スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ポリバレントFX・スキャルパニックについて【1】

  • 2012/08/27(月) 18:19:25



SCALPANIC-FXスキャルピング

ポリバレントFX


サラリーマンの皆様、本日もお疲れ様でした。^^

では早速、今週の予測を書いてみたいと思います。まずは先週の発言の、
精査をしてみましたが、まずは「ギリシャ離脱」発言からですね。

これを嫌っての、ユーロ下落となった訳ですが、肝心のドイツ政府は、
この報道を否定しています。でもメルケルさんはCDU党首であり、
本来が保守派(やや右派)ですが、国内世論としては、
「南欧諸国のキリギリスの為に、ドイツ国民が苦しむのはおかしい」が、
ドイツでは一般論ですので、やがては実行しそうなのが本音ですね。

またユーロの信用不安からの、スペイン・イタリア債券の購入・上限設定
ですが、検討はされているものの、次回の理事会は9月6日なので、
それまでに決定されるって事も有り得ません。

なので今週決まりそうな流れは、31日のバーナンキ講演に有ります。
前回の「メドレーレポート」では、何らかの規制緩和発言が出ると
予測されていましたが、これは7月迄の米国指標が低調であり、
その対応策として、「出るのでは」との推論かと。
なのでタイムテーブル的に考えれば、今週は「QE3が出るかな?」と、
ユーロ買いドル売り。円も円高に傾き易くなると考えています。

留意点としては、大統領選挙が近くなると、右派を取り込む為なのか、
米国がどこかで参戦する事が多くなったり、海外諸国に対して、
高圧的な発言が増える事です。(ドル高要因)でもオバマさんならば
やらないと思っていますが。^^ (民主党は中道・リベラルですから^^)

それで結論ですが、QE3をやったら、それが最後の「伝家の宝刀」なので、
実際の講演会では、「100%やる!」とは言わないと考えています。
なので今週は週末に向けてユーロ高。そして円高かなと。
特に金曜日は発言の後が注目でして、今週の引け際には、大きな動きが
出ると考えてます。(出ればユーロ急騰。無ければ急落かと。円も同じで。)

では本来はスキャルピングのシステムですが、バイナリーにも転用
できそうな、シンプルなものが、2つ有りましたのでレビュー致します。

まずどこのシステムでも同じでして、GMOくりっく証券の、「10分後を予測」
する場合となると、イコールでスキャルピングで、有効なサインで無ければ
なりません。勿論単体として、スキャルで優秀な成績で有れば、
そのサインが発生中ならば、短時間ですので、バイナリーの成績も
通常よりもずっと高くなるのが道理ですね。そこで今回の2つの商材。
偶然なのか、考え方がそっくりで、1分足での細かいブレにサインを出し、
スクリーニングは長い足を使っての、「トレンド方向のみ!」のルールです。
もちろんスキャルですから、利益はどちらも少ないのですが、
バイナリーへの転用が、どちらも可能ではと思いました。^^

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。