして、リセッション懸念も

和らいできたので、次に悪材料が出ないかぎり、これからもユーロの

買戻しが続きそうな相場ですね。また米国指標も重要視されだしたので、

NYダウの動きにも、今後は要注意となりそうです。


では今回はスキャル手法のレビューです。これは良くあるインジによる

スキャルピングの商材ですが、スキャルピングの一番難しいところは、

瞬時に判断して入れるかです。これはデイトレンドやスキャルマスターも

同じでして、いくつかのフィルターを頭の中に入れていますので、

有る程度は「慣れ」が必要でした。ですので長時間取り組むには、

集中力も求められるのですが、このPF-MAXでは、入るところは「↑↓」の

矢印表示になっているので、かなり楽に取り組めると思います。

またドテンだけでなくて、半裁量での決済ルールもありますし、

それでいてこのPFを出せるのですから、後は淡々と取り組むだけです。

勝率がもっと高ければ更に良し!ですが、この勝率でPF2・54なので、

最大DDは逆にキツクなりません。その辺も損小利大と言える手法ですね。

マー君お前もか!と感じた方はクリックお願いします^^→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。