スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★マナブ式FXについて【3】

  • 2012/11/18(日) 16:17:38



マナブ式FX完全マスタープログラム


サラリーマンの皆様、今週もお疲れ様でした!

ん~。。かなり難解な相場となっていまして、ファンダメンタル分析では、
非常に難しい局面ですよね。まずは相場の中心に有る「ドル」ですが、
「財政の崖」を乗り切れるのかが、最大の焦点です。
オバマ大統領は、議会指導者との話し合いで、楽観的なコメントを
出しているので、これは信用しても良いのかなと。

「財政の崖」は バーナンキ議長が最初に使った言葉ですが、
年末迄に交渉が不成立の場合は、6000億ドルを越える歳出削減と、
ブッシュ減税(中間所得者への特別減税)が打ち切りとなるので、
強烈な景気後退が、起きる懸念を指します。実行されてしまうと、
日本の国家予算以上の歳出カットになるので、米国はリッセッションに
陥るとされています。これを回避するには、
歳入の強化(高額所得者への増税・これは決まりました)。
それと医療保険改革での歳出と、ブッシュ減税の打ち切りのどちらかを、
中止しなければなりませんが。。

こんな情勢ですが、ハマスがイスラエルを攻撃したNEWSが伝わり、
いつもならリスク回避で、ドル買い・円買いとなるのですが、
円はご存知の通りで、政権がゴタゴタ中です。^^
なので一方的な、ドル全面高となり、今週はドル円が強かったのですね。

では来週ですけど、これは出たとこ勝負です。
以前から日米金利差は殆ど無いので、世界の投資家としては、
「どちらがより安全か?」と選んでいるだけですから。
なのでまた、中東情勢悪化なら、円安が進むと思います。
また橋下さんと、石原さんの新党合意が発表されましたが、それも
次の選挙で、第一党になる訳でも有りませんので、節目となっている、
81・50円を越えて来たら、前にレビューした、「年内84円」ってのも、
視野に入るのかなと。でも・・・ユーロは相変わらず悲観的でして、
投資家はギリシャの議会遅延を、嫌っているのが現状です。
それでも週末には、僅かに買われてはいますが、これは年末要因で、
米国の景気回復⇒リスクオンって流れでしょうけどね。
なので実際は慎重に、見際る時期なのかと思います。

ではレビューですが、THV3やTHV4を、実際にご覧頂けたでしょうか?
もう長年これを見ていますが、主力となっているインジは、「TRIX」と言う
インジでして、このシステムで矢印が出ている所は、余り皆さんも
理解されていないのですね。実はこれが「ダイバジェンス」でして、
下落時だったら、「直前の安値を数値的には越えているが、
価格で見れば、越えていないポイント」で表記されます。
実はMACDの作者の意図も同じで、このダイバジェンスを観測する為に
MACDは作られているのですね。ではダイバが発生すると、
どう動くかですが、「相場の転換点が近い」となります。
なのでTHV3の矢印は、そんな感じで見て頂けたらですね。

ポチっと応援クリックをお願いします!→

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。