スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相場雑感【41】

  • 2012/07/08(日) 21:17:49

★相場雑感【41】



サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

梅雨もいよいよ後半ですが、今年も降り方がハンパない様子。。

皆さんも水害には、充分注意して下さいませ。

では金曜日の動きですが、ADP雇用統計が良かっただけに、

+8万人程度を期待していました。が、結果は真逆の-2万人(+10万人予測)

で、ネガティブサプライズに。リスク回避の動きが強まって、結果とは逆に

ユーロ売り・ドル買いになりました。大引けは1・2281ドルですが、

これは2010年5月下旬からの下落で、1・1876ドルまで突っ込んだ時

以来の動きとなりました。これについてドイツ銀行と、みずほコーポレートの

アナリストが、同じ様なコメントをしています。つまりユーロ圏では

経済活性化に向けては、海外需要に依存するしかない事から、

世界的な経済鈍化=ユーロ売りの図式になるとしています。

また今回の雇用統計の結果は、中途半端な数字で、増加が5万人程度に

落ち込まないと、QE3への期待も出ないからとしています。


では今週なのですが、EU財務相会談では、スペイン支援の決定はまだ先で、

これは期待出来ません。唯一ユーロが反転するとすれば、FOMC議事録の

発表でしょうか。WSJの報道では、住宅ローン担保証券の購入を

検討しているとの事で、これが長期金利の引き下げに有効としています。

これに反応すれば、反転(弱いかな~)の切欠になるかもですね。^^;

最後に13日の金曜日は、JPモルガンの決算が有りますが、巨額損失や

金利不正操作で揺れているので、これは株式相場の爆弾材料です。

金融セクターから崩れたら、更にユーロは下を試しそうですね。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。